子供からサンタさんへのプレゼント!サンタさんは受け取ってくれるかな?

子供達の大好きなクリスマス。サンタさんは今年もプレゼントを持って来てくれるのか?毎年子供達は楽しみにして待っています。幼稚園の頃、子供が思いついたのは「プレゼントをくれるサンタさんにお返しのプレゼントをあげたい!」ある年は、幼稚園で流行っていた指編みのマフラー。そしてある年はケーキと紅茶!サンタさんはどうしたでしょう?

子供たちの一大イベント!クリスマス・イブ

イタズラ大好き、やんちゃ盛りの子供たちも12月のある時期が近づくと急にお手伝いをしたり、イタズラが減ったりいい子になること、ありませんか?^^

「いい子にしていないとサンタさんがきてくれないよ!」これほど子供たちの心を操れる魔法の言葉はありません(笑)

クリスマスにサンタさんに来てもらうのが楽しみで仕方がない子供たち。でもクリスマスにただ貰っているだけでは申し訳ない?そう思ってか、子供がクリスマスにいつもプレゼントをくれるサンタさんのために「あること」をしてくれました^^

クリスマス・イブの前にはまずお手紙

クリスマス・イブの前にはまず子供たちはサンタさんに手紙を書き始めます。「◯◯ライダーの武器が欲しいです!」「大きなクマのぬいぐるみが欲しいです。」これで希望がわかるのでサンタさんには重要な情報です。

もちろん、良い子にしていないとこの素敵なプレゼントはもらえないので、クリスマス前にはお片づけもお手伝いもさせるのがちょっと楽です。

「お片づけしないとサンタさんはきっと来ないね?」と言えばすぐです。

サンタさんへプレゼントしたい!

子供が幼稚園の頃、「サンタさんはプレゼントをくれるから、僕もサンタさんへプレゼントをする!」と言い始め、幼稚園で流行っていた指編みのマフラーを作り始めました。

子供の手でやるので、マフラーと言えるのかどうか?という細い物なのですが、色とりどりに毛糸を変えて一生懸命編んでいました。

それをクリスマス・イブに枕元に置いて、「サンタさんは来るかなぁ。」と言いながら就寝。

サンタママはしまう場所に苦労する

もちろん、プレゼントを枕元に置きに来たサンタのママはこのプレゼントをもらって帰るのですが、これをしまっておく場所に苦労します。

うっかり見つかったら「どうしてママがサンタにあげたマフラーを持ってるの?」なんて困ったことに。結局自分のタンスの奥深くに埋めました。

せっかくのマフラーですがもちろん使ったことはありません。

ケーキと紅茶でおもてなし?

マフラーの次の年は「サンタさんにもクリスマスケーキあげる!」と思いつき。子供部屋にケーキと紅茶を載せたトレーを置いて寝ました。

起こさないようにプレゼントを置くだけならまだ簡単なのですが、暗い中でケーキと紅茶はどうしよう?結局リビングに持って帰って食べてから、またトレーと空のお皿を子ども部屋に戻しておきました。

朝になって空のお皿を確認して「サンタさん食べてくれたねえ!」と喜んでいるのが可愛かったです。

サンタの正体はいつ言えばいいのか?

小学校高学年になってくると、長男はサンタの正体に気がついていたようですが、低学年の弟や妹には余計なことを言わないように、それとなく、

「サンタはいるよね、いないとプレゼントがもらえないからね?わかるよね?」と「弟妹には言うな」メッセージを込めて念を押して言ってみたら察してくれたようでした。

その後は中学生になったらサンタさんはもう来なくて、親からもらえるシステムになっている、というわが家ルールでクリスマスを過ごしています。

楽しいクリスマスのために

クリスマス

欲しいものをもらう為にはお手紙を書かなくちゃいけないし、プレゼントのために良い子にもしておかなければいけない。

サンタになる大人も入手しにくいライダー系のおもちゃを苦労して手に入れる、などなどクリスマスのために子供も大人もなかなか苦労があるのですが、楽しいクリスマスの思い出のためにがんばりましょう!

「子供」「サンタ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!