ペットのいる家庭必見!◯◯代を浮かせられるとっておきの節約術♡

育ち盛りの子供がいると、何かとお金がかかりますよね。でも、お子さんに「ママ!犬買って~。絶対面倒見るから~!」とおねだりされた経験ありませんか?ただでさえ子供にお金がかかるのに犬なんて、お金がかかるから飼えないわよ。それに、結局面倒は私が見る羽目になるだろうし。大丈夫です!とっておきの節約術をお教えします。

お金のかかるペットのお世話はこうして節約しよう♡

お子さんにおねだりされ、ワンちゃんを飼おうか悩んでらっしゃる方、多くいるのではないでしょうか?

犬を飼うことでの子供にとってのメリット、そして、どのくらいお世話って大変なの?どのくらいお金ってかかるの?という疑問をお答えします。

ワンちゃんのトリミングは専門学校を利用して節約♡

だいたい1ヶ月に1度は、ワンちゃんもカットをし、お風呂に入り綺麗にしてもらいます。このトリミング代が結構かかるのです。もちろん、犬種、大きさによって、値段もバラバラですが、下記の料金くらいするのではないでしょうか?

  • 小型犬の場合4,500円~
  • 大型犬の場合9,000円~

そこに、こだわりカットもいいれたり、毛玉が多かったりすると費用は値上がります。「やっぱり、犬は無理ね~・・・。」と諦めるのはまだ早い!とっておきの裏技があるのです。

専門学校を利用すればお値段が半額に?!

ペットトリマー&エステシャンの専門学校があるのです。そこでは学生さんが練習のために、あなたの愛犬を愛情持ってトリミングを低価格でしてくれるのです。

学生だからと言って、技術が低いと思ってはいけません。飼い主さんの注文通りにデザインカットをしてくれたり、泥パックなど犬の美容まで知識があったりするのですよ。

気になる料金は、なんと!平均して、2,000円~5,000円です。半額にもなるのです。学校によっては、送迎サービスも実施しているところもあるのです。

みなさんも、ぜひお近くに専門学校のトリミングがあるか調べてみてはいかがですか?毎月のトリミングが節約できますよ。

ドッグフードは通販でまとめ買いで節約!

食事代も気になるポイント。ドッグフードにするのか、手作りにするのかによって、毎月の食費も変わってきますが市販のドッグフードを買った場合の平均額は

  • 小型犬の場合3,000円~
  • 大型犬の場合8,000円~

が目安になります。

そこで、お勧めするのが通販で購入するということです。通販では通常より安くドッグフードが買えるだけでなくまとめ買いをすることで、送料無料になることが多いので重い物を持つ必要もないのです。

もしくは、定期コースでの割引というシステムもあります。10%~15%の割引率が平均のようです。

ワン友を作ればホテル代を浮かせられるかも!?

ワンちゃんが居ると、旅行へ行くときペットホテル代がかかるのよね・・・。自分たちの旅行代にペットホテル代も加わると家計には影響大ですよね。

そんな時は、ワン友を頼りましょう!ワン友とは、ワンちゃんを通じて仲良くなったお友達のことです。ワンちゃんは、大抵、朝と夕方に公園にお散歩へ行きます。行ってみると、ワンちゃんが沢山!

ワンちゃん同士でも気が合う、合わないがあるので公園で様子を見ながらワン友を作りお互いワンちゃんをお留守番させなきゃいけないときは預け、預かりをするとペットホテル代がゼロになりますよ!

ちょっと旅行先で、ワン友にお土産を買うくらいで済みますよ☆

洋服を着せれば暖房いらず♡

ワンちゃんだけがお留守番するとき、暖房ってつけていくか悩む方もいらっしゃいますよね。実は暖房はつけなくても大丈夫なんです。

犬の体温は人間よりとても高いのです。平均体温、38度~39度と言いわれています。なので、家の環境にもよりますが一枚洋服を着せてあげれば暖房をつけっぱなしにしなくてもワンちゃんは寒くなくお留守番ができます。

ちょっとカーテンを開け、お日様をいれてあげたらワンちゃんは家のどこが温かくて、寒い場所なのか知っているので自然とお日様の当たる部屋で寝て待っててくれます。

犬に癒されながら節約ができ、毎日が充実!

確かに、犬といっても大切な命ですから家族に迎えると、お金はかかります。でも、上記の節約方法を実践するとかなり上手な節約ができること間違いなし!

お子さんにとっても、ワンちゃんとの生活はとても良い効果があります。犬は話すことができません。なので、犬の気持ちを汲み取ろうとする力がつきます。読解力も身に付き、優しさも同時に育つのです。思いやりの気持ちが自然と養われるのです。

このようなメリットも考えながら、費用も工夫しながら楽しい犬との生活を過ごすのはいかがですか?

「節約術」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!