安保法案が可決!激しい抗議行動もかなわず、今後本会議で可決されれば成立に

安全保障関連法案が2015年9月17日の参院平和安全法制特別委員会で可決しました。

参院平和安全法制特別委員会で安保法案が可決

集団的自衛権の限定的な行使容認を含む、安全保障関連法案が9月17日本日午後、参院平和安全法制特別委員会で与党などの賛成多数で可決されました。

参院特別委員会では、前日16日野党の抵抗で採決のめどが立たないまま深夜まで続いていました。

迎えた本日午前、鴻池祥肇委員長が開会を宣言し、総括質疑を行おうとしましたが、民主党が鴻池氏の不信任動議を提出して抵抗。

午後の特別委員会で動議が否決された直後、鴻池氏が質疑打ち切りを宣言。

安保法案の採決に踏みきり、自民・公明両党と次世代の党・日本を元気にする会・新党改革の賛成多数で可決する流れになりました。

今後「法案・成立」に結びつくためにも、与党は本日中にも本会議に緊急上程して成立を図る構えです。

国会内外では法案可決反対の抗議の声が

2015年9月16日、国会前では18時半から反対集会が始まり、雨がふる中ペンライトなどを手にした人たちが集まりました。

集会では、学生グループSEALDs(シールズ)の奥田愛基さんが「私たちは非常に怒っている。それでも諦めず、まだまだ声を出していきたい」と訴える一幕もありました。

国会正門前の道路では、人々が車道に出ないよう警察の大型バスを隙間なく並べてバリケードを作りましたが、集まる人が増えるにつれ、歩道の参加者が車道の一部にも広がりました。

警視庁によると、国会前に集まった人は、16日20時の時点で1万3000人。主催者によると3万5000人とされています。

深夜まで続いた反対運動

国会前の抗議活動は深夜まで続きました。17日の午前2時には、ゴミ拾いをするシールズの姿も…

怒りの尾木ママ「戦争に行くのが嫌、なんて当たり前!」学生の安保反対デモに自民党議員が驚愕の苦言?

関連記事:

怒りの尾木ママ「戦争に行くのが嫌、なんて当たり前!」学生の安保反対デモに…

2015年7月16日、衆院本会議で可決された安全保障関連法案について、東京都渋…

今まで黙っていた人たちが、声を上げ始めた

この夏、揺れに揺れた安保法案。

今まで政治に対する関心が低いと言われていた若い世代や女性、学生などが法案に対する意思表示をはじめ、「法案反対」のデモを行うママたちの姿も見られました。

また、政治的な発言を控えていた、学者、作家、芸能人、アーティストなどの著名人の中にも、沈黙を破り自分の意見を発信る人が目立ちました。

揺れる安保法案…将来ほんとうに「徴兵制」になるの?

関連記事:

揺れる安保法案…将来ほんとうに「徴兵制」になるの?

現在は国会で「安保法案」の審議が行われていて、ママの中には「将来子供が…

歴史が変わった日、子供にどう説明する?

母親 赤ちゃん 抱っこ

今回の安保法案に対してはさまざまな意見を持った人がいます。

ただ確実に言えるのは、今回の法案可決は、子供たちの未来が変わる「大きな選択」だったということです。

今回可決した法案は、自衛隊や武力攻撃事態法などの改正案を一括したもの。子供たちの未来に責任を持つという意味でも、私達親は特に、安全保障について

より真剣に考え続けていく必要があるのかもしれません。

「安保法案」「可決」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!