臍帯血を保存するのはなぜ?費用はいくらくらいかかる?公的バンクと民間バンクのメリット・デメリット比較

臍帯血保存する先は大きく公的バンクと民間バンクに分けられます。公的バンクには寄付という形になり、移植を待つ人に使用されます。民間バンクを利用する場合は有料になりますが、将来 赤ちゃんの病気に備えて臍帯血保存することができます。

なぜ臍帯血を保存するの?

臍帯血(さいたいけつ)に含まれる造血幹細胞は、赤血球や白血球などの血液細胞のもとになります。

臍帯血を移植することにより、白血病や悪性リンパ種などの重い病気を治療するために役立てることができます。

臍帯血は骨髄移植よりもドナーの適合条件が緩く、採取の負担もほぼないため難病治療に期待されています。

臍帯血を存する機関は臍帯血バンクと呼ばれ、公的なものと民間のものがあります。
その2つを比べてみます!

費用はいくらかかる?

研究

公的バンクでは無料!

公的バンクと提携している病院で出産すると、臍帯血を提供することができます。

病院で出産前に同意書にサインし、出産の際に採取します。すぐに臍帯血バンクに運ばれて保存の処理が行われます。
寄付の形になりますので料金は発生しません。

献血で有名な日本赤十字社も公的バンクのひとつです。

民間バンクでは20数万円ほど…

将来の病気に備えて、赤ちゃん自身のために赤ちゃんの臍帯血を保存しておきたい、と考える場合は民間バンクを利用することになります。

利用したいバンクに申し込み、出産する病院で医師や助産師に採取してもらいます。将来の病気に備えるものなので、10年、20年と保存することになります。
保管料に処置料や初期費用なども加わり、10年で約20数万ほどの金額がかかります。

再生医療に期待している企業の研究所などが民間バンクとして保存を受け付けています。

メリット、デメリットは?

公的バンク

胎児 へその緒

メリット

臍帯血は利用価値が高いので、公的バンクに協力するのは意義のあることです。

保存される臍帯血が多いほど、それだけ適合する型が豊富になり、移植できる人が多くなります。厳しい基準をクリアした公的バンク提供病院の確かな技術で採取、保存してもらえます。

デメリット

公的バンクと提携している病院で出産しなければ、提供の意思があっても臍帯血の保存はできません。

公的バンクに寄付した場合、その臍帯血を自分の赤ちゃんに使うことはできません。

民間バンク

出産 病院

メリット

臍帯血移植は型が合わなければできませんが、本人のものであれば拒絶反応の危険はありません。必要になったときすぐに利用できます。

また、兄弟姉妹にも適合の可能性があります。

デメリット

費用が高いということが挙げられます。

移植の必要な病気にかかるのかどうかもわからないまま長期保存が続けられることになります。

またどれほどの期間保存できるのかどうかについては意見がわかれているようです。

出産時の選択肢に加えてみては?

研究

採取の際に痛みや危険はありません。 最近では我が子に確実に使うために民間バンクを利用する人も増えてきているようです。

また、公的バンク提携病院で出産するなら、困っている誰かに役立ててもらうために臍帯血を提供するという選択もできます。

臍帯血には造血幹細胞だけでなく、他の細胞になることができる幹細胞も含まれているため、それが将来再生医療で利用できるかもしれない、という期待もあるようです。

出産の時しか採取のチャンスがないものですから、保存について考えてみるのはいかがでしょうか。

「臍帯血」「保存」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!