電車好きさん集まれ!東武博物館!東京都墨田区で子供と楽しめるおすすめの場所 施設紹介

電車好きさんもそうでない人も絶対楽しめる☆東武博物館をご存知ですか?東武鉄道の歴史や文化を紹介する施設で、SLなどの昔の車両や最近まで活躍していた実物の車両に触れたり、バスや電車の運転シミュレーションなど実際に体験できる博物館です。電車好きのお子様には絶対にオススメ!利用者満足度の高いの東武博物館を詳しくご紹介します☆

東武博物館ってどんなところ?

東武鉄道が運営する東武博物館は東武鉄道の歴史や文化を体感できる施設です。

入館するとそこにはSLのお出迎え!時間によって汽笛を鳴らし車輪が動くところを間近に見ることが出来ます。

中でも人気なのが電車のシミュレーション!かなりリアルで子供じゃなくても楽しめますよ^^

また、実際のホームを下から眺められるのも人気の一つです!

施設情報☆

東京スカイツリー駅から2駅!東武スカイツリーライン東向島駅のすぐ隣ですので、雨でも駅から傘なしで入館できます^^

  • 所在地:東京都墨田区東向島4-28-16
  • 電話:03-3614-8811
  • アクセス:東武スカイツリーライン「東向島駅」下車すぐ横
  • 開館時間:10:00~16:30(入館16:00まで)
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
  • 入館料:おとな200円、こども100円(4歳から中学生)
  • 駐車場・駐輪場:あり(無料)
  • おむつ交換台:あり
  • 授乳室:あり(給湯設備はなし)

東武博物館のHP

東武博物館を詳しく見てみよう!

東武博物館では館内が8つのコーナーに分かれて構成されています。

主な展示施設を詳しく見ていきましょう!また、口コミも同時にご紹介します^^

1.迫力のSLショー!

入館すると目の前にある迫力のSLが実際に動く姿を見ることが出来ます!

汽笛を鳴らし車輪が動く迫力のある姿に子供たちは釘付けです。(車輪は動きますが車両は進みません)

1日4回、3分程度のショーですので入館したらショーの時間をチェックしましょう!

口コミ☆SLは迫力満点

昔のSLや特急車両、バス、ロープウェイ等東部に関連する歴代の乗り物が多数展示されています。SLは1日数回ショーがあり、汽笛を鳴らし動輪が動いて迫力満点です。
東武の車両を使用したジオラマや運転シュミレータなどもあり、子供は大喜びでした。 出典: www.tripadvisor.jp

実際には進みませんが今でも車輪を動かす姿を間近で見られるなんて貴重ですよね!迫力のSLショーをお見逃しなく!

2.様々な電車が展示

大正に作られた木造車両やデラックスロマンスカーなど実際に使われていた車両が9つ!

さらに東武鉄道の運営していたバスやロープウェイが展示されていて、実際に乗ったり触ったり座ったりすることが出来ます。

スペーシアのコンパートメントの展示などもあり、ちょっとした旅行気分も味わえるようになっています♪子供たちは何度も乗ったり下りたり座ったりして大興奮!

ほとんどの電車が見るだけではなく実際に触れたり出来るところがポイントですね!

展示してある電車もただ見るだけではなく乗り込めるのは子供たちにとってもいい思い出になりますよね!

スタッフの方も優しく接してくれるのはありがたいですね^^

3.一番人気!運転シミュレーター☆

フルハイビジョンの映像で電車の運転がリアルに楽しめます。

電車のシミュレーションが3台、バスが1台、ミニ電車シミュレーターが1台あります。無料で出来るのもうれしいですね!

係りの人が運転の仕方を教えてくれるので小さい子でも大丈夫です^^ただ、背が低くてモニターが見えなかったりするので膝に抱っこしたりして大人と一緒に体験するのが基本です。

本格的なシミュレーターですので、映像もとてもリアルで迫力があります。

とても人気なので休日などは常に数人並んでいる状態ですが、平日であれば割とすいているようです。

電車好きなら絶対見逃せないですね!

シミュレーションだけでなく模型も走らせることが出来るので小さいお子様でも飽きずにいろいろとチャレンジできますよ^^

4.なかなか見られない!実際のホームを間近で見学!

博物館2階のウォッチングプロムナードではちょうど東向島駅のホーム下に窓が設置されているので実際にホームに停まっている電車の車輪などを間近に見ることが出来ます。

普段なかなか見られない角度から見学できるので人気のスポットになっています。もちろん撮影もOKです^^

口コミ☆営業中の車両が迫力!

電車マニアで無くとも割と楽しめる。特に凄いのが現役の営業中車両の通過を凄い場所から見る事が出来る点!なかなかの迫力。電車マニアの方にはちょっと足を延ばして亀戸線の乗車とセットで楽しむのがいいかも 出典: www.tripadvisor.jp

今まさに乗客を乗せて走る電車を下から眺められるポイントはなかなかの迫力のようですね。電車好きじゃなくても興奮してしまいそう!

5.ちょっと疲れた時に☆休憩コーナー

東武博物館内にレストランなどに食事スペースはありませんが持ち込みはOK!休憩スペースが2階にありますのでお弁当を持って行くといいですね♪

実は再入館も可能ですのでインフォメーションに言ってみましょう。いったん外で何か買ってきて中で食べることもできます^^

下の展示を眺めながら休憩ができるのも電車好きにはたまりませんね!

マクドナルドの他にドトールやスーパー、コンビニなども近くにありますので、入館前に購入するといいかもしれませんね!

ロッカーもありますので重たい荷物は預けられますよ^^

6.その他のおすすめポイント

その他にもいろいろ見てもらいたいポイントがあります!

①大パノラマ

1階の一番奥にある関東平野をモチーフにしたジオラマです。もちろんスカイツリーもありますよ^^

1日5回あるパノラマショーでは電車の特徴などを説明しながら電車を走らせたりライトアップしたりしてくれます。

さらに有料ですが、この模型運転することも出来ますよ!

②ドイツ鉄道ジオラマ

ドイツの街並みをモチーフにした鉄道ジオラマがあり、ボタンを押すと電車が走ります!

小さなお子さんはもちろんですが、ドイツに思い入れのある方は「あ、あそこは・・・!」なんて大興奮のポイントです^^

③黒電話

電気のしくみのコーナーに置いてある黒電話。今の子供たちには珍しいものですが、実際に電話でお互いに話すことが出来るんです!

これには子供たちも興味津々で、意外と楽しめるスポットですよ^^

④ミュージアムショップ

博物館で思いっきり電車と触れ合ったら帰りにお土産も買えますよ^^文房具やパズルなどが人気のようです。

利用者満足度の高い東武博物館をチェック☆

いかがでしたか?

実は東武博物館は入館料も200円とリーズナブルなのにかなり遊べる!と利用者の満足度が4.5(トリップアドバイザー)と高い施設なんです。

また、東京スカイツリーから2駅ととってもアクセスの良い場所です。こじんまりとした割と小さい施設ですので1~2時間あれば十分楽しめます。

スカイツリーに行ったついでに行ってみてもいいかもしれませんね。

休憩コーナーでは持ち込みもOKなので、ぜひお弁当を持って出かけましょう^^きっとお子様も親も楽しめる1日になりますよ♪

「東武博物館」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!