こんなママになりたい!北斗晶さんに学ぶ子育て術と家庭円満の秘訣!

元プロレスラーで、現在は二児の母でもある北斗晶さん。テレビではいつもご家族の笑顔を見ることができます。そんな北斗ファミリーの家庭円満の秘訣はやはり夫婦仲が良いこと。また、北斗晶さんの子育て術は子供の事を最優先に考え、子供の気持ちに寄り添う、というシンプルだけれど奥の深いものでした。参考にして、私達も目指せ!北斗ファミリー!

元プロレスラーの北斗晶さん。

「鬼嫁」と言われていたりもしますが、夫・佐々木健介さんや2人のお子さんともとても仲が良くて、同じ妻として母として、憧れている方も多いのではないでしょうか。

私もその一人。テレビで一家を拝見する度に、「私もこんな家族を作りたいな」と思わずにはいられません。

今回は、そんな北斗晶さんの子育て術や家庭円満の秘訣を、いくつかご紹介します。

夫・佐々木健介さんの存在

北斗さんのご家族が仲良しなのは、もちろんご本人の心がけや努力もあると思いますが、パートナーである佐々木健介さんの力添えがなければ成り立たないのではないでしょうか。

お二人の仲が安定しているからこそ、お子さん達ものびのび成長できるのだと思います。

ママたちの声

かかぁ天下の家庭はよくないですが、健介が本当に奥さんが好きで、育児に協力してくれているから円満なのだと思います。
私は憧れます。
”育児は女の仕事”はもう時代遅れだと思います。
共働きが増えているのだからお互いに育児や家事をするのが当然だと思います。
それを言わなくてもやってくれるのが本当の優しさのように思います。
そーゆーひとに出会いたいもんです。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
北斗さんは、とても素敵で可愛い奥さん•お母さんですよ。
めっちゃ家庭的じゃないですか?

私の弟や息子が北斗さんみたいな女性を結婚相手にするなら私は、可愛がりますよ。

北斗さんも好きですがダンナさんも優しくて素敵な人ですね。
憧れの素晴らしいご夫婦です。
お似合いのカップルで双方に人を見る目があったんじゃないでしょうか?
これからも仲良く幸せに暮らして欲しいです。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

きっとお互いに想い合い、高め合っているから北斗さんも健介さんもどちらも素敵なんですね!

愛は与えて、そしてきちんと注いでもらえばいつまでも色褪せないのだと思います。

北斗晶さんのブログ

北斗さんも、ブログで健介さんへの感謝の気持ちを度々綴っています。

あっ…今年も、後少しで いい夫婦の日 だね
11月22日は、パパとデートでもするかな?


何でこんな優しい事を言うかというとね


自分も疲れてるのに…あたしが疲れた時に…肩もみしてくれたから


単純だけど…こんなふっとした優しさが仲良くしてられる秘訣かもね


夫婦なんだけど…あたしの一番の 親友 だからね
今年のいい夫婦の日は、何か美味しい物でもご馳走してやるか~
出典: ameblo.jp
パパ海外ロケから帰国

〈中略〉

パパーーーお帰り~


淋しかったよ~


過酷なロケだったの…
ロケの合間を見て、こんなにお土産を買ってきてくれました

〈中略〉

あたしへの愛なのでしょうが…
凄すぎです
流石、佐々木健介だと感心しました


何はともあれ…パパが無事に帰ってきた~ 出典: ameblo.jp

健介さんの優しさに、読んでいるこちらまで嬉しくなってしまいますよね!

なかなか照れ臭かったりもしますが、結婚して何年経っていようとパートナーに「ここが嬉しかった」とか、「こんなことしてくれてありがとう」という感謝の気持ちをきちんと伝えることが、夫婦円満の何よりの秘訣なのかも知れません。

北斗晶さんの子育て術

とある番組のロケで、ご自身が考える「いいお母さん」について、次のように語っています。

「近年育児ノイローゼになる人が多い中、“良いお母さんとは?”という疑問の声も上がっています。毎日3食作っていつも家の中が綺麗というだけが良い親ではない。いろいろな情報が飛び交っていますが、“子どもが大好きでいられるような親”が良い親なのでは」 出典: gunosy.com

北斗さんのお子さんは、長男が高校2年生、次男が中学1年生と、2人とも反抗期真っ只中。でもブログでは、ほぼ毎日お二人の笑顔がアップされていて、「本当に反抗期?」と思ってしまうほど。

北斗さんの子育て術について、まとめました。

1日1回はボディータッチ

休みの日はいつもくっついてるし、1日に1回は必ずハグをする!今は大きくなってハグできないけど、背中を触るだけでいいの。「元気?」とか「よっ!」とか言って触る。
健介にも、1日1回は触れるようにしてるの。だってあったかい肌に触れられるのって、そばにいなきゃできないでしょ。生きてなきゃできない。
だからそばにいる時は、必ず1日1回は触れる! 出典: www.ntv.co.jp

北斗さんはお仕事もされているので、帰りが遅くなってしまってお子さんが寝てしまっていることも。

そんな時は、お二人の耳元で「大好きだよ~、愛してるよ~、世界で一番好きだよ~」と言うそうです。

子供との喧嘩はどんどんしよう

今、反抗期で私に言い返したりしてくるけど、どんどんやればいいと思ってる。
「誰に向かって口聞いてるんだ!」って言うのはもっともな意見なんだけど、あまりに押さえつけたらどうなる?外で爆発するよね?
だったら家の中で爆発しててくれた方が良くない?はけ口なくなっちゃうじゃんね。 出典: www.ntv.co.jp

子供の爆発をきちんと受け止めるのも、親の務めなのですね。

子供が学校から帰ってきたら、「今日は楽しいことあった?」

やっぱ学校のことって気になるじゃない?いじめ問題があったりするし、私ももちろん心配。
でね、「今日は誰かと喧嘩した?」「嫌なことあった?」ってネガティブな話題から入ると、子どもは殻を閉じちゃう。
だから「楽しいことあった?ママにもネタちょうだいよ!」って話の流れを作ってから扉を開くと、ポロッと出てきたりするんだよね。 出典: www.ntv.co.jp

たしかに、私たち大人も、ポジティブな話題から入った方がいろいろな悩みを打ち明けやすかったりしますよね!

ちなみに北斗さんは、お子さんがお友達の悪口を言ったら一緒になって悪口を言うそうです。
その理由について、以下のように語っています。

絶対に子供の味方でいる

自分がもし旦那や友達に愚痴った時、「お前も悪かったんじゃない?」って言われたら超イヤじゃない?「なにコイツ?もう2度と話さねー」って思うでしょ?
子どもも一緒だと思うの。「お母さんは絶対にお前の味方だよ」って一緒になって悪口を言ってあげる。

〈中略〉

人の悪口はもちろんいけないんだけど、家族だから分かってあげたい。帰りづらい家が、一番嫌だなって思うんだよね。 出典: www.ntv.co.jp

北斗さんが子供以上にお友達の悪口を言うと、不思議なことに、「でもあいつもいいところあるんだよ。おれも悪かったかもしれない」と、お友達をかばうんだそうです。

お友達と喧嘩したり、学校で嫌なことがあっても「家に帰ればお母さんが聞いてくれる」と思うだけで、少し心が軽くなりそうです。

どんなに自分の子供が悪いと思っても、まずは子供の気持ちに寄り添う事が大切なのですね。

子供を第一優先に考える

子供には「家で見せる顔」「学校で見せる顔」「通学路でお友達に見せる顔」と、3つの顔があるんだそう。この3つの顔を見ることで、その子の本当の姿が見えてくる、と北斗さんは言います。

「授業参観に行けないなら、お仕事はちょっとお断りさせてもらう。それは、子供の為だけではなく、自分がいつか歳を取った時に、思い出が1つもないのは後悔するなと思うから」。

また、「ママ友」という言葉についても北斗さんは次のように述べています。

お母さんたちつい勘違いしがちなんだけど、「ママ友」って言葉が流行ってるじゃない?
まず「子どもがいてこその母親」ってのを忘れちゃいけない。お母さん主体になってることがよくあるんだけど、子どもがいるから学校に行くの。 出典: www.ntv.co.jp

「話せるママ友がいないから」という理由で子供の授業参観に行かないママもいらっしゃるとか…。

授業参観は「子供の様子を見に行く場所」で、「お友達と話しに行く場所」ではありません。

なかなかお仕事をお休みするのが難しいママさんもいらっしゃるかも知れませんが、子供もやっぱりママが来ると喜びますし、できるだけ子供の行事には行ってあげたいですよね。

北斗さん一家の絶対唯一のルール

約束

北斗ファミリーには、家の中のルールがありません。

一歩家のドアから出れば、世の中には沢山のルールがあって、大人も子供もそれを守らないといけないですよね。

だから、食べた食器を下げる、脱いだ靴は揃える、冷蔵庫は開けたら閉める…。人として当たり前の事が出来ていれば、家の中では自由に好きなことをやっていてもいいじゃない!という考え方なのだそうです。

そんな一家にも、北斗さんが「これだけは守りなさい」とお子さん達に言って聞かせていた事がありました。

命だけは持って帰ってこい

お子さんが小学生に上がる時、小さな背中に大きなランドセルを背負っている姿を見て、どうしてもこのことだけは伝えたかったと言います。

一番大切なのは自分の命だよ。ママも自分の命が大切。だってママが死んだらみんな泣くでしょ?
だから、ランドセルを学校に忘れてもいい。筆箱を忘れてもいい。教科書を忘れてもいい。
なに忘れてもいいけど、命だけは必ず持って帰って来てよ。それがママとの約束だよ 出典: www.ntv.co.jp

小学4年生になったお子さんの部屋から、ぐちゃぐちゃの作文を見つけた北斗さん。そこには「これからも僕は、命だけは持って帰りたいと思います」と書いてあったそうです。

北斗さん曰く、「最初の言葉って、子どもは結構覚えてる」。

たった1つ、「命だけは持って帰ってこい」というのが、北斗ファミリーの唯一絶対のルールのようです。

目指せ、「北斗ファミリー」!

いかがでしたか?

北斗晶さんは夫の佐々木健介さんにも2人のお子さんにも、本当に愛情をたっぷり注いでいるのがよくわかります。

その愛情がきちんと伝わっているから、テレビやブログで拝見する北斗ファミリーはいつも幸せそうなのですね。

今回ご紹介したエピソードからは、「鬼嫁」よりもむしろ家族のことを愛してやまない「素敵なママ」という印象を持たれた方も多いのではないかと思います。

北斗さんの子育て術を参考に、是非私達も北斗さん一家のような幸せニコニコ家族になりましょう!

「ママ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!