札幌にある、口コミで人気のおすすめ遊び場5選!大自然のスポットに子供連れで楽しくお出かけ

札幌は道内各地からはもちろん、道外からも多くの方が訪れます。そんな時に、子供が楽しめそうな場所があるのか、ママさんは気になるでしょう。特に赤ちゃん連れだと、授乳室やおむつ台があるか不安になってしまいますよね。オススメの遊び場と施設の詳細情報をご紹介するので、参考になさってみてください。

子供が喜ぶ遊び場〜札幌編〜

北海道観光する時の玄関口としてや、有名な雪まつりの時など、札幌を訪れる機会もあるかもしれません。同じ道内からも、ショッピング目的に来る方も多いです。

そんな時、子連れだと、子供を遊ばせる施設があるかどうかは、重要なポイントになってきますよね。どの様な施設があるか知っているだけでも安心するものです。

そこで札幌でオススメの遊び場を5つご紹介します。

1.札幌市円山動物園

北海道の動物園といえば、有名なのは旭山動物園ですが、札幌の円山動物園も数年前から大規模な改修工事が行われており、次々と新しい施設が公開されています。

中でもホッキョクグマの繁殖では、世界的にも高い評価を受けており、歴代の愛らしい子グマたちは、いつの時代も動物園のアイドルになっています。

動物園詳細

  • 住所:〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
  • 電話:011-621-1426
  • アクセス:地下鉄「円山公園駅」下車徒歩約15分 、JRバス動物園線[円15]動物園前駅下車すぐ
  • 開園時間:(2月1日~10月31日)9時~17時 、(11月1日~1月31日) 9時~16時
  • 休園日:12月29日、30日、31日
  • 授乳室:有り
  • オムツ台:有り
  • 料金:大人(高校生以上) 600円、中学生以下無料

札幌市円山動物園

冬に行きましたが、とても良かった。展示方法も工夫されており、旭山動物園にも負けていないと思います。 出典: www.jalan.net

自然溢れる広い園内を、子供たちは喜んで走り回る光景は良くみられます。園内には、小さめですが新しくできた遊具広場もあります。

冬には雪山が作られる時期もあり、ソリ滑りを楽しむ事もできます。

ふれあい動物園(北海道編)

関連記事:

ふれあい動物園(北海道編)

動物と触れ合う事は、人間にとって様々な影響を与えてくれるものです。最近…

2.国営滝野すずらん丘陵公園

札幌の中心部からは多少距離がありますが、その広大な敷地はもはや、公園とは呼べない程広く、とても1日で全てのエリアは回れないでしょう。

中でも子連れにオススメのエリアは「こどもの谷」と呼ばれる、大型遊具がたくさんある場所です。異世界に紛れ込んだかの様な独創的なデザインの大型遊具が多くあります。

大自然の中で、子供の大人も思いっきり身体を使って1日中遊ぶ事ができます。

公園詳細

  • 住所:〒005-0862  北海道札幌市南区滝野247
  • 電話:011-592-3333
  • アクセス:地下鉄真駒内駅よりバスで32分
  • 開園時間:4・5月・9月・11月9:00~17:00、6月~8月9:00~18:00、、12月~3月9:00~16:00
  • 休園日:4月1日~4月19日(夏季開園の準備期間)及び11月11日~12月22日(冬季開園の準備期間)
  • 料金:大人(15才以上)410円、小人(小・中学生)80円、小学生未満 無料、シルバー(65才以上) 210円*冬季入園料(12月23日~3月31日)
  • 授乳室:有り
  • オムツ台:有り

国営滝野すずらん丘陵公園

口コミ☆

公園内はとても広く、遊具や色々な施設もあり充実した1日を過ごせます。自然に囲まれ、子供を遊ばせるには最適な場所。水遊びも出来るのでオススメです 出典: www.jalan.net

自然がとても豊かで、子供から大人まで思う存分楽しむ事ができます。遊具エリア以外にも、滝があるゾーンや、釣り堀ができるゾーン、BBQができるゾーンなど幅広い年齢層が楽しめる作りになっています。

様々な花畑も見事です。

3.シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ

屋内と屋外の両方に大小様々な温水プールがあり、ウォータースライダーなどとても充実しています。幼児向けの水深15センチのプールもあり、水遊び用オムツ着用の入水も可能です。

家族に優しいをコンセプトにしており、なんと広いプール内にも授乳室とオムツ台が完備されています。同施設には、スパやホテルも併設されているので、泊まってたっぷり楽しむのも良いかもしれません。

施設詳細

  • 住所:〒002-8043 札幌市北区東茨戸132番地
  • 電話:011-773-2211(ホテル代表)TEL:011-773-3311(プール&温泉直通)
  • アクセス:札幌駅北口団体バス乗り場より無料シャトルバスで約45分、地下鉄南北線麻生駅から無料シャトルバス約20分
  • 営業時間:プール:10:00~22:00 温 泉:10:00~24:00
  • 休業日:年中無休
  • 料金:大人1,600円(※夏季料金7~8月:1,900円)、小・中学生1,000円、4歳~未就学児300円、3歳以下無料
  • 授乳室:有り
  • オムツ台:有り

シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ

口コミ☆

小学生の子供はプール、スライダー、戦隊ヒーロー風の「ガトキンレンジャー」によるビッグバルーン放出イベントを、親は温泉やフィットネスクラブ、おいしい朝食ビュッフェを楽しんでいます。 出典: www.tripadvisor.jp

プールの他に温泉施設も充実しているので、子供から大人まで楽しめます。雨天はもちろん、冬でも楽しめるのが、嬉しいですね。

4.サッポロさとらんど

楽しみながら農業を体験できる施設として、バター作りなどの教室や、芋掘りなどができます。また、広い敷地内には、遊具や、動物とのふれあいコーナー、レンタサイクルなどもあります。

SLバスや馬車などもあり、子供から大人まで、幅広い年齢層の方々に親しまれている施設です。冬は、ソリ滑りや、バナナボートなどが楽しめます。

施設詳細

  • 住所:〒007-0880 札幌市東区丘珠町584番地2
  • 電話:011-787-0223
  • アクセス:東豊線環状通東駅より中央バス東61中沼小学校通ゆき丘珠高校前下車、徒歩10分。
  • 営業時間:(4月29日~9月30日)9:00~18:00 、(10月1日~4月28日)9:00~17:00
  • 休業日:(4月29日~11月3日)無休 、(11月4日~4月28日)月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 料金:無料(各種体験によって異なる)
  • 授乳室:有り
  • オムツ台:有り

サッポロさとらんど

口コミ☆

駐車場は無料でした。馬車やSLが園内を走っていて有料(300〜400円)で乗ることができます。 羊やヤギにエサを与えることもできるので、子供は大はしゃぎでした。BBQをする施設やアスレチックもあり、一日中楽しむことができました。 出典: www.tripadvisor.jp

BBQコーナーもあり、天気の良い休日はいつも賑わっています。SLバスは、子供たちにはもちろん、広い園内を一周してくれるので、移動手段としても利用されています。

5.ファンタジーキッズリゾート新さっぽろ

全国で人気の屋内型遊園地が札幌にもあります。大型のふわふわ遊具がたくさんある他、ドレスアップと写真撮影、本格的なおままごと、砂遊び、メダルゲームなど、幼児から小学生まで、様々な年齢の子共が楽しめます。

地下鉄駅から直結で行けるアクセスの良さや、雨天や冬でも関係なく、思いっきり遊べる場所があることは、冬が長い北海道ではとても重宝すると評判です。

施設詳細

  • 住所:〒004-0052 札幌市厚別区厚別中央二条5-7-2 サンピアザ1F
  • 電話:011-804-7788
  • アクセス:東西線「新さっぽろ」駅直結 専用通路から徒歩3分 、千歳線「新札幌」駅直結 専用通路から徒歩3分
  • 営業時間:平日10:00~19:00 、土日祝祭日10:00~20:00
  • 休業日:年中無休
  • 料金:年会費(1家族につき)315円、大人終日520円、小人990円(4時間遊び放題) 他プランあり
  • 授乳室:有り
  • おむつ台:有り

ファンタジーキッズリゾート新さっぽろ

口コミ☆

小さな子どもたちが大好きなふわふわ遊具や大興奮で、盛り上がる大型遊具がいっぱいそろっています。天気を着にせず遊べるのでたすかります。

イベントもあるので、時間に合わせていくのも良いし、一日いっぱい丸ごと過ごすも良いところです。 出典: 4travel.jp

ふわふわの遊具は、どこでも子供達に大人気ですよね。大好きで汗だくになるまで遊ぶので、着替えを持参した方が良いくらいです。

札幌の大自然の中で、子供とたっぷり遊ぼう!

いかがでしたか?札幌には、大自然の中で思いっきり身体を使って遊べる場所が多くあります。もちろん天候にも左右されますし、ご存知の通り、冬は銀世界です。

ですが冬は、ソリ滑りやスキー、雪遊びなど他の季節とは違った遊びを堪能できます。ぜひ、親子で自然に触れながら楽しい時間を過ごしてください。

「札幌」「子供」「遊び場」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!