使える!ユニクロ公式インスタのコーディネートで“ユニジョ”ママに☆

ユニクロ銀座店の公式インスタ、uniqlo_ginzaをご存知ですか?ユニクロフリーク、通称“ユニジョ”のおしゃれコーディネートを掲載しているこのアカウントには、ママにも使えるおしゃれコーディネートが満載なんです☆そんなuniqlo_ginzaから最旬のママコーデをご紹介しちゃいます!

ユニクロ銀座店インスタには、使えるコーディネートが満載☆

インスタからじりじり火がついた“ユニジョ”という言葉。ご存知ですか?ユニクロのプチプラアイテムで、旬のコーディネートをさらりとおしゃれに着こなす女性のこと!

ユニクロ銀座店の公式インスタグラム(uniqlo_ginza)では、そんな“ユニジョ”たちのコーディネートを毎日更新しています。この公式インスタグラムには、もちろんママにも使えるおしゃれコーデが満載なんです☆

銀座店の公式インスタに投稿されたおしゃれママ達のコーデをご紹介しちゃいます!

ユニクロ公式インスタ掲載!ママにも使えるコーディネートをご紹介♡

さっそくユニクロ銀座店公式インスタグラムに投稿された“ユニジョ”達のコーデを見ていきましょう♪

ママ自身のコーディネートはもちろん、親子リンクコーデもたくさんありましたよ〜!

親子で全身!ユニ家族!?

ボーダーT、フランネルシャツ、スウィエットと全身ユニクロのアイテムを使った親子リンクコーデ!

息子さんも大人顔負けのおしゃれっぷりです☆ユニジョ、ユニママならぬ、ユニ家族にもなれる!

カーキシャツ+スカートで甘辛に♪

レーヨンエアリーブラウス(上)とタックスカート(下)で合わせた、こちらも上下ユニクロコーデ。

シャツはXLサイズを選んでややオーバー気味にしたのがポイントです♪フェミニンアイテムなのに、色を抑えているのでいい感じの甘辛!

メンズアイテムでユニジョ♡

ボーダーのケーブルニットはメンズアイテム!メンズアイテム、特にこのケーブルニットをコーデに取り入れているユニジョはインスタにも急増中☆

サイズはややぴったり目を選んで。

ユニ親子はカジュアルが狙い目!

デニムやシャツなど、定番で使えるカジュアルアイテムで親子リンクコーデを楽しんでいる人が多数!

すぐサイズアウトしてしまう子供服も、ユニクロなら気軽に揃えられちゃいますね♪

UNIQLO(ユニクロ)シンプルニットの着こなし術でおしゃれママに大変身~♪

関連記事:

UNIQLO(ユニクロ)シンプルニットの着こなし術でおしゃれママに大変身~♪

毎年必ずお世話になっているであろうユニクロが出すニットウェア☆安くて良質…

シャツはロング丈にロックオン!

今年はロング丈のカーディガンやシャツが人気ですよね♪こちらのロングフランネルシャツはワンピとしても使えちゃいそう!

上下ホワイト+白黒シャツでちょいモードに仕上げたモノトーンコーデ。

ロング丈はスタイルアップにもひと役!

こちらもロング丈のカーディガンを主役に。

ユニクロのロング丈カーデはサイドにスリットが入っているから、動きやすくてママにもってこいですね!

白トップス×デニムで小さな恋人と♡

こちらはデニムスラウチジーンズと白系トップスで決めた親子コーデ!

スラウチジーンズは、柔らかい素材を使っているので「履きやすい!」と人気のよう。ユニジョと小さなユニオのかわいいカップル♡

メンズを着こなすユニジョ!

ヒートテックケーブルクルーネックセーターを主役にしたコーデ。こちらもメンズもの!色はホワイトを選ぶことで、やわらかい印象に。

ややオーバーサイズでざっくり感を出しながらも、手首見せでちょい色っぽい♡

イネスコラボアイテムも素敵!

パリ発のブランド、イネス・ド・ラ・フレサンジュとのコラボアイテムも公式インスタを盛り上げています!

こちらはジャケットとスカートの全身イネスコラボコーデ♪これなら少しフォーマルな場所や学校行事にも使えそうですね。

イネスコラボは一部店舗とオンラインストアで取り扱っています。

Wイネストップスでカジュ甘コーデ♪

丸襟ストライプシャツにレトロ柄のざっくりニットカーディガンを肩掛けしたWイネストップスコーデ!

柄×柄でも、色味やインパクトをおさえめにしているので、うるさくない☆丸襟シャツはLサイズを選んでゆったり着こなしています。

ユニクロ銀座公式インスタで旬なコーデをみつけよう♪

ユニクロ銀座公式インスタには、毎日最新のコーディネートが続々とアップされています♪ママ&親子コーデの参考になるヒントがもりもりですよ〜☆ご近所のユニクロでも、最旬コーデが叶っちゃう!

今すぐユニクロ銀座の公式インスタをチェックして、最旬のおしゃれを楽しんでくださいね♪

「ユニクロ」「コーディネート」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!