あの顔はどこへ!?バンダイが人気キャラクターランキング2015を発表!

バンダイが「お子様の好きなキャラクターランキング2015」を発表しました!調査対象は、0〜12歳の子供たち。その結果をのぞいてみると、「やっぱり!」とうなずく人と、「えー!」と意外に思う人に分かれる結果に。長年首位を独占していた、あの王道キャラの行方はいかに!?お子さんとのコミュニケーションに是非生かして☆

バンダイが「お子さまの好きなキャラクターランキング2015」を発表!

株式会社バンダイが0~12 歳の子どもを持つ親800 人を対象に、「お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査」を実施。「お子さまの好きなキャラクターランキング2015」を発表しました!

その結果をみてみると、「やっぱり!」と納得する声や、前年までと比べて「えっ!」と驚く声に反応は分かれた様子!

毎年行われているこの調査。2014年、2013年とも比べながらランキングをみてみましょう☆

好きなキャラクターランキング2015!TOP10☆

それでは、さっそく1位〜10位のランキングをみてみましょう!

1位:妖怪ウォッチ

堂々の1位は昨年2位の妖怪ウォッチ!男女ともに幅広い層からの支持を受けて全体の2割が「好き!」と回答したそうです♪

好きな理由を聞いてみると「いろいろな妖怪が出てきて楽しい」、「妖怪が個性豊か」など、多様なキャラクター展開が要因のよう!

妖怪ウォッチが和菓子に!こどもの日におススメだけど…可愛くて食べれない!そんな妖怪ウォッチキャラのお菓子レシピ♡

関連記事:

妖怪ウォッチが和菓子に!こどもの日におススメだけど…可愛くて食べれない!そ…

2015年4月29日から、全国のイオン系列で発売することになった、大人気アニメ…

2位:それいけ!アンパンマン

昨年までなんと14年連続1位を独占していたアンパンマンは、惜しくも2位に!!しかし、去年の調査からはポイントを上げており、なかでも、未就学児の子供たちからの支持は絶大なんだとか☆

「キャラクターがいっぱいだから」、「ストーリーがわかりやすい」など、わかりやすいストーリー展開とキャラクターの豊富さが人気の要因!

3位:アナと雪の女王

うって変わって3位のアナと雪の女王は女子から高い支持が!歌にグッズに衣装に、女子心をくすぐるディズニープリンセスの強さが伺えます☆

4位:プリキュアシリーズ

プリキュアシリーズは昨年と同じ4位をキープ!総合ランキングでは4位ですが、男女・年齢別にみてみると3〜5歳の女の子の間では1位に君臨しています♪

5位:ドラえもん

ドラえもんも昨年と同位、5位をキープ!なかでもそのストーリー性からか、小学校高学年(9〜12歳)男子の熱い支持を得ているようです☆

6位:ポケットモンスター

子供が好きなゲームキャラの先駆け、ポケモンは6位!2013には3位でしたが、妖怪ウォッチにおされてか、やや下位のランクインとなりました。しかしこちらも、小学生男子(6〜12歳)の間では2位と不動の人気。

7位:いないいないばぁっ!

いないいないばぁっ!は、おもに0〜2歳の男女の間で人気の様子!子供のみならず、ママも一緒に歌ったり踊ったりできちゃうところが人気の要因ですね♪

8位:アイカツ!

本ランキング初登場8位にランクインのアイカツ!こちらはアイドルオーディションをテーマにした女児向けのトレーディングゲームで、特に6〜8歳の女子に人気の様子☆

女の子にも、カードゲームが流行ってきているんですね♪

9位:スーパー戦隊シリーズ

スーパー戦隊シリーズは、昨年の6位からはややランク落ちしたものの3〜5歳男児の間では妖怪ウォッチに続き2位にランクイン!

戦隊モノは、時代を問わず一定の人気がある様子です!

10位:きかんしゃトーマスとなかまたち

一昨年6位、昨年7位のきかんしゃトーマスとなかまたちは10位に滑り込み!こちらも長年子供たちに愛されているキャラクターですね♪

最近では、トーマスをかたどった機関車ができるなど、子供のみならず鉄ちゃんパパのハートも鷲掴みに♡

妖怪ウォッチ強し!アンパンマンは15年連続1位を逃す結果に!

やはり妖怪ウォッチは強し!男子からの圧倒的な支持に加えて、女の子からの人気も伸ばし、晴れて初の総合第1位に輝きました!

ゲームやアニメ、グッズ、歌、踊りなどで子供とのタッチポイントの多さが流行に繋がっているようです☆

そして14年連続総合ランキング1位を独占していたアンパンマンは、惜しくも2位陥落という結果に!がんばれ、それいけアンパンマン!

人気キャラクターランキング2015、是非お子さんとのコミュニケーションに役立ててくださいね♪

「キャラクター」「ランキング」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!