「夫がNo.1投手なら私はNo.1の妻になる」第1子妊娠中の里田まいの良妻エピソード☆

2015年9月に待望の第1子妊娠を発表した、タレントの里田まいさん(31)と夫である大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(26)。名門ヤンキースで頑張る夫を支えているのが、里田まいさんの手料理という話は有名ですよね♪今回は「良妻の鏡」と言うにふさわしい・里田まいさんの夫を思いやる素敵なエピソードをまとめました^^

第1子妊娠中の里田まいさんと田中投手のこれまで…♪

かねてから大リーグ入りを目指していた田中将大投手の移籍先が、ニューヨークヤンキースに決まったのが2014年。

7年契約・年俸総額1億5500万ドル(約161億2千万円)というスーパーエース契約が話題になりましたね。そんな田中投手を陰から支えているのが、妻でありタレントの里田まいさんです♪

今年の9月、結婚4年目で待望の第1子妊娠を発表♪

2人は2012年に結婚。当時楽天イーグルスに所属していた田中投手を支えるため、仙台に拠点を移した里田まいさん。

2014年にニューヨークに移住して、結婚4年目の今年9月6日…待望の第一子を授かったことを自身のブログ、Twitterで報告しました♪

里田まい妊娠5カ月!マー君が念願のパパに♡

関連記事:

里田まい妊娠5カ月!マー君が念願のパパに♡

タレントの里田まいさん(31)と、夫である大リーグ・ヤンキースの田中将大…

妊娠発表の翌日には大物著名人からのお祝いディナー!

9月6日に妊娠発表をした翌日…偶然ニューヨークに来ていた明石家さんまさんからお祝いのディナーのお誘いがあったそうです♪

食後のケーキには「Congratulations!TANAKA BABY♡」のプレート付き。これだけ大物の著名人がお祝いしてくれるなんて、田中投手と里田まいさんの人柄の良さあってこそですよね^^

里田まいさんの献身的な良妻エピソード、ご紹介します☆

陰ながら夫を支えている里田さん。最初からすべてが上手くできたわけではなく、そこには並々ならぬ努力があったそう。

そんな里田さんの努力の集大成・エピソードをまとめました。

もともと里田まいさんは「おバカタレント」でした

もともとクイズ番組で「おバカキャラ」として人気を博していた里田さん。

英語も全く話せず、結婚するまではお米の研ぎ方すらわからない料理オンチだったと言います!

当時のことについて、里田さんは

料理をし始めた頃は、砂糖と塩を間違えたり、包丁で手を切ったり…

およそ考えられるありとあらゆる失敗を繰り返しました。でも、“彼の食事は私が支えなきゃ”って頑張ってどんどんうまくなっていきました 出典: www.news-postseven.com

こんな風に話しています。今ではとても考えられませんね…!

彼も頑張っているから私も頑張らなきゃ

さらに、田中投手がいつかアメリカへ行くことも視野に入れて、英会話の通信講座も受け始めたそうです。

以前雑誌のインタビューで「なんでそんなに頑張れるんですか?」と聞かれた際、こんな風に話していました。

夫が日本でナンバーワンの投手ならば、私は日本でナンバーワンの妻になる。

彼がグラウンドで頑張っているんだから、私も頑張らなきゃいけないのは当たり前 出典: www.news-postseven.com

田中投手を心から尊敬していること。パートナーとして、自分にできる限りのことで彼を全力で支えていきたいこと…そんなことを心に決めているそうなんです。

努力家で献身的。まさに「良妻」ですね。

料理の腕はさらにパワーアップ・アスリートフードマイスターの資格を取得!

交際期間に苦手な料理を克服すべく、料理教室をかけもちして必死に料理の腕を上げたという里田さん。

そのうち栄養バランスや食べるタイミングまでを考慮して献立を作れるまでにスキルアップ!

さらに上を目指す里田さん…。なんと、アスリートの食事についての知識も身につけるべく『ジュニア・アスリートフードマイスター』という資格も取得しました!

日々の食卓に並ぶ食事も、栄養バランス・彩り文句ナシなこんなメニューがズラリ。

数年前は「お米の研ぎ方もわからなかった」なんて、誰が信じるでしょう…。これはもう、里田さんの努力の賜物ですね!!

努力家で献身的な里田まいさん・来年には素敵なママに♪

実は田中投手、里田まいさんと結婚してからますます活躍していると話題になっています。

メジャーでも活躍を続ける田中投手に、米紙「ニューヨーク・ポスト」でも「驚くほど美しい妻」として里田まいさんが大きな写真で取り上げられたことも。

公私ともに絶好調の田中投手と、そんな旦那様を支える良妻・里田まいさん。来年には3人家族になってより飛躍の1年になりそうですね♪

「里田まい」「良妻」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!