カードの配達が各地で開始!マイナンバーってどんな制度?必要手続きは?

来年1月から運用が始まるマイナンバー制度。その12桁の番号が、10月から通知されます!赤ちゃんからお年寄りまで、住民票を持つ人全員が持つことになるマイナンバー。いったいどうやって知るの?そもそもマイナンバーって何?まだまだ分からないことだらけのこの制度について、簡単に解説します☆

2016年1月からマイナンバー制度が運用開始!

最近ニュースでよく耳にする、マイナンバー制度。国民ひとりひとりに、もちろんママや生まれたばかりの赤ちゃんも、この番号を持つことになります!

このマイナンバー制度は2016年1月から運用開始になりますが、それに先駆けて2015年10月から12桁の番号が通知され始めます。

マイナンバーって何?

マイナンバー(個人番号)とは、国民一人ひとりが持つ12桁の番号のこと。赤ちゃんからお年寄りまで、住民票を持つすべての国民が持つ番号になります。

マイナンバーは一生使うものです。番号漏えい、不正使用の可能性がある場合を除き、一生変更されません。

どうしてマイナンバーが必要なの?

マイナンバー制度には、このようなメリットがあります。

  1. 行政の効率化
  2. 国民の利便性の向上
  3. 公平・公正な社会の実現

ナンバーがあることで、行政機関や市町村で行われる作業が効率化されます。また、私たち国民には、手続きが簡素化され、負担が軽減されることが予測されます。

10月から通知開始!自分のマイナンバーはどう知る?

簡易書留で通知

10月より随時、市町村から住民票の住所にマイナンバーの通知が送られます。外国籍でも住民票のある方は対象に。

住民票の住所と異なるところにお住まいの方は、お住まいの市町村に住民票を移す必要があります!

1月から交付!個人番号カードって何?

マイナンバーの通知後に市町村に申請をすると、身分証明書や様々なサービスに利用できる個人番号カードが交付されます。

記録されるのは、券面に記載された氏名、住所、個人番号などのほか、電子証明書などに限られ、所得などのプライバシー性の高い個人情報は記録されません。

個人番号カードは、平成28年1月から交付されます。

マイナンバーが必要なのはいつ?

2016年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続で必要になります。

  • 社会保障
  • 災害対策

マイナンバーは社会保障・税・災害対策分野の中でも、法律や地方公共団体の条例で定められた行政手続にしか使えません。

ママにはこんな場面で必要に!

例えば主婦や保護者なら、このような場面でマイナンバー告知が必要になります!

  • パート・アルバイトの勤務先へ
  • 児童手当の申請時に市区町村へ
  • 子どもの予防接種時に市区町村へ

子供やママ自身にもかかわる、マイナンバーに注目!

マイナンバー通知は、10〜11月から順次簡易書留で届きます!繰り返しますが、個人カードの交付や制度の運用は来年2016年1月から。

ママ自身はもちろん、子供も一生持つことになるとても大切なこの番号。最初の書類なので、よく読んで手続きしてくださいね!

「マイナンバー」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!