子供が喜ぶイベント満載のマリンピア神戸に行こう!施設紹介

本格的に秋を迎えたのに、悲しいかな、出産で体形が大きく変わって着る服がない!買いに行くにしても赤ちゃん連れてゆっくり選べる気がしない…。旦那に連れてって~と声をかけても重ーい返事にイライラ。でも、旦那も楽しめて、お買い物も満足できるお買い物スポットがあるんです!マリンピア神戸をご紹介します!

マリンピア神戸って?

マリンピア神戸は、三井アウトレットパークのひとつです。セントラル・イースト・ウエスト・アネックスの4つのショッピングモールにアウトレット店116店舗のショップが集まって、お買い物に便利!

また、ウォータフロントという立地を生かした素敵なエリアなんです。素敵なショップが集まるアウトレットパーク!「南欧の港町」のコンセプト通り、異国感にドップリ!

基本情報

  • 住所:〒655-0036 兵庫県神戸市垂水区海岸通12-2
  • TEL:078-709-4466
  • オムツ替え:有り(オムツ自動販売機有)
  • 授乳室:有り
  • ベビーカー貸出:有り
  • 駐車場:平日無料

アクセス

神戸市の西にあり、関西以外に中国・四国地方からもドライブ気分で遊びにいける距離です。車なら名谷ICを利用するか、国道2号線を利用するかになるけれど、大変混雑するので店舗側は公共交通機関を勧めてます。

電車ならJR神戸線・垂水駅か、山陽電車・山陽垂水駅で下車します。駅からは大人がスタスタあるけば徒歩約10分位の距離だけど、子供連れベビーカーの私で15分くらいでした。

土日祝日は無料シャトルバスを運行していて、駅北側の歩道を西方面に歩いたところにあるバス乗り場から毎時4本運行なので、便利ですよ。

道路の混雑・イベントによる交通規制に要注意☆

マリンピア神戸のあるエリアは海沿いの国道2号線がメイン幹線になっていて、土日は特に混雑しちゃいます。車の場合は混むことを覚悟で、早め早めのトイレや食事がイライラしないコツ。

また、秋は地元の祭りや、神戸マラソンなどで、道路の交通規制もありますので、お車の方は事前にチェックしておくと安心ですね。

マリンピア神戸!3つのお出かけお勧めポイント

マリンピア神戸のオススメポイントを3つご紹介します!是非子供を連れてお出掛けする際の参考にしてみて下さい!

海と空のヨーロッパの街をあるくよう

ここは海の埋立地を専用地にして建てていて、周りに他の建物が見えないので、エーゲ海の孤島(!?)と思い込めば思い込めそうな、素敵な町並みです。

特に晴天の日には青い海と青い空に囲まれて、最高の開放感。

お買い物の合間に、旦那と子供連れでマリーナを散歩してみては?その海の向こう、明石海峡大橋をドーン!と、何も邪魔することなく眺められて、最高の景色に癒されますよ~。

赤ちゃん連れに優しい!ベビーカー、授乳室が充実!

最近、コイン式ベビーカーが敷地内3箇所に設置され、便利になったんです!いままではサービスカウンターで普通のベビーカーの貸し出しサービスもあったんだけど、返しにいくの面倒だなぁと思っていたので、すごく助かります。

車で来てコイン式ベビーカーを使えば、お出かけも楽ですね。

授乳室やおむつ交換の設備も複数あるし、キッズルームもあり!離乳食の温めや、お湯の提供をしてくれる飲食店もあるとか。おむつの自動販売機もあるんですよ!

子連れでどうぞ!と言ってくれているような充実したサービスに、嬉しくなっちゃいます。

パパや子供たちも興奮する、秋のイベント満載!

マリンピア神戸は週末、大道芸人がパフォーマンスをしていたり、ミニSLに乗れたり、JUMP ZONEというアトラクションがあったり、子供が喜ぶイベントだらけ。

また、期間限定イベントで10/2~11/3まで「食玩コレクション2015 GANCOLLE」を開催。過去の稀少なものから最新のものまで展示されていて、コレクターのパパも大喜びかも!?

10/9~10/18は、「北海道 秋の味覚市」で、北海道から来る新鮮な海の幸や野菜やお肉を使った料理と生ビールで楽しめるとか!!!授乳中でビールは無理だけどー、カニー!鮭ー!秋刀魚!!食べにいきたーい!!!

是非お休みの日はマリンピア神戸に家族で行こう!

子供 遊び

子供連れの買い物の大変さは、子供が生まれるまでは想像がつきませんでした。子供連れで幸せそうだなぁ~と、のんきに思っていて、本当にごめんなさいって思うくらい。

施設やイベントも◎、そしてなにより癒される海と素敵な街並。

行ってみてわかった、子供連れにも優しいお買い物エリアのマリンピア神戸に、旦那さんと子供と一緒に、海を眺める気分でお出かけしてみてはいかがですか?

「お出かけ」「子供連れ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!