試してみる価値アリ!早期教育の本質と誤解

早期教育と聞いて、そこから連想することは、どんなことでしょうか?「乳児期から知識を詰め込むなんて、かわいそう」「子供には子供のやるべきことがある」と、早期教育に対して否定的な考えを持ったママもいると思います。そんなママにこそ読んで欲しい、早期教育の誤解を紐解いていきたいと思います。

早期教育は、子供の成長にどう影響する?

早期教育と聞いて、否定的なイメージを持つママはいると思います。「子供はのびのびと育てた方がいい」確かにその通りです。

算数や読み書きは、幼稚園や小学校に入ってからでよいのでしょうか。ここでは、早期教育に対する世間の誤解を紐解いていきたいと思います。

脳には臨界期がある

脳の約80%は0~3歳で形成されるという事実は、有名です。

脳形成の大切な時期に、ママが赤ちゃんの脳にどんな刺激を与えるかで、その後の学習に対する吸収力が断然違ってくるようです。

小中学校の時、クラスにいませんでしたか?そんなに勉強もしていないのに、いつも100点ばかり取っている秀才君。

彼の秘密は、どうやらここにあったようです。

ママ自身の早期教育と捉える

早期教育を100%の愛情の伝え方を学ぶ機会という捉え方をするのは、いかがでしょうか?早期教育は、ママと赤ちゃんの触れ合いの時間だと思うのです。

話しかけるときは、にっこり笑って赤ちゃんの目を見ますね。赤ちゃんの身体をマッサージする時、どこを触ったら気持ちいいのか、表情を覗きますよね。

おもちゃを使うときは、ママが楽しそうにやって見せますよね。そこからすでに、早期教育は始まっていると思います。

早期教育の要~ステップアップ~

もう少し踏み込んで、かつママがストレスなくできることはなんでしょうか。具体的には、いったい何をすればいいのでしょうか。

今すぐできる早期教育

絵本

  • 絵本の読み聞かせを日課にする
  • ハッキリと大きい声で話しかける
  • 目に映っているものは何かを教えてあげる

ママとの心と心の触れ合いの中で行うこと、ママが楽しそうにすることが絶対条件です。機械的にならないよう、愛情をもって接することに意味があります。

この3つのことを、お子様が産まれてすぐから小学校に入るくらいまでの間、母子ともに体調の良い日のみ続けていくだけで、歴然と差が出てくることでしょう。

「心」の早期教育で、世界を変えられるかもしれない

いかがでしたか?

早期教育に秘められた可能性を感じ取っていただけましたでしょうか?妊娠した全ての女性が早期教育の重要性を知り、行動することで、未来が変えられると思うと、なんだかワクワクしませんか?

「早期教育」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!