北斗晶さんの夫・佐々木健介さんが「今」ブログを始めたその理由

2015年9月23日、乳がんであることを自身のブログで明かしたタレントの北斗晶さん。翌24日に右の乳房を全摘出する手術も成功し、経過の報告とともに、笑顔の写真なども掲載しています。そんなある日、北斗さんが自身のブログで夫・佐々木健介さんがブログを始めることになりました、と発表しました。

佐々木健介さんが「今」ブログを始めた、その理由。

先日乳がんの手術を終えた北斗晶さん。9月30日に更新した自身のブログで、夫である佐々木健介さんがブログを開始したと報告しました。

乳がんを告白した北斗晶「大勢に伝えるために、乳がんに選ばれたのかも」

関連記事:

乳がんを告白した北斗晶「大勢に伝えるために、乳がんに選ばれたのかも」

2015年9月23日、タレントの北斗晶さんが乳がんであることを自身のブログで明…

実は以前からブログ開設を勧められても乗り気にならなかったという佐々木健介さん。

北斗さんがブログに綴った、佐々木健介さんが「今」ブログを開始した理由や、きっかけ。

こんな思いがあったからなんだそうです。

なぜブログを始めたのか

ブログ開始に乗り気じゃなかったパパ。(うちのパパ、アナログだし)

でも、私が右胸を全摘出して 気がおかしくなりそうな時も支えてくれて。

これからもっともっと大変になる治療で、もしかしたら私がBlogをアップできない時とか、
心配してくれてるみんなにパパが様子を伝えてくれる事も出来る。

出典: ameblo.jp

何より、パパの目線での闘病を支える心構えとか…

おっぱいを失くして、泣く女房をどうやって励ましたのか!?とか。喜びや絶望だけじゃなくて、難しい年頃の子供と父親の接し方とかもそうだしね。


きっかけは、私vs癌との戦いだけど…もちろん、パパや子供達も癌との戦いが始まった訳でね。


世の中の病院で苦しむ人を支える家族を経験者として人を励ます事もきっとパパにならできるはず。

そんな訳で、「たった1人の人でもいい。誰かを元気に出来るなら。」をモットーに

佐々木健介Blogが10月1日からオープンします^^ 出典: ameblo.jp

今後治療が進み、北斗さんがブログの更新をできない時もあるかもしれない。そんな時に、読者の方に心配をかけないように、北斗さんのプレッシャーにならないようにと考えてブログを始めた佐々木健介さん。

このお話を読んだだけでも健介さんから北斗さんへの愛情が伝わってきますよね。

佐々木健介さんの初回ブログは涙ナシには読めませんでした

ブログ開始の10月1日は健介さんと北斗さんが結婚式挙げて20年目の記念日♡

新しいスタートをきるにはぴったりの日でした。そんな佐々木健介さんの初日のブログ、北斗さんの入院のこと、そしてお子さんへ北斗さんの病気のことを告げたという内容でした。

明るいお話だけで行きたいのは山々ですが

第1回目のブログなので、明るい話しだけで行きたいのは山々ですが、これだけ世間の皆様にご心配をお掛けしてしまったので、チャコ(北斗晶)の乳癌の話しを先にさせて頂きます。

《自分の妻が乳癌》
すぐには、信じる事が出来ませんでしたし…

前に2人で映画館で観た【余命1ヶ月の花嫁】
直ぐに頭を巡ったのは、あの映画の事でした。

あの映画の結末は、、、

恐くて恐くて心も体も震えました。
出典: ameblo.jp

「余命一ヶ月の花嫁」は、一人の女性が送った乳がんの闘病生活を題材とした、ノンフィクション映画。映画・ドラマ化され、話題になりましたね。

1番悩んだのは、愛する息子たちにどう伝えるべきか

ハッキリするまでは心配かけるだけだから2人だけの秘密にして、息子達も親兄弟、会社の仲間にも極秘で。

俺たち2人が何よりもこの時に悩んだのは、息子達の事でした。
誰よりも先に伝えなければならない、息子達にもしばらく…

《ママが乳癌だ》とは話せなかったのですが、息子達にはどう話すべきか?
父親として子供達には心配させない様に少し病気の事は軽めに話すべきか?

それとも真実を全て話して、母の体が変わる事をキチンと理解させ、癌の恐ろしさ、命をも落としかねない病気だと伝えるべきか?

父親として息子達の性格も考え悩みましたが、結果的に息子達には全てを隠さず話す事にしました。 出典: ameblo.jp

子供達に今日話そう!と、決めたのは、北斗さんの入院10日前の日曜日だったそうです。

そして息子2人にかけた言葉は、「見て欲しい映画がある」

【大事な話しをする前に、観て欲しいDVDがあるんだ】と息子達を誘い、一緒にテレビの前に座り点けたDVDは、

《余命1ヶ月の花嫁》でした。

乳癌は、死んでしまう可能性もある恐ろしい病気で、この先母は、乳房の全摘出手術、抗ガン剤の影響での髪の脱毛。

その先も、転移しない様に戦う覚悟を12歳だろうが16歳だろうが、家族みんなが覚悟を持って戦わないとならない病気だと理解させなければいけないと思ったから、この映画を観せました。 出典: ameblo.jp

もちろん、健介さん自身もこの映画を観せることにかなりの勇気と覚悟が必要だったそうです。

むしろ、結末を知っているので出来れば今は観たくなかったはずです。ですが、

「逃げて目を背けても、10日後に癌との戦いが始まる事は夢じゃなく現実」そうブログには綴られていました。

(中略)
2時間くらいのDVDを3人で観終わった後、息子達に《少し話しがあるんだけど、いいか? 実はママは映画のこの人と同じ病気なんだよ》シンプルに、一番わかりやすく伝えました。

この映画の子は残念な結果になってしまったけど、死んでしまう可能性もある怖い病気だから、ママも癌に負けない様に戦うからみんなで協力して頑張らなければいけない。
みんなで力を合わせないとな!

父親として息子達に伝えられる言葉はこれだけでした。
出典: ameblo.jp

24時間テレビのマラソンの時のように、みんなで俺の妻の、息子達の母の、4人の家族の、命のタスキを繋げる様に。と、シンプルに言葉を伝えた健介さん。

長男からの意外な言葉

[分かってたよ。何かあると思ってたよ。]お前達の母は乳癌だと伝えた後、長男から返ってきた言葉に驚きました。

子は親を見てるんですね。長男は、夜中にこっそり泣く母の声を拾い、何か真剣にコソコソ話す親の姿を見て、我が家の異変を感じ取っていた様で、不安にさせていた事を申し訳なく思いました。

息子達は、母が帰ってきた時、いつもとなんら変わらず[お帰りー。]と笑顔で言った姿には頼もしくなったと関心しました! 出典: ameblo.jp

この10日後、北斗さんの手術は無事に終わり、これからが本格的な戦いが始まるわけですが

こんなにも頼もしい子供達が、健介さんと一緒に北斗さんを支えてあげられるなら、百人力ですね。

支え支えられ、この先もずっと一緒!こんな夫婦が素敵…!

北斗さんは「パパは無口だからテレビでもあまり喋らないけど…」と健介さんのブログを少し心配?した様子でしたが

佐々木健介さんの1回目の投稿ブログには13万を超える「いいね」が。健介さんは自身のブログについて

病気で苦しんでる人や、支えてるご家族の方はたくさんいると思います。

他にも病気じゃなくても苦しい事を乗り越えようとしている人も、この世にはたくさんいる。

そんな皆さんと一緒に頑張りながら、少しでも励みになれる様なブログになれたら良いなと思います。
出典: ameblo.jp

こんな風にコメントしています。

これから夫婦、家族一丸となって病と戦っていく佐々木健介さん・北斗晶さん。

今後も応援していきたいと思います。

佐々木健介さんの公式ブログはこちら

「北斗晶」「佐々木健介」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!