切迫流産・早産で入院!?ウテメリン点滴の費用は?

ウテメリン点滴は安くありません。 切迫早産、切迫流産になりそうなら限度額適用認定証を取るのが良いでしょう。具体的にウテメリン点滴の費用について書いていきます。実際に受けていた方たちの体験談もあるので参考になるのではないでしょうか?

ウテメリンの点滴にかかる費用ってどれくらい?

通常、切迫流・早産で入院し治療が必要と判断されると、健康保険が適用されます。
しかし、病院によっては自費扱いで請求してくることもあるのできちんと請求書をもらった時に確認しておきましょう。

ウテメリンの値段

ウテメリンは1管1074円です。これに液を補充、持続するための点滴管理料が加算されます。

ただし、現在は後発品も出ているのでジェネリック医薬品を希望すればもう少し安く済みます。
その上、健康保険が適用されれば3割負担になります。

なお入院時に個室などを選択すると料金がアップになるため、保険等の適用をしっかりと考慮する必要があります。

実際にウテメリンの点滴を受けていた方達の【体験談】

点滴

ウテメリン体験談・1

28週で双子の赤ちゃんが下がってきてしまい、ウテメリンの点滴を24時間していました。

点滴の針は多い時には1日に2~3回替え、腕が針の跡だらけでした。
帝王切開までに47本の点滴をし、針は20回差し替えました。
本当につらかったです。

ウテメリン体験談・2

切迫早産で19週から入院になり、今は31週を迎えました。
週数とともにお腹の張りもひどくなっており、現在はウメテリンもMAX量の投与です。

副作用で食欲もなく、医師にも辛さを訴える毎日ですが「慣れるまで頑張って」と言われるばかりです。

ウテメリン体験談・3

切迫早産で7ヶ月からウテメリンを点滴しました。
点滴をすると、副作用で心臓の鼓動が速くなり手が震えました。

半月で退院できましたが、自宅で絶対安静でした。
ウテメリンは錠剤を処方され、出産直前まで飲んでいました。

限度額適用認定を利用しましょう

認定

事前に限度額適用認定証を申請すれば、一般所得者で自己負担限度額が80100円+(総医療費-267000円)×1%です。連続して入院した4か月後からはさらに自己負担限度額が減額されます。ウテメリンの点滴代もこの中に含まれます。

認定証交付申請先は加入している医療保険によって違います。勤務先の健保組合または役所で申請しましょう。

また、事前申請できなくても、高額療養費払い戻し申請で手続き後2~3か月で限度額を超えた分が払い戻しできます。

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!