大久保嘉人・抗がん剤治療と闘う妻のために家族皆で坊主姿に!奇胎後hcg存続症とは?

Jリーグ・川崎フロンターレに所属する、大久保嘉人選手が2015年10月11日、自身のインスタグラムに子供3人と自分家族4人の坊主頭を投稿し話題になっています。写真には「抗ガン剤治療と闘う妻のために、子ども達と相談して坊主にした」とのメッセージが。そして、奥様の病名についても告白しました。

丸坊主は14年ぶり…!家族と決めた坊主の理由・奥様の病名は?

日本代表でも活躍した、Jリーグ・川崎フロンターレに所属する大久保嘉人選手が、自身のインスタグラムに坊主頭の写真を投稿し話題になっています。

投稿された写真には3人の子供達と共に微笑む大久保選手と、こんなメッセージが。

安心してください、履いてます。 あれ?そこじゃない?

14年ぶりに坊主にしました。息子たちとともに。

これから寒くなってくるだろうにみんなで坊主にしたわけがあります。今年の夏、妻が流産してしまい、胞状奇胎だったということがわかりました。

手術もしましたが、術後の経過が順調じゃなく入院しての治療が必要になりました。奇胎後hcg存続症というみたいですが、この病気には抗ガン剤治療が必要みたいです。

抗ガン剤の副作用で髪が抜けるかもしれないと聞き、そうなると妻がショックを受けると思いました。これからの入院や治療への不安を少しでも和らげれたらなぁと思い、子ども達と相談して坊主にしてみました。 出典: instagram.com

「副作用が軽く済んで、脱毛を気にしないで済むかもしれないけど…やんちゃな3兄弟の笑顔がとってもよく見えるから結果オーライです!」

と綴る大久保さん。

子供達の笑顔も大久保選手の笑顔も、眩しいです!

奇胎後hcg存続症ってどんな病気?

大久保選手の奥様が治療をしていく「奇胎後hcg存続症」とは、異常妊娠の1つにあたる「胞状奇胎」の手術後に発生する病気の症状の1つ。

昔は「ぶどう子」とも呼ばれた疾患です。

前癌状態という言葉の通り、ガンになる前の状態なので、ガンに発展する可能性や他部に転移する可能性もある為、早期発見が非常に重要です。

治療方法は?

奇胎後hcg存続症の治療法は、ガンと同じく「抗がん剤治療」が一般的。

しかし、前癌状態というだけあって、ガンの早期発見よりも良い状態なので、完治率は極めて高いそうです。

ほとんどが異常妊娠をした後の検査を受診していれば見逃される病気ではなく、適切な治療を行うことで術後も安泰と言われています。

年齢は関係あるの?

大久保選手の奥様は33歳。実は、胞状奇胎を患っている人は20代~30代がほとんどだと言われています。

しかし治療自体は術後も妊娠が出来るよう、外科手術ではなく化学療法のみでの治療が一般的で、完治後は1年弱の避妊は必要となりますが、その後は通常通りまた妊娠や出産ができるそうです。

家族のためにも、定期検診の重要性を再認識

病院 女性

最近では、タレントの北斗晶さんが乳がんを告白したこともあり、女性特有の病気のリスクが広く認知されてきたように思います。

どんな病気にも言えることですが、ガンは特に早期での発見が重要とされているため、定期健診を受ける重要性を今一度考えたいところです。

女性特有の病気は早期発見をすればすぐに完治するのに、発見が遅れたことによりその後の妊娠が望めなくなるなど発見時期が遅れることでリスクは非常に高まります。

ご自身はもちろん、家族の為にも、定期的な検診を受けることをおすすめします。

「がん治療」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!