ママ達の日々の一言に共感!#育児ことわざのハッシュタグに集まったおもしろツイート15選☆

日々子供の成長に喜び、涙し、時には怒り…同じ毎日なんてない、毎日が新鮮で毎日が戦い。そんなママ達の日常をポツリと一言つぶやいたTwitterのハッシュタグ、ご存知ですか?「#育児ことわざ」というタグに寄せられた、ワカル!それワカル!とママ達から共感しすぎると話題の「#育児ことわざ」ツイートを集めてみました。

「誰かにこの気持ちを聞いてほしい」そんな時に便利な・ハッシュタグ機能って?

子育てって孤独。そう思ったことのあるママは結構多いと思います。いくらパパが積極的に育児をしてくれるとは言っても、やっぱりママにしかわからないことってありますよね。

「誰かにこの気持ちを聞いてほしい」と思っている方も多いはず。

そんな時に上手に使いたいのがTwitter。嬉しい報告や、誰かに相談したいけどする人が身近にいない、そんな時に同じ境遇のママさん達との交流ができるなど、ママ達の間で人気があるんだとか。

そんなTwitterの機能で、ぜひオススメしたい機能が「ハッシュタグ」です。

ハッシュタグって何?

スマホ

そもそもハッシュタグってよく聞くけど何のこと?と思ったママのために少し解説を。

ハッシュタグとは、文の頭に「#」の付いた文字列のこと。「#」を「ハッシュタグ」と読みます。

ハッシュタグを付けた文をクリックすると、他の誰かの同じハッシュタグが付いたツイートをピックアップして表示することができます。

ハッシュタグを付けると何が良いの??

携帯 ママ

Twitterで投稿する時にハッシュタグを付けるとどんな便利なことがあるのでしょう。

例えば「#子育て」などを入力すると、子育てに興味を持っている人の目に触れやすくなるので
ママ同士のコミュニケーションが取りやすくなったり、育児の参考になるツイートや

他のママ達の子育ての様子を一覧で見ることができるのでとっても便利なんです。

日々頭のどこかで思ったことのある言葉が並ぶ『#育児ことわざ』

スマホ 女性

今回は、子育てに奮闘するママ達の『#育児ことわざ』に寄せられた、大喜利仕立ての爆笑・共感ツイートをご紹介します。

誰しも1度は思ったことのあることばかり…。乳児編~幼児編合わせて15選、たっぷり堪能してください!

善は急げ、あらため

異臭騒ぎになる前に!オムツからハミ出る前に!

2度あることは3度ある、あらため

大人が思ってたより結構気軽に、ケロッと吐いてくれますよね。

泣く子は育つ、あらため

泣く 子供

ほんっとお手上げ、そんな時ありますあります。

水を得た魚、あらため

妊娠期から断乳まで、長らくおまたせいたしました!

ボジョレーヌーボーの解禁より盛り上がる瞬間ですよね。

出る杭は打たれる、あらため

子供が自分の力で何かできると気づいた時、ティッシュを近くに置くのは危険です。

早起きは三文の得、あらため

赤ちゃん 起きる

子供の早起きに驚かされれることもしばしば。

もう少し寝てていいの!もう少しゆっくり寝てていいの!切実

昨日の敵は今日の友、あらため

昨日まで通じたご機嫌取りが通じない?!愕然としたことが何度あったでしょう…

子供心って本当に移り気なこと。

2階から目薬、あらため

これは幼児さんに多いお悩み?小さくてもイヤイヤのパワーは1人前…

嵐の前の静けさ、あらため

何か静か…そう思ったら1度子供の様子をご確認ください!

同じ轍を踏む、あらため

まるで魔法?という位、水たまりを見つければどんな靴でもどんな服でも突進していく。それが子供。

猫にも小判、あらため

こんばんわ、を覚えた子供の胸キュンな日常が思い浮かびます…♡

四十にして惑わず、あらため

ちょっと背伸びを覚えた子が

ママ?ココ掃除したの?(ついっと指で窓枠をなぞる)とか、ですね。

振り返れば奴がいる、あらため

女性 後ろ姿

そして「今まで居たじゃん!」ってママが1人でツッコむ流れですね。子供、確信犯だと思います。

武士は食わねど高楊枝、あらため

お菓子の魅力を知ってしまったその日から…始まっちゃいます。

乳児さんのママ!要注意ですよ…!

泣きっ面に蜂、あらため

どんな状況でも子供が何歳でも、全世界共通…。1度は思ったことがあるママ、どのくらいいますか?

まるでママ達の本音大喜利!!

女性 笑顔

「育児ことわざ」いかがでしたか?あなたのお気に入りは見つかりましたか?^^

クスッと笑えるものや本当にあるある、と共感してしまうものまで。ママ(パパ)目線だと、ことわざもこんな風にアレンジできてしまうんですね♪

※ Twitter「#育児ことわざ」のツイートから引用させていただきました。

「#育児ことわざ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!