ぜんそくの既往症をもつ私が求めた、妊娠中のセカンドオピニオン

妊娠をして病院を受診した際、多くの方が「ぜんそくの既往症」について質問された経験があると思います。実は、これまでに一度でもぜんそくを経験している場合、リスクありとみなされることはご存知でしたか?今回は私が妊娠中経験した「セカンドオピニオン」と「転院危機」のお話を紹介します。ちょっと大げさな話なのですが…実話です。

妊婦のぜんそくは、なぜリスクがあるの?

妊娠中は、ストレスやホルモンバランスの急激な変化から、ぜんそくの発作を起こしやすいと言われているのです。

また、分娩時に使う医薬品の中には、気管支等を収縮させる副作用のあるお薬も存在するため、ぜんそくの既往症を持っている方には使えないという事からも、妊婦にとってのぜんそくはリスクがあるとされています。

もちろん、ぜんそくのコントロールには、ステロイド薬等も使用します。それが胎児にどう影響するのか、産婦人科医は守備範囲外のところもあるのです。

そこで求められるのが、「セカンドオピニオン」です。

私の場合…過去にステロイドコントロールをしていました

咳

小さい頃から耳鼻科系が弱く、鼻水や咳が止まらないことがありました。

学生時代から、何年か周期で咳が止まらず呼吸困難に近い発作が出てしまい、その時だけ一時的にステロイドコントロールをしていました。

現在ではステロイドを使わずとも良い状態になっています。

第一子・第二子は「ぜんそくあり」のタグ付きカルテ

カルテ

上二人の妊娠の時は、実家がある地域の病院で出産しました。その時は「ぜんそくあり」のタグがついたカルテで毎回チェックされていました。

出産時も異常時対応のルート確保で点滴を打たれたのですが、点滴台にも「ぜんそくあり」のタグがぶら下がっており医療事故防止チェックがなされていました。

第三子の妊娠時、引っ越しのため転院

第三子の妊娠が分かった時、私は以前住んでいた場所から引っ越しをし、引っ越し先にある産婦人科を受診しました。

初診時のチェックがとても厳しく、たくさんの用紙に、様々な事を記入した記憶が残っています。

その中で、既往症に関する内容等もさらりと記入しました。

喘息の患者さん、うちは診ないからと言われ呆然!

カ

妊婦健診中、産婦人科医に言われた言葉です。

どうも、リスクが高い産婦は、NICU等の設備が充実した病院へ転院を促すということでした。

ぜんそくの発作をおこして高度医療ができる病院へ転送するリスクを負うのであれば、最初から対処できる病院へ移った方があなたの為ですという話でした。

呆然とするしかありませんでした。

コントロールもできてますし、過去3年大きな発作はでていません。

女性

そりゃあ、反論します。

それに対し、医師は、対処できる病院は、大学病院や赤十字病院だとだけ言うばかり…。なんとか家から通院しやすい病院で出産できるすべはないか、一生懸命医師に話をしてみました。

「発作はでていません」「薬も不要になりました」

セカンドオピニオンで「意見書」をもうら事に

医師 日本人

それでは、ぜんそくの発作を起こさない健康状態であることを証明する、「意見書」を、呼吸器科のある病院からもらってください。

それはとても難しい話だと思うのですが、いかがでしょうか。と…。

一抹の不安を抱えながら、私はセカンドオピニオンを受けに、近所の呼吸器科へ出向きました。

意外にも、二つ返事で意見書発行!

医師 日本人

呼吸器科の先生に相談したところ、意外にも二つ返事で意見書を書いてくださることになりました。産婦人科経由で相談にこられる方が多いのだとか。

「意見書は書くけど、一応薬でコントロールしておいてね。」

と妊婦でも使えるステロイド薬を処方してもらいました。出産するまでコントロールをすることで一件落着しました。

私だけの命ではない

妊婦

実は、産婦人科医に転院を勧められた時、申し訳ないのですが、医療過誤をしないための病院側の保身だ!と憤りました。

けれど、先生がおっしゃる通り、妊婦さんだけではなく、赤ちゃんの命を守るための事でもあるんですよね。

この病院は、産婦人科よりも生殖医療を中心とした病院なので、お医者様の弁も納得できるようになりました。

そそて、この事をきっかけに、ぜんそくと向き合って、きちんとコントロールした上で出産に臨もうと考え直しました。

新しい命のために、既往症ときちんと向き合いましょう。

ぜんそくは、本当にいつ発作が起こるか分かりません。ぜんそく以外でも、何らかの既往症を持っている時は、必ず産婦人科の先生と相談をしてください。

そして、自分は、必ず赤ちゃんを産むことができる!と信じてください。

いろいろな診療科の先生がタッグを組んで、より良い方向に進めてくれることも過去の妊娠で身を持って体験しています。

病気を隠して妊娠期間を過ごすことだけは、絶対にしてほしくないなと思います。みなさんのお産が、とても素晴らしいものになりますよう、お祈りしています。

「産婦人科」「セカンドオピニオン」「妊婦」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!