産婦人科口コミ!東府中病院産婦人科(東京都府中市)の体験談

東京都府中市近郊にお住まいの妊婦のみなさん!もう出産する産院は決めましたか?近くにいい産院ありますよ!産婦人科・内科・小児科併設、特殊外来あり。産後のフォローアップも万全。病院食もおいしい、完全個室!3人目妊娠でわがままになっていた私が出産した産院。「東府中病院」を紹介します。是非病院選びの参考にしてみてくださいね♡

東府中病院について

東府中病院は1972年に設立。現在産科医9人、小児科医5人、内科医3人、助産師29人と数字から見てとれるように「府中地区の産科婦人科基幹病院」として診療しています。

そのほかに看護師、薬剤師、管理栄養理師、臨床検査技師と、個人病院では少なくなってきた「院内で事足りる雇用」もしっかりとした診療の基盤になっているのではないでしょうか。

基本情報

  • 住所:〒183-0005 東京都府中市若松町2-7-20
  • 電話:042-364-0151
  • アクセス:京王線 東府中駅 徒歩5分
  • 診療科:産科 婦人科 内科 小児科
  • 特殊外来:4Dエコー外来 不妊外来 乳腺外来 無痛分娩など
  • 診療時間:9:00~16:30(受付15:30まで)

医療法人社団新愛会 東府中病院

外来

外来ではWebでの予約が可能。コールは番号制になっており、モニターでの確認ができる。もし、担当医の診察が込み合っていて大幅に予約時間がずれ込んでいる場合、希望すれば他の医師に振り替え可能。

入院 設備など

  • 病棟は2フロアーに別れ産前が2階、産後は3階へ移動するので入院直後から分娩が終わるまで荷物を広げない方がよい
  • セキュリティ万全。夜間は警備員が巡回している。分娩室はパートナー、赤ちゃんから見ての兄姉、実母、義母以外立ち入り禁止となっている
  • 完全個室。場合により大部屋になるらしいが、まずないとのこと。個室にはシャワー完備のほか、共用のシャワー室がある
  • 入院中のパジャマ兼ガウンは1日何回でも取り替え可。ただバスタオルは持参しなければならない
  • 院内にはコンビニ、売店がないので甘いもの必須の人は持ち込んだ方がいいが、病院食で十分。夜食もあり。 出産2日目からラウンジにて食事ができるが、希望で個室でも可

私が東府中病院を選んだわけ

病院

それではまずは私がこの病院を選んだ、その理由についてご紹介させて下さい。ほんとうに素敵なスタッフばかりで感動です。

私がお世話になった東府中病院の体験談

ここを選んだ大きな理由は、無痛分娩で出産できること。妊娠5ヶ月アメリカから一時帰国のときに産院探し。そして、1件目「東府中病院」私は「ここで産む!」当日即決、予約金まで払いました。

ここまで私を動かしたのはなにか?自他共にわがままになっていた妊婦の私が決めたわけと退院までをお話しします。

わがまま妊婦の注文①無痛分娩と計画分娩

病院

無痛分娩、有痛分娩私はどちらも経験しました。無痛分娩。いったい何が楽か?下記の二点が私が思う無痛分娩の良いところです。

  • お産時の陣痛がない。
  • 産後の肥立ちが早い。

お産時の陣痛がない、については感じ方は様々です。お酒が強い人、麻酔を使ったことがある人は麻酔が効かない、ということも。

また産後の肥立ちが早い、に関しては、無痛分娩を経験した私のお友達ほとんどが口をそろえて言うこと。ただ、産後身が軽すぎて家事など張り切り体調崩した!なんていう人もしばしば。

無痛分娩にはメリットは十二分にあり、産後家族の助けがない、または自分の体力には自信がないという人にお勧めです。ただ、治療費が分娩費用にプラスして約10万円の費用がかかります。

そして、東府中病院で無痛分娩で出産する場合、計画分娩のみです。赤ちゃんの誕生日が自然に任せれないというデメリットがあります。そして、無痛分娩予約は出産予定日の2ヶ月前から。結構人気で無痛分娩が対応できる先生は浅野先生(男性)しかいませんから、早めに予約するのがおすすめです。

わがまま妊婦の注文②病室に本名ではなく、偽名を使いたい。そして、面会謝絶。

とにかく出産までの道のりがしんどい!!

妊娠してからの海外からの荷造り引越し、家具家電の購入、長男の入園手続きなどを経て分娩出産が最終ゴール。このフルマラソンの休憩と今後3人の子育ての充電期間をこの産後の少ない入院期間に当てました。

そこで思いついたのが、面会謝絶。そして、偽名での入院。誰が訪ねてきても案内しないでくださいとお願いしました。

わがまま妊婦の注文③とにかく入院中は寝かせて!!

病院 ベッド

出産後は入室を控えて!!わがまま②に続き、スタッフさんにお願いしたのは第一子出産時の教訓を生かし、忙しいカリキュラムから面会から逃げ出したい気持ちと睡眠確保の要求。

寝たい!寝たいんです!!!と懇願。夜間の授乳も助産師さんにまかせて長時間の睡眠確保。昼間だけ母子同室にしてもらい、赤ちゃんが寝ている間は一緒に寝る。最低限の検温だけ時間通りに、後は私が起きている時間を見計らって皆さん訪ねていらっしゃいました。

本当にこれは嬉しい対応でした。

わがまま妊婦の注文④痛い!やめて!!陣痛中の内診拒否。

痛みは最大のストレス!

分娩予約より前に産気づくことなく無事に前日入院となり無痛分娩の処置をスケジュール通りしていったのですが、前夜の処置が効いたのか、分娩日早朝には陣痛が5分間隔になっていました。

担当医「内診しますね」

その時の内診が麻酔が効いておらず地獄のような痛さ。暴れまわって助産師さんが私を押さえ付けようとしたとき。

担当医「いいよー、麻酔効いてからで~、先に麻酔いれちゃおー」…先生、あなたは神様です。

わがまま妊婦の注文⑤早く退院したい

ゆっくりと休みたいと裏腹に体が回復してくると、いくら個室とはいえ入院は自分のペースで生活できないもの。しかも家には寂しがっている愛息愛娘が待っている(実際は寂しがってなかったが)!とそこで担当の助産師さん経由で担当医に聞いてみました。

答え。経産婦さんならOK!なおかつ経過がいいことが条件なんだそう。私はその条件に見事クリア!出産3日目で帰宅してきました。

みんなが選んだ東府中病院!先輩ママの口コミ

妊婦

わがまま妊婦はわたしだけかな?と思っていたら、ほっこりする話もちらほら。東府中病院では分娩件数、年間1000件。

1000件あれば1000通りの出産、思い出、気持ちがたくさん。そんな口コミをいくつかご紹介します。

①口コミ多数!!食事がおいしい!!

叔母が出産したこともあったので、私も迷わず東府中病院にお世話になりました。
皆さんとても親切でした!食事は、病院ぽくなくてGood!美味しいおやつも出ます。
赤ちゃんは退院するまで看てくださるし、本当に良かったです。初めて出産される方お勧めです! 出典: www.bit-st.jp

ダントツに多かったのは食事がおいしいとの評判。中には嫌いなものをのぞいて出してもらった人もいるようです。

②口コミからの裏話。100パーセント全員満足にはならない!?

1人目に出産した際には、一緒に入院した人はみんながみんな、
「やっぱりここにしてよかった~~~」と言ってました。
先生も、助産師さんも、よい方ばかりでしたよ。(私にとって)
ただ、助産師さんに裏話をうかがうと、
「どんなに誠心誠意がんばっても、時には『こんなはずじゃなかった!』と
お怒りになって退院される産婦さんもいらっしゃる(T_T)」とのこと。
どんなによい産院であっても、100%全員満足ということはないということかもしれません。 出典: oshiete.goo.ne.jp

それはそうです、人間すれ違いだってあります。

③安心口コミ 助産師さんのやさしさと的確アドバイス

助産師さんが親切だったことが印象的です。母子分離可能なので、夜ゆっくり休みたいからと最初は赤ちゃんを預けましたが、なぜか充分に眠れません。すると、翌朝、「ママが目覚める間隔と、赤ちゃんが起きる間隔は、もともと合うようにできている。両方のリズムを揃えたほうが快復も早いし、おっぱいが出やすくなるから」と母子同室を薦めていただき、まさに仰ったとおりで感心した記憶があります。 出典: mamastar.jp

助産師さんの優しさが産後のママの心に染み渡ります。

シックスセンスには必ずわけがある!

病院 ベッド

どうでしたか??私のワガママなお願いにも、スタッフのみなさん快く臨機応変にこんな私をサポートしてくださいました。東府中病院のホームページをみてまず目につくのが、何とも背中がむず痒くなるようなタイトル「医は愛~ お母さまとあかちゃんのために」

でも、ここのスタッフさんたちはこれを真剣に体で表しています。医療従事者だった私から見ても「なるほど!」と息が漏れ出てしまうことも。

初回の来院時から、ドクターをはじめスタッフさんが、必ず目を見て丁寧に話すのは当たり前、必ず患者の目線まで腰をおろし、患者が話し終わるまで否定的にならずしっかりと話を聞きそれに近づけるように努力する。

そのすばらしい姿勢があってこそ、私にはいい出産の思い出ができたんだと思います。みなさんもいずれ必ず産院を決めることでしょう。もしかしたら途中で転院するかもしれません。

そして「ここで生む!」という思いは間違いではなく、お腹にいた赤ちゃんと最初の来院で感じ取ったんだ、と信じて赤ちゃんとの出会いを楽しみにしていただければと思います。

「口コミ」「産婦人科」「体験談」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!