私が実際に通院した仙台市のおすすめ小児科5選☆

転出入が多い仙台。引っ越してきてすぐに子供が風邪をひいた時など、どこに連れて行けばいいんだろう…?と悩むことも。赤ちゃんに、ママに優しい病院だとなおいいですよね?ここでは、実際に、筆者親子が受診したことがある、または、現在受診している小児科さんをいくつかご紹介します!これから小児科選びをするという方、必見です★

仙台市のおすすめ小児科5選!

転出入が多い仙台。引っ越してきてすぐに子供が風邪をひいた時など、どこに連れて行けばいいんだろう…?と悩むことも。

赤ちゃんに、ママに優しい病院を選びたいですよね?

ここでは、実際に筆者親子が受診したことがある、または、現在受診している小児科さんをいくつかご紹介します!

これから仙台で小児科選びをするという方、必見です★

1. 師小児科

我が家のかかりつけ医さんの師小児科さん。

仙台駅からも近く、地下鉄の駅も数軒隣にあり、バス停も近くにあり、専用駐車場もあるという、交通の便が非常にいい小児科さんです。

先生も看護師さんもやさしくて、いろいろ相談できますよ★

行くたびに混んでることが多いんですが、待っている間も絵本があったり、モビールがあったりで、子供も静かにニコニコしながら待てることが多いです。

乳児健診や予防接種もできるので、普段の病気以外にも利用できるのが便利です。

師小児科

小児科口コミ!師小児科(宮城県仙台市)の体験談

関連記事:

小児科口コミ!師小児科(宮城県仙台市)の体験談

子供が一番お世話になる小児科。お住まいの地域でもたくさん小児科があって…

2.仙台市立病院 小児科

医者 子供

外来を受診するには、他病院からの紹介・外来予約が必要ではあります。午前中が普通の外来受診時間で、午後は専門外来の時間になります。

風邪のシーズンや月曜・金曜の午前中は混んでいますが、曜日によってはさほど混まない時もあると看護師さんがおっしゃっていました。

我が家では専門外来でお世話になっていますが、やさしい先生と看護師さん達で毎回ほっこりしながら治療を受けています。

仙台市立病院は移転したばかりで綺麗で小児科の待合室も広くて居心地よいです♪

また、仙台市夜間休日こども急病診療所が同じフロアにありますので、夜に何かあっても受診できます。我が家でも何回か夜間にお世話になっています。

仙台市立病院

仙台市夜間休日 こども急病診療所

3. 仙台医療センター小児科

仙台駅の東側にある病院です。電車やバスで行けるので交通の便はいいです。

他の総合病院さんと同じで午前中は一般の外来です。専門外来は罹る病気によって曜日と時間帯が決まっているので、予約の際に確認が必要です。

アレルギー疾患などの免疫疾患に力を入れていらっしゃるそうで治験も行っているようです(我が家はまだアレルギーはでていないので未経験です)。

赤ちゃんに優しい病院の認定も受けていて、先生方もやさしい方々です。あと、テレビやゲームの視聴についてもいろいろご意見やご説明受けることができるので安心です♪

仙台医療センター小児科

4. めときこどもクリニック

医者 子供

先生は穏やかな話し方で丁寧に診察をしてくれます。看護師さんや受付の皆さんもいつも笑顔で優しく声をかけて下さいます。

アイチケットが導入されており、ネット予約で順番を把握できるので、待ち時間が短くとても便利です。

また、重篤な症状の場合は個室対応もしていただけるので、そこはいいなと思えるところですよね♪

めときこどもクリニック

5. 宮城県立こども病院

仙台市中心部からは離れますが、交通の便はJRやバスが使えるので悪くないと思います。

病院全体が写真のような感じで明るい雰囲気で、ロビーには光るエレベーター、大きな滑り台があって、どこかにありそうなテーマパークのようです。

先生方もやさしく丁寧に病状などご説明して頂けます。

外来の待合室には保育士さんがいて子供と一緒に遊んでくれますので、待ち時間があっても子供も退屈せずに待つことができるので親も安心です。

宮城県立こども病院

親子で通いやすい、かかりつけの小児科を見つけましょう♡

子供 風邪

風邪や鼻づまり、湿疹などで小児科にかかることは想像以上にかなり頻繁に行く機会があります。

口コミなども重要なのですが、一番は親子で通いやすくて、いろいろ相談できる小児科医さんを見つけることだと思います★

これから寒くなり、風邪などかかりやすい時期になります。是非、「我が家のかかりつけの小児科」さんを見つけましょう。

「仙台」「小児科」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!