お腹の張りに気付けない…私の妊娠後期のプチトラブル体験談

私は「マイペース」妊婦さんで、お腹の張りもいまいち自覚できない鈍感な人で、周りの方がハラハラしていたみたいです。そんな私の体験談を今回は紹介します。きっと中には共感してくれる妊婦さんもいるはず。初めての妊娠でわからないことだらけの方、是非参考にしてみてください。

PIXTA

「マイペース妊婦」の私に起こった妊娠後期のプチトラブル体験

自分ではトラブルがあるとは感じていなかったんですが、私は「マイペース」妊婦さんで、お腹の張りもいまいち自覚できない鈍感な人で、周りの方がハラハラしていたみたいです。

1.お腹の張りがイマイチわからない

私、いまいち「お腹の張り」がわからず、なんか変だな?と思っても、「今日はお通じまだだからかな?」くらいの感覚でしかいませんでした。

しかし、その「なんか変だな」こそがいわゆるお腹の張りだったらしく、ある日の妊婦健診時に「切迫早産の一歩手前!」とお医者さんに言われ、診断書が出て、即産休入りとなりました。

お腹の張りを少しでも感じたら身体を休ませたり、それでも治らない時には病院に行ったりして、自分の体を気遣ってあげてくださいね。

2.安静の程度がわからない

妊婦 PIXTA

思いがけずに産休に入ったわけですが、お腹が「なんか変」以外はいつもと変わらず、病院からは「安静にできるならウメテリン毎回1錠しっかり飲んでください。」ということで自宅にいたんですが、この「安静」の程度がマイペースな私にはいまいちわからず。

普段の休日は遠出することが多かったので、遠出じゃなければ良いのかと思ったら、なかなか張りが良くならないことに不思議に思ったお医者様から、そういうことじゃないと妊婦健診で怒られ…。

どうしても動かなければいけない時は、「自宅から半径2キロ以内で、何かあったらすぐに病院に駆け込める範囲」という指示を受けて、正産期になるまでの間は守っていました。

お医者さんからは「なかなかのマイペースな方ですね…」と毎回言われていました。

3.前駆陣痛

妊婦 PIXTA

噂に聞いていた前駆陣痛。私の場合は、臨月に入ってすぐから始まり、約ひと月続きました。最初はもう「何だ?この痛みは!」と病院に電話をかけて即受診。前駆陣痛と知ってからは、少し様子を見て、おかしい時だけ受診していました。

前駆陣痛が長かったので、本陣痛の際になかなか気づかず、「また、前駆だよなぁ」と思っていたんですが、これは違うかもしれないと気づいた時は、陣痛の間隔が3分弱になってしまったこともあり、かなり焦ってしまいました。

4.臨月からの不眠

妊婦 PIXTA

前駆陣痛が始まってからほぼ同時に不眠も始まりました。痛みに敏感になっていたから、ということもありますが、眠たいはずなのになかなか寝られずに朝になることもしばしば。

横になっているだけでもいいという助産師さんからのアドバイスで、横になってリラックスできるように頑張ってみることも多々ありました。

5.出産前数日での体重増加

今回の妊娠で一番がっくりしたことが、出産前数日間での「体重増加」です。出産前の検診では、トータルでの体重増加は我ながら「こんなものだろう」と思っていたんですが、そこから出産日までの2日ぐらいの間で数キロ増加してしまいました。

普段通りの食事と食事量だったはずなんですが、増えてしまったことが私自身、結構ショックでした。

トラブルをくぐりぬけて赤ちゃんに会おう

妊婦 PIXTA

妊娠中いろいろなことが起こるかと思いますが、それらをうまく潜り抜けたら、赤ちゃんともうすぐ出会えますよ♡出会えるまでは大変かもしれませんが、産まれてきた赤ちゃんを見ると、それまでの大変さも全部吹っ飛びます!

今、大変な思いをしているプレママさんも、もうちょっとの辛抱ですよ!赤ちゃんと出会えることを心待ちにしつつ、この時期を乗り切りましょうね。

今話題の記事

「妊娠後期」「お腹の張り」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧