小児科紹介!高田内科クリニック(大阪府柏原市)

大阪府柏原市にある高田内科クリニックは、駅前の商業ビルに入っているきれいな病院。小児科の他に内科、呼吸器科、アレルギー科を掲げるお医者様です。子供の急な病気や予防接種などの際、何かとお世話になるのが小児科ですが、最近子供に多いアレルギーなどもしっかり診てもらえます。口コミ体験談を交えてご紹介します!

高田内科クリニックは、駅前にある便利なお医者さん!

高田内科クリニックは、大阪府柏原市にあります。JR柏原駅前の商業ビル内で2009年に開院されました。同じフロアには歯科医院やペインクリニック、またビル1階にはスーパーや銀行も入り、市内でも好アクセスの便利な病院です。

診療科目は小児科の他に内科、呼吸器内科、アレルギー科。子供だけでなく家族みんなでお世話になれる病院です。

基本情報

  • 住所 大阪府柏原市上市1丁目2-2 アゼリア柏原4階
  • TEL 072-972-6789
  • 診療科目 小児科、内科、呼吸器内科、アレルギー科
  • 診療時間 午前9:00~12:00 平日 午後17:00~19:30 土 午後13:00~15:00
  • 休診日 木曜午後、日、祝
  • アクセス JR柏原駅西口より陸橋で直結(3階)
  • 駐車場 アゼリア柏原 2階駐車場を利用

高田内科クリニック公式サイト

院内の様子は?口コミと私の体験談からご紹介します

病院 子供

実際に受診された方の口コミと、家族揃ってお世話になっている私の体験談を交えて病院の様子をご紹介します。

先生はこんな人

呼吸器内科での経歴があり、特に呼吸器系の病気に詳しい先生ですが、一般的な子供の病気もよく診てくださいます。

穏やかな口調で、優しい人当たりの先生です。これは個人的見解になりますが、こちらの話も静かに聞いてくださるので、病状などについても相談しやすく、安心して通院できます。

最近の子供に多いアレルギーや喘息などの診察もしっかりしてもらえます。呼気の検査なども導入し、「隠れ喘息」と言われる、症状のない喘息の発見にも力を入れておられます。

先生に関する口コミ

うちの娘も重度手前の喘息疾患があり、娘は何年も辛い思いをしてきました(;_;) そんな時に国家認定医師という存在を知り、探した結果、先生に出会いました。病院まで一時間以上かかりますが、先生のおかげで娘はすっかり発作の頻度が減りました! 出典: www.oishasan.jp

日本呼吸器学会にも所属しておられ、呼吸器系の病気には特に詳しい先生です。喘息治療で通われている患者さんも多いです。

一通り症状をヒアリングしてくれた後、 診断をしてくれるのですが、あまり質問をする時間が無いように思います。
どう過ごしておけば良いかなど、聞きたい事があるのですが、「はい。終わりです。」と一方的に言われると、しんどい時は、あまり言うのも気が引けます。

体調が悪い日が何日か続いて来院しているので、もう少し話しやすい方ならなと思います。
(人により、受け取り方などが違いますので、印象が違うのでしょうが。) 出典: www.ekiten.jp

確かに、自分からは質問を促してくれるタイプの先生じゃないかも。こちらの話は静かに聞いてくださるので、気になることはしっかり聞いて帰りましょうね。

受付

受付では、通常二人で対応されています。交代制で複数のスタッフさんがいらっしゃいますが、どの方も優しく親切に対応してくださいます。

2歳頃からお世話になっている娘は、行くたびに「大きくなったねえ」と声をかけてもらいます。皆さん、身内のように親しく接してくださいます。

待合室

大きな窓が採られた待合室は明るく清潔です。

小児科をされているだけに、子供向けにおもちゃや絵本、漫画などが置かれたコーナーもあります。少しですが座って遊べるスペースもあるので、小さい子はそこで遊んでいます。子供にとって退屈な待ち時間も、楽しく遊んで過ごせます。

感染症などの可能性がある場合には別室で待つことになります。

待ち時間

風邪などが流行する秋から春先には、待ち時間はやはり長くなります。前の患者さんの診察内容によっては1時間ほど待つことも。

子供が高熱を出した場合や、感染症が疑われる場合などは電話で相談してみます。その場で受け付けをし、順番が近づくと折り返し電話をくださるなど、病院での待ち時間が少なくて済むように対応してくださいます。

子供は待ち時間、つらいですからね。遊んで過ごせるのは助かります。うちの子は診察が終わっても、本を読み終わるまで帰ろうとしません。

設備

診察室で診察を受けますが、その他病状に応じて、X線検査や心電図検査なども受けられます。
大きな検査が必要な場合などは、市立柏原病院との連携が取られています。

また、診察室奥の処置室では、カーテンで仕切られた個別のベッドで点滴などを受けることもできます。

看護師さんが通常二人態勢で様々な処置を行ってくださいます。看護師さんも優しく親しみのある方ばかりです。

お薬の処方

小児科 薬

こちらの先生はお薬の処方が多いです。

体力の落ちない間に、お薬でまずがつんと病気を抑えようという考えの下だと解釈していますが、子供に対して薬ばかりというのも心配ですね。

子供に薬は不要とされる小児科も多いですし、その扱いについてはお医者様でも意見が分かれるところだと思います。

子供の病状を見た上で、薬を使用するかどうか、保護者の判断も大事です。子供の様子が一番わかるのは、やっぱりお父さんお母さんです。

近くの調剤薬局

お薬は院外処方です。

同じビルの3階(1階下)に調剤薬局があります。もちろん他の調剤薬局でも調剤してもらえます。

予防接種

小児科 注射

定期接種分は問題なく受け付けてもらえます。

簡単な診察の後注射を射って下さいますが、看護師さんも補助してくださるので安心です。クリスマスシーズンなどはおもちゃを用意してくださったりもしますよ。

任意接種分については、地域の中では少し高めの料金設定だと思います。

高田内科クリニックのメリット・デメリット

私が感じた高田内科クリニックのメリットとデメリットを記載しておきます。病院によっていろいろと違いがありますが、小児科選びの参考にしてみてください。

メリット

  • 駅前ビル内でアクセスが良い!駐車場もあります。
  • 呼吸器の疾患に詳しい先生
  • 病院内の設備がきれい
  • スタッフさんが気さくでアットホームな雰囲気
  • 調剤薬局が同じビル内。エレベーターの移動だけで済むのは意外と便利です。

デメリット

  • 小児科以外の診療も行うため、大人の患者さんも多い
  • 時期によっては混み合い、待ち時間が1時間近くになることもあり(外出可)
  • 薬の処方が多い
  • 予防接種の料金が、地域の中では高め

我が子の体験談!隠れ喘息が見つかり、治療中です。

こちらの病院にお世話になるきっかけとなった体験談を少しお話したいと思います。

悩んでいた夜中のいびきが治まったんです

子供 いびき

うちの子は小学校の耳鼻科検診でアレルギー鼻炎を指摘されました。寝ている間のいびきも気になっていて、地元の耳鼻科で診てもらっていました。が、2年間通院してもなかなか治らないので、思いきってこちらの先生に相談しました。

耳鼻科とはまた違うお薬を処方していただんですが、1週間もすると夜中のいびきがぴったり治まったんです!次の診察の際にお礼を言うと、先生は「薬が合ったんだね」とおっしゃっていました。

呼吸器に詳しく、大人も含めて喘息や鼻炎などの患者さんの治療に当たっておられる先生です。「耳鼻科」ということにこだわらず、もっと早く相談しておけばよかったと思いました。

最初の病院が悪かったというようなことではなく、患者本人と治療の相性というのはあると思います。近くにいい病院が見つかって、本当によかったです。

呼気NO検査で我が子の「隠れ喘息」を発見

子供 喘息

先日、先生から呼気の検査をしてみようと言われ、子供が受けたのが「呼気NO検査」。これは、喘息の有無を調べるための検査です。

いびきは治まったものの、鼻炎の方がなかなか治りきらないので、先生が検査を判断されたようでした。

その結果、実は喘息だということが判明!喘息らしい症状が全く現れていないうちの子ですが、のどに、喘息特有の炎症がある状態だそうです。今は喘息の薬で治療を開始してもらっています。

うちの子のように「特徴的な症状はないが、実は喘息」というのが「隠れ喘息」。判明するケースも、全国的に増えてきているそうです。

子供の様子を知ってくれている病院なので安心

鼻炎と喘息の話に偏ってしまいましたが、これまで溶連菌感染症や胃腸炎など何かとお世話になっている我が家です。

普段からの子供の様子を知ってくださっている先生や看護師さんなので、小児科としても安心して相談できます。

赤ちゃんが生まれたら、まずはかかりつけの小児科医を持ちましょう

小児科

子供には、できれば病気知らずで大きくなってほしいですよね。

けれども成長の過程でどんなトラブルに遭うかはわかりません。幼稚園や学校に通うようになると、感染症をもらってきたり、思わぬケガをすることもあります。

そんなとき、普段からの様子を把握しているかかりつけのお医者様がいてくれると、とても心強いものです。予防接種を受ける際も、今かかっている病気や飲んでいる薬がわかっていると安心ですよ。

お子さんが生まれたら、安心して治療を受けられる小児科の病院を見つけてくださいね。

「口コミ」「体験談」「高田内科クリニック」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!