おしゃれママ必見!この秋GU(ジーユー)で旬の5つのアイテムを紹介☆

プチプラとクオリティの高さで、ファストファッションの中でも人気の高いGU(ジーユー)。おしゃれは楽しみたいけれど、子どもと一緒だと汚しちゃうかもしれないから高い洋服をあきらめていたママにも強い味方ですよね。今回はGU(ジーユー)の旬なアイテムの中から、特に育児真っ最中なママにおすすめの5つをご紹介!

育児中も大活躍なGU(ジーユー)アイテムをご紹介☆

小さな子供のお世話をしていると、洋服が汚れたり、しわくちゃになったり…。気になるとおしゃれを楽しめなくなって、いつも部屋着みたいなコーディネートになっていませんか?

GU(ジーユー)は、トレンドをおさえつつも、プチプラなアイテムが多いので、育児とおしゃれの両立ができちゃいますよ!今回は、今年の秋冬アイテムから特におすすめの5つをご紹介します。

①ニットテーパードパンツ

ニット素材で季節感のあるテーパードパンツ。形がきれいで、履いていて楽だと好評です。

コーディネート例♡

ニットボトムスの種類が豊富な今季のGU(ジーユー)。その中でもおすすめなのが、裾にかけて細くなるテーパードパンツです。

子供のお世話にありがちなしゃがんだり、走ったりする動作も、裾さばきのいいシルエットで気にならないのがうれしいですね。同じような色のニットのトップスで、セットアップ風にするのも今年らしい着こなし。

ニット素材のボトムスは、自分に合った形を選ぶとスッキリと履けるので、試着をおすすめします。

②ボトルネックチュニック(長袖)

ローゲージのざっくり感がかわいいニットチュニック。ちょっと大きめサイズが今年の狙い目。

コーディネート例♡

ゆるっとしたシルエットと、トレンドのボトルネックが人気のこちらのニット。お尻まで隠れる長さなので、産後でまだ体型が戻っていないママにはありがたいですね。

ボトムスにインしたり、丈を短めに見せてもかわいいですよ!下半身をタイトにまとめるのも素敵ですし、ワイドボトムスに合わせるとより今年らしくなりますね。

チクチクしにくい手触りなので、赤ちゃんを抱っこしても安心です。

③ウールブレンドチェスターコート

シンプルな襟のデザインがスッキリとした印象のチェスターコート。甘めにも辛めにもコーデできます。

コーディネート例♡

羽織るだけで今年らしく決まるチェスターコート。やや長めの丈感でトレンドをおさえつつも、少し細身のスッキリとした形なので、ワイドシルエットのボトムスとの相性もgood!

ウールブレンドで、温かさと高級感がプラスされているのもうれしいポイントですね。中に着る洋服によって、カジュアルなママ友ランチにも、カチッした子どもの行事にも着ていける優秀な1枚です。

④ムートンタッチブーツ

スタンダードな形でどんな服にも合わせやすいムートンタッチブーツ。990円+消費税と激安なので、色違いで欲しくなりますね。

コーディネート例♡

寒い季節に重宝するのがこのムートンタッチブーツ。中がモコモコでとても温かいです。しかも、取り外し可能なインヒールがついているので、うれしい足長効果も!

しっかりと足裏がつくので、子どもを抱っこしても安定感があります。

毎年定番のブーツですが、今年は水をはじきやすく、雨や雪の日でも滑りにくくなってパワーアップ。子供用のサイズもあるので、親子でおそろいにするのもかわいいですね!

⑤ウールブレンドケーブルワンピース(長袖)

ウールブレンドで温かいニットワンピース。編み目の模様がポイントの、かわいらしいデザインです。

コーディネート例♡

ワンピースは1枚でコーディネートが完成するので、助かるアイテムですよね。ニット素材なので腰回りにも余裕があり、産後で体型が戻っていない人でも楽に着られます。

シンプルな形なので、そのまま着るときは小物や足元にトレンド感を入れて遊んでみましょう。パンツやタイツに合わせても違う印象になるので、着回しも楽しめます。

GUでママもおしゃれコーデを楽しもう!

こちらで紹介したアイテムは990~4,990円+消費税という、うれしいプチプラばかり。これなら汚れも気にせず、子どもと一緒に思いきり遊んであげられますよね。ママがおしゃれして明るい気分になれると、子どももきっと笑顔になります!

GU(ジーユー)はベーシックなアイテムでもしっかりとトレンドをおさえたものが多いので、いつものコーデにプラスするだけで流行を取り入れられますよ。カラーバリエも豊富なので、いつもワンパターンなコーデにお悩みの方はいろいろと試してみてくださいね!

「GU」「アイテム」「ママ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!