生後5ヶ月・6ヶ月から始まる離乳食にベビーチェアがおすすめ!口コミで人気の椅子4選

ねんね期がそろそろ終わる生後5ヶ月頃。ママのお膝の上や縦抱っこの方がご機嫌になるようになります。寝返りを始める赤ちゃんもいて、ますますママは目が離せません。ずっと抱っこしていると家事も進まないし、だんだんと体重が増えてきた赤ちゃんの抱っこでママも大変です。そんな赤ちゃんたちを座らせておけるベビーチェアを紹介します。

PIXTA

高い高いやおすわりでご機嫌!4ヶ月の赤ちゃん

生後4ヶ月の後半になってくると赤ちゃんの首もすわり、うつぶせで頭を持ち上げる姿勢もできるようになってきます。ねんねしていると不機嫌になり、ママのお膝でおすわりさせたり、パパの高い高いでケラケラ笑ったりする子もいますね。赤ちゃんの目線が高くなり、いろいろなものに興味をもってくる時期のようです。

しかし起きている間ずっとこうしていると家事が全くできません。新生児期に比べて、起きている時間も増えるこの時期に寝返りを始める赤ちゃんもいて、ますますママは目が離せません。

これを解決する方法はないかと思いライター自身も試して購入したものを紹介したいと思います。

おすわりは離乳食スタートのサインです!

いす PIXTA

ちなみに、生後5・6ヶ月は離乳食をそろそろ始める時期と言われています。こんなサインが見られたら離乳食をスタートしてみてもいい頃です。

離乳食スタートのサイン

  1. 首がしっかり据わっている
  2. パパやママが食べる様子に興味を示す
  3. よだれの量が増えてきた
  4. スプーンを口に入れても舌で押し出すことが少ない

離乳食の準備にもぴったり!おすすめベビーチェア

いす PIXTA

離乳食の準備リストにも入っているベビーチェアですが、この時期はまだ腰もすわっていないので背もたれつきのものがおすすめです。どのイスにするかはお部屋の環境はもちろん、赤ちゃんの大きさも考える必要があります。おすわりの練習をさせて、そのまま離乳食がスタートできるといいですよね。

おすすめのベビーチェアをいくつか紹介します。

1.まだ安定しないおすわりもやさしく支えるハイローチェア

ベビーラック ハイローチェア スイングハイローラック エスコート KATOJI

新生児期から使用すれば長く使えて便利ですが、おすわり時期から購入するには、少々高価です。

ダイニングテーブルの横に置ければママも赤ちゃんに食べさせやすいですが、場所をとるので、購入する場合はお部屋のスペースを考えたほうが良いかもしれません。今回紹介する中ではしっかりしたベビーチェアだといえます。

2.ママに人気のバンボ

ウレタン素材なので、柔らかく赤ちゃんをしっかり支えます。専用のトレイをセットすれば、お食事もそのままできます。

ママなら誰でも知っていると言われるほど、流行りのバンボ。「ちょっと待ってて!」を可能にしてくれると大変人気です。

赤ちゃんの首がすわるころから使えるので、ママも安心ですが、赤ちゃんの成長具合にもよりますが、使用期間はやや短めです。赤ちゃんにピッタリフィットする構造なので、細身の赤ちゃんにはオススメです。

3.バンボがだめでもこれなら・・カリブ ソフトチェア

バンボに似たソフトチェア。バンボに比べやや大きめな作りです。トレイつきで離乳食用にもぴったりです。

首がすわる生後3・4ヶ月から使えるソフトチェアです。バンボが小さめな作りなので、あきらめたママさんもこれなら入ると購入されたかたもいます。

価格も買いやすい値段なので、比較的手にとりやすいです。離乳食に便利なトレイも付属されているため、おすわりからそのまま離乳食を食べさせられます。バンボ同様使用期間は短めです。

4.便利な2way!リッチェル 2WAYごきげんチェア

リッチェル 2WAYごきげんチェア ライトグリーン

床置きにもイス置きにも対応している便利なベビーチェアです。太もも部分がベルト固定なので、ムチムチちゃんでも窮屈さがなく安心です。

5歳までとかなり長い期間使えるのもうれしいポイントですね。コストパフォーマンスの高いベビーチェアだといえます。

赤ちゃんの成長や大きさに合わせて選ぶことが大切☆

いす PIXTA

いかがでしたか?赤ちゃんがちょっと座っててくれるだけでもママは大助かりですよね。ママの家事時間を増やし、離乳食の準備もできるベビーチェアはまさにママの救世主です。

赤ちゃんの体型にも個人差があるため、どれが合うかはよく検討する必要がありそうです。赤ちゃん用品店などで、試すことができる場合には、試して購入したいですね。

楽天で「ベビーチェア」をもっと見る!

今話題の記事

「生後5ヶ月」「ベビーチェア」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!