赤ちゃん連れの新幹線旅行♪お出かけ前に準備してよかったものと移動のコツ!

初めての赤ちゃんと一緒の新幹線旅行、とっても楽しみですよね!授乳やおむつ替えはどうするの?など知っておきたい基本から事前準備、コツを知って、移動を楽しく乗り切りましょう。私自身、里帰りから自宅へ帰る1か月の頃から数回の新幹線移動を経験しましたので、その体験も踏まえて紹介します。

ドキドキ!初めての赤ちゃん連れ新幹線旅行の基礎知識

産後1ヶ月が過ぎ、ママも赤ちゃんとの生活に慣れ始めたら、どこかにおでかけしたくなるもの。

夫婦2人だけの頃に比べると気軽には外出しづらくなりますが、事前準備と心がけで遠出の新幹線旅行も可能です。

とは言え、赤ちゃんには予測不可能な事態が起こることもあり、周りの乗客のことも考えると不安になるかもしれません。

実際、私が初めて赤ちゃん連れ新幹線移動をする前は、トラブルを何パターンか想定して考え過ぎ、逆に不安が募ってしまいました。

今回は、赤ちゃん連れ新幹線旅行を、赤ちゃんもママも楽しく過ごせるようなポイントを紹介します。

1.赤ちゃんの乗車料金は?

赤ちゃん 電車

1歳未満の乳児、1歳以上未就学の幼児は無料です。

ただし、乳児や幼児が1人で指定席やグリーン席を利用する場合や、おとなやこども1人に同伴する幼児が3人以上の場合の3人目から、こども料金での切符購入が必要です。

もちろん、幼児が1人で旅行する場合もこども料金での切符購入が必要です。

2.ベビーカーはどうすればいい?

赤ちゃん ベビーカー

新幹線ではベビーカーを折りたたむ必要はないそうですが、他の乗客の迷惑にならないように工夫しなければいけません。

一部、車いす用スペースにベビーカーのマークがありますので、譲り合って利用できる場合もありますが、基本的には各車両の一番前か、後ろに指定席を取ってしまうのがベストです。

一番前か後ろの席には、若干の足元スペースに余裕があるので、折りたたんでそこに置いてしまうのがいいでしょう。

もしも一番前か後ろの席が取れなかった場合も、自己責任で一番後ろの座席後ろに置かせてもらうという手もあります。

私の場合は、折りたたんでしまうとしてもベビーカーが煩わしかったので、抱っこひもオンリーで乗車しています。

もし、出先でベビーカーがどうしても乗りたい場合は現地でレンタルするか、ホテルにレンタル商品を送ってしまうなどで対応しています。

3.授乳やおむつ替えどうする?

赤ちゃん 授乳

できるだけ授乳やおむつ替えを済ませて、万全の態勢で乗車するのはもちろんですが、急なぐずりやおむつ替えは起こり得ます。そんなときには新幹線の多目的室が便利です。

ただし、使用の際には乗務員に声がけが必要ですし、体の不自由な方の利用が優先で、いつでも空いているわけではありません。
乗務員室を使わせてもらえる場合もあるそうですが、それもいつでも使用できるわけではありません。

おむつ替えだけの場合は、様式トイレにおむつ替え台が設置されているので、そちらが使用できます。お湯は自分で準備しておかなければいけませんが、電子レンジであっためてくれることもあるそうです。

ケープが便利!

私はまだ車内でおむつ替えをしたことはありませんが、ぐずって授乳をしたときはケープを使用しました。

わざわざ声かけをして多目的室に行くよりも早いので、まだケープの使用に慣れていなければ、練習しておくのもいいかもしれませんね。

ママ必見!赤ちゃん連れの新幹線で知っておくべき6つの事

関連記事:

ママ必見!赤ちゃん連れの新幹線で知っておくべき6つの事

赤ちゃんを連れて新幹線に乗ってお出かけしたい!そんなとき、料金はいくら…

新幹線旅行に持っていくべきものと長時間移動を乗り切るコツ

赤ちゃん 電車

新幹線旅行の必需品だと感じたのは下記の品々。

  • おむつ
  • おしりふき
  • 着替え
  • おもちゃ
  • 授乳グッズ
  • お茶
  • お菓子
  • 抱っこ紐
  • バスタオル

新幹線旅行と言えども、赤ちゃん連れのお出かけに必要なグッズは特に変わらないかと思います。

他の乗客の迷惑にならないよう、おもちゃはなるべく音のうるさいものを避けるのがいいでしょう。

赤ちゃんによって様々かと思いますが、うちの息子の場合は、抱っこひもでゆらゆらすればすぐに眠るので、抱っこひもは必須でした。

その他、気温の調節のためにバスタオルなどもあれば便利でした。

移動中寝てくれるのが一番なので、安眠を促すためのグッズ、寝ない場合のあやすためのグッズ。赤ちゃんそれぞれのお気に入りを持って行きましょう。

長い移動を乗り切るコツは?

家族 赤ちゃん

ぐずり対策のグッズであやしていて、それでもダメな場合はデッキに移動するなど他の乗客の方への配慮は忘れないようにしてください。

パパもママも神経を使って疲れてしまうと思いますが、赤ちゃんも初めての場所、経験に不安でいっぱいかもしれませんのでがんばってくださいね。

赤ちゃんの負担のことも考えて、できることなら混雑時を避けて、時間にも気持ちにも余裕のある旅行計画を立てることも大切です。

また、赤ちゃんの昼寝時間を調節して移動時間に昼寝させるなど、日ごろのお世話から訓練しておくと便利なこともあります。

赤ちゃん連れ新幹線旅行は怖くない!

事前の準備と心がけがあれば、長い移動も怖くありません。

我が家の初めての新幹線旅行もいろいろ心配なことはあったものの、終わってみれば移動中はほぼ寝てくれて、主人との連携プレイで楽しく過ごせました。

ゆったりとした気持ちで余裕をもって行動すれば赤ちゃんも安心してくれるはず。

是非楽しいお出かけの思い出を作ってあげてくださいね!

「赤ちゃん」「新幹線」「旅行」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!