妊娠中期以降のコート選び!暖かくてオシャレなコートをCHECK♡

妊娠中の皆さん!冬のコート選びに苦労されていませんか?お腹がどんどん大きくなってきて少しでも冷えを防ぎたく着膨れしてしまいオシャレのオの字もない・・・なんて避けたいですよね!寒~い冬に妊娠経験が2回あるライターがその経験を元にトレンドを交えて妊娠中のコート選びについてご紹介します。

妊娠中のコート選びのポイントは?

まずポイントを上げてみましょう。

  1. 暖かい
  2. お腹周りのボタンやファスナーが閉じる事が出来る
  3. 重すぎない
  4. 出産後も着られるか
  5. オシャレ
  6. 着る時期が限られているのでハイプライス過ぎない

これらを全て満たすコートがあるのでしょうか?もしくは優先順位を付けるとしたら・・・?ポイント別におすすめコートを見てみましょう♪

出産後も着られるオシャレなトレンドコートは?

女性 コート

妊娠中はもちろん、出産後も着られるコートを買っておけば絶対お得ですよね♡是非参考にしてみてくださいね!

肩が落ちた作りのコクーンコートがおすすめ!

妊娠中はいつもよりビックサイズの服を買ってしまいがちですが、肩幅が合わないので、かなり野暮ったくなってしまいます。何より出産後は格好悪くて着る気がおきないですよね。

そこでおススメなのは、トレンドのコクーンシルエットのコートなんです!肩が元々落ちている作りの商品が多く、なおかつお腹周りも大きめに作られいるのです☆

最近は適度にオーバーサイズの服をガバッと着るのがトレンドなので、このタイプのコートなら産後も素敵に着ることが出来ますよ♪♪

  • 商品名:ビッグ襟シャギーコクーンコート
  • サイズ:M
  • カラー:ブラック・チャコールグレー・キャメル
  • 値段:¥10,584税込

ビッグ襟シャギーコクーンコート

プチプラなコクーンシルエットのコート♡

我らがプチプラ情報GUの商品です♪♪こちらもコクーンシルエットで、トレンドのチェスターコートです。

ダンボールニットという大変軽い素材で作られている為、その点でもおススメです☆

  • 商品名:カットソーチェスターコートB
  • サイズ:XL(現時点でオンラインではXLのみ)
  • カラー:ブラック・グレー
  • 値段:¥3,990 +消費税

カットソーチェスターコートB

出産後もママコートとして着られるコートは?

ママになったら、赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこし、その赤ちゃんの背中をくるむように温めるダッカー付きのコートが必要になります☆

ダッカー付きのコートで妊娠中も着られるコートをご紹介しますね☆

着膨れしないからオシャレに着れる♡

ふわさら・ボリューム襟3Wayママコート
ふわさら・ボリューム襟3Wayママコート

¥14,990

<素材>ナイロン 60% ポリエステル 40% <サイズ>肩幅44cm総丈83cmバスト49cmウエスト51cm裾幅62cm袖丈60cm袖口17cm
販売サイトへ

こちらの商品は、3WAY(妊娠中、抱っこ用、自分用)になっており、大変長い期間着られますよ!暖かいのに着膨れせず柔らかく優しい雰囲気が画像を通しても伝わってきますね☆

様々なカラーバリエーションがあっておしゃれ♡

ベビーケープ付きママコート
ベビーケープ付きママコート

¥9,990

■サイズ等[M/L]総丈[90/93]胸囲[96/104]肩幅[37/39]袖丈[63/64]アームホール[44/46]袖口[28/30]裾周り[117/124]襟ぐりの幅[22/22]襟ぐりの深さ[7.5/7.5]ダッカー丈[68/68]表地:ポリエステル100...
販売サイトへ

こちらも3WAYのロングダウンジャケットになります☆臨月でも着られるダウンなんて有難いですよね♪♪

やっぱりダッフルは外せない♡

ボリュームフード ダッフル ママコート
ボリュームフード ダッフル ママコート

¥15,228

品質:ポリエステル96%、レーヨン4%<br>    
販売サイトへ

こちらももちろん3WAYでトレンドのダッフルコートになります☆

あなたはどのコートにする?

妊婦 服

いかかでしたか?妊娠中のコート選びのポイントをいくつか上げましたが、ご紹介したコートはそれぞれ強みをや特徴を持っていましたね☆

ライターの場合は、実は選びきれなくて、ママコートを1着、トレンド色が強いコートの2着買いました。そしてそれぞれ今もヘビロテしています!

同じ妊娠中でもまだそれほどお腹が大きくなっていない場合は、トレンドのコートで楽しんで、臨月やそれに近い場合はより暖かい3WAYタイプを選ぶといいかもしれないですね☆

後悔の無いコートを選んで幸せな妊婦生活を送ってくださいね♪

「妊娠中」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!