小児科口コミ!杉浦小児科(埼玉県三郷市)の体験談

最寄駅から徒歩0分の好立地にあり、NICUでの勤務経歴もある院長先生を筆頭に、各専門分の非常勤医師と患者の症状に合わせて診察をしてくれます。患者一人一人と真摯に向き合い、些細な相談もしやすい、新米ママも安心の地元小児専門医です。我が子もずっとお世話になっている杉浦小児科をご紹介します。

杉浦小児科ってどんな病院?

マタニティライフに終わりを告げ子育て奮闘中のママさん、もうかかりつけ医は決めてらっしゃいますか?

突然の病気、たくさんの予防接種。どの病院にお願いすれば良いか悩んでる方もいるのではないでしょうか?

私も駆け出しの新米ママですが、病気や予防接種に関しては安心してお任せできるかかりつけ医があります。

我が子がいつもお世話になっている杉浦小児科です。
最寄駅から徒歩0分の好立地だけでなく、お勧めしたいポイントがたくさんあります。

私の体験談や他の方の口コミを交え、杉浦小児科を紹介します!

基本情報

  • 所在地:〒341-0032 埼玉県三郷市谷中268 エムズタウン三郷中央2F
  • アクセス:つくばエクスプレス「三郷中央」駅より徒歩0分
  • TEL:048-952-2124/FAX:048-952-2134
  • 診療時間:9:00-12:00, 15:00-18:00
  • 休診日:木曜日・日曜・祝日

杉浦小児科

診察内容

  • 小児科一般
  • アレルギー性疾患
  • 健康相談
  • 乳児健診
  • 予防接種:週3回(火・木・金 14:00~15:00)

優しい院長先生の他、曜日別の各専門分野の非常勤医が気になる症状別に丁寧な診察をしてくれます。
初回は来院での受付のみですが、2回目以降の受診にはネット予約が可能です。

乳児健診、予防接種とも専用の時間枠が設けてあります。事前に予約が必要ですので、院内の受付か電話にてご確認ください。

沢山の絵本とプレイルーム

病院に入るとすぐに、棚いっぱいの絵本が目に入ります。0歳児から幼児まで幅広い年齢層の絵本が揃っているので、病院に来ると一目散に本棚へ向かう子も。

奥にあるプレイルームは少し小さめですが、積み木におままごとセットと子供が喜ぶアイテムがいっぱいです。

待ち時間も楽しく過ごせます。

メリットは?

小児科

杉浦小児科のメリットを口コミと一緒に紹介します。

口コミ①どんな質問にも答えてくれます

先生は、どんなに混んでいても診察が丁寧で、診察に関係のない心配事にも答えてくれます。
出典: caloo.jp

受付で問診票を記入後、症状に合わせて院長先生または非常勤専門医の診察を受けます。

院長先生はNICUで勤務された経験もあり、知識が豊富に加え些細な質問にも親身に受け答えをしてくださいます。

口コミ②スタッフさんの動きに感心!

スタッフも動きが良く感心しました。吐いてしまう子供がけっこういましたが、サッと片付けて消毒されて安心感がありました 出典: caloo.jp

曜日別で診察にあたる非常勤の先生方は、小児全般に加えアレルギー・血液疾患など専門知識が高く、院長先生同様説明がとても親切です。

看護師さんもテキパキ仕事をこなすだけでなく、子供や保護者に優しく接してくださるので嬉しいです。

口コミ③予防接種は任せっきりで大丈夫!

赤ちゃん 予防接種

予防接種の予約も看護士さんが考えてくれるので悩まなくてすみました
予防接種を何から打ったらいいかなど、受付でも電話でもいつも親切な対応をしてくれます。 出典: caloo.jp

赤ちゃんが受ける予防接種の多さにびっくりしたママも多いと思います。予約を取るのも何から打てばいいのかわからない…。

そんなママも大丈夫!病院の方でスケジュールを組んでくれます。次の予防接種も母子手帳を見ながら看護師さんが説明・予約を入れてくれるので安心です。

また、予防接種のみの時間枠があるので、風邪など移ってしまう心配もありません。

小部屋で感染症も安心

高熱や発疹など感染症の疑いのある症状の場合は、入口のインターホンで看護師さんに連絡。院内の小部屋に案内してもらえるので待合室が混んでいても気を使いません。

使用後は即消毒をしていて、次に使用する方も安心です。

デメリットは?

では、次にデメリットについてみてみましょう。

口コミ①待ち時間が長い時も…

待合室

ネット予約を入れた時点で30人待ちとかでした。でも小児科専門医ということで人気です。 出典: caloo.jp

診療予約システム「ヨヤクル」の導入で待ち時間が緩和されましたが、週明けや季節の変わり目などの風邪シーズンにはかなりの順番待ちになります。

その時にもよりますが、週の半ばや午後は空いている日もあるそうです。

口コミ②パソコンから予約が可能に!

以前は、順番予約制ではなかったのでかなり待ち時間が長かったのですが、今は、パソコンや携帯で順番予約ができ、順番が5番以内になるとメールで知らせてくれるので待ち時間がとても短くなりました。 出典: caloo.jp

長い待ち時間は子供も親も大変…でも見方を変えると、病院を頼る人が多い=信頼できる病院の証ともとれるのではないでしょうか?しかし、今はパソコンや携帯で順番予約ができるそう!

順番が近くなるとメールで知らせてくれるサービスもあり、利用しやすくなったようですね!

私の体験談!かかりつけ医に決めた理由

医師

1歳になる私の息子のかかり付け医に、なぜ杉浦小児科を選んだのか?
それには大きな出来事が2つありました。

私と息子を助けてくれた、杉浦小児科での体験談をお話しします。

出来事①頭蓋縫合早期癒合症の発見

生まれつき後頭部が長かった我が子。ところが予防接種で訪れた杉浦小児科で指摘されたことをきっかけに、病気が判明しました。

頭が丸くって万々歳?

出産

「頭が長くて産むの大変だったね~」

息子が産まれた時、助産師さんから言われた言葉です。
でも私は耐え難い痛みの余韻と、生まれてきた息子の可愛さで胸がいっぱい。あまり気にも留めていませんでした。

そして1ヶ月検診。その時も小児科の先生に頭のサイズを指摘されました。母子手帳の成長グラフを見ると、うちの子の頭囲は平均値よりはみ出ている…

そう言われてみれば後頭部が長いかもなんて思っていました。

私自身が後頭部まっ平らの絶壁頭がコンプレックスだったせいもあり、頭が丸くて恰好いいじゃない!なんて安易に考えていました。

触っただけで分かった病気の種

生後3ヶ月に入り予防接種が始まり、自宅から近く、市の助産師さんからも勧められた杉浦小児科でお願いすることに決めました。

接種前の問診で息子の頭を触った院長先生から「骨の歪みがあるね。骨の病気かもしれないから一度調べた方が良いかもね」とお話がありました。

予防接種を受けに来ただけなのに、どうしよう。。。不安になった私に「早めに調べた方がお母さんの心配も減るから」と優しく声をかけてくれた杉浦先生。

たまたま別件で都内の大学病院を受診する予定があったので、一緒に頭部のレントゲンを撮ってもらうことになりました。

病名確定の驚きと感謝

赤ちゃん 病院

後日受診した都内大学病院での診断結果は「頭蓋骨縫合早期癒合症」。

「頭蓋骨縫合早期癒合症」とは、本来頭蓋骨は出生時には複数枚に分かれおり、成長とともに縫合していくものですが、何らかの原因で早くに縫合して(閉じて)しまい、脳が大きくなるにつれ頭の形が変形するだけでなく、脳の発育にも影響がでる可能性がある病気です。

息子の頭が前後に長かったのは頭蓋骨の側面が早くに繋がってしまい、脳が育つスペースを確保するために前後に頭が伸びていたからでした。

頭蓋骨縫合早期癒合症とは?

「頭蓋縫合早期癒合症」は1万人に1人ともいわれる病気で、経験や知識がないと医師でも気が付かないことが多く、発見が遅れるケースが多いそうです。

30%の確率で将来運動障害が出る可能性もあり、頭の形を整え脳が大きくなるスペースを確保する手術を受けることを勧められました。

「こんなに早く見つかるのは珍しいです。良い先生が近くにいたのですね」と、大学病院の先生がとても驚いていました。

1ヶ月検診でも何も言われなかったのに。杉浦先生が問診で気がづいてくれて本当によかったと思いました。

頭蓋骨縫合早期癒合症とは/順天堂医院

出来事②膀胱尿管逆流症の発見

息子の頭蓋骨手術が決まったある週末、突然息子が高熱を出して、他の先生が「ただの発熱」と診断する中、杉浦小児科でまたもや病気が発見されました。

手術前に原因不明の高熱が

大学病院で結果が出た後、主人と話し合い息子に頭蓋骨の手術受けさせることに決めました。

さすがに大きな病院のせいか、手術は4ヶ月後に。やきもきと日が過ぎていく中、体調管理には細心の注意を払い、外出も最小限に抑えていました。

ところが数週間後に手術を控えたある週末、急に息子が40℃近くの高熱を出したのです。日曜だったので杉浦小児科はお休み。

ガタガタ震える息子を抱いて他の休日診療所を受診しました。発疹が出れば突発性発疹、出なかったら風邪なので様子を見てください」とのことでした。

数日後熱は下がりましたが発疹はありませんでした。

即座の判断。また病気の原因を発見

診断

ところがそれから3週連続で週末に発熱→数日後に下がるという症状が続き、不安になったので杉浦先生へ相談に行きました。

「何度も続くのは心配だし、このままでは手術が受けられないね。念のためおしっこのと血液の検査をしましょう」

と判断してくださりその場で採尿・採血。おしっこの細菌が原因で発熱することもあると説明も聞きました。

翌日の朝一番に「検査結果に血液の炎症反応と尿に濁りがあります。紹介状を書くのですぐ(大学病院を)受診した方がいいですよ」と杉浦先生ご本人から連絡を頂き、その日のうちに大学病院を受診しました。

診断結果は「膀胱尿管逆流症」というおしっこの中に細菌が発生する尿路感染症。杉浦先生がお話ししてくださったとおりでした。

偶然、診察してくださった先生が杉浦先生をご存じで「一日に何十人と診察している先生の経験の賜物ですね。さすがです。」と唸っていました。

またもや杉浦先生に病気を早期発見してただいたおかげで息子の発熱もなくなり、無事に頭蓋骨の手術を受けることができました。

膀胱尿管逆流症とは/順天堂医院

先生の言葉に思わずホロリ

術後、予防接種再開の相談で杉浦小児科を受診しました。

「大変な手術、よく頑張ったね!」と息子に声をかけて下さった後に「お母さんも大変でしたね。頭の形、とってもきれいになりましたね。」と私にも声をかけて下さり、術後の経過が心配だったので胸が熱くなりました。

手術をしてくださった大学病院の先生方にももちろん感謝しています。

でも頭蓋骨の病気が早く見つかり、日程通り手術を受けることが出来たこと、いま息子が元気に笑ってくれているのは杉浦先生のおかげでもあります。感謝の気持ちでいっぱいです。

安心して受診できる病院です

それからというもの、風邪や何か心配な症状があるとすぐに杉浦小児科を受診するようにしています。丁寧な説明で帰る時には不安がどこかへ飛んで行ってしまい、なんだか私が診察してもらっているようです。

これからも息子共々、お世話になりたい病院です。

病院を探しているママへ

母子

大切な子供がいつも元気でいてくれるのが一番。でもすぐに風邪を引いたり、症状が悪化してしまうのが乳幼児の特徴です。

そんな時、頼りになるかかり付け医があるととても安心ですよね。

皆さんが良い先生に巡り合えますように、また私の口コミが不安なママさんの手助けに少しでもなれば嬉しく思います。

「口コミ」「小児科」「体験談」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!