コタラーが教えるこたつの魅力!冬のこたつを楽しみたい人へ♥

こたつでみかんを食べながらテレビを見る、日本の冬では慣れ親しんだ光景ですが、これってとても贅沢で最高な過ごし方ですよね。今年の冬はこたつを使ってみようかな~と思っている方や、私のようにたくさんこたつを楽しむぞ~‼と意気込んでいる方へ、冬の必須アイテムのこたつのメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

冬のこたつを楽しみたい人へ♥

こたつでみかんを食べながらテレビを見る、日本の冬では慣れ親しんだ光景ですが、とても贅沢で最高な過ごし方ですよね。

今年の冬はこたつを使ってみようかな~と思っている方や、私のようにたくさんこたつを楽しむぞ~‼と意気込んでいる方へ、冬の必須アイテムのこたつのメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

我が家にとってこたつとは?

我が家ではちょっと寒いかな、と思い始める10月頃からすでにこたつは大活躍です。

リビングのテレビの前には、こたつとふかふかのマットを敷いて、大きなビーズクッションを並べて置いています。こたつに入ったら中々動かないので、近くに小さなゴミ箱も置いています。

こたつでゆっくりお鍋を食べながら、家族で今日の出来事を報告し合います。あーだこーだとおしゃべりして、お出汁たっぷりの雑炊をいただいた後は、子供たちは食後のみかんを食べながら、私は暖かいココアを飲みながらだんだんとクッションに埋もれていきます。

みかんの香を感じながら、テレビを見てそのままウトウトするのが、私にとって最高に幸せな時間なのです。

ウトウトする私の横で、パパは本を読んだり子供はゲームをしたり、それぞれの時間を楽しんでいるのですが、ふと「パパ、これ見て!」とか、「あ、こんなおもしろいことが書いてあるよ」なんていう会話が聞こえてくるんです。

そうしているうちに、下の娘が「ママ~こたつむりだぞ~!」と私の上に乗っかってきたり。笑

こんな風に我が家では、こたつを通してみんなが繋がっている、なくてはならない立派なコミュニケーションアイテムなのです!

各家庭でこたつの楽しみ方はたくさんあると思いますが、私が実際に使っていて感じたメリット・デメリットをいくつかお伝えしたいと思います。

こたつのメリット4つ☆

こたつの魅力やメリットは、語りつくせないくらいたくさんあるのですが、ここでは4つに絞ってご紹介したいと思います!

①寒い日でも体がすぐに温まる

暖かい

エアコンやストーブだと、部屋全体が暖まるまで少し時間がかかりますよね。その点、こたつはスイッチをつけたらすぐに体が温まります。

寒い外から帰ってきても、すぐに体を温めることができるのはこたつの最大のメリットだと思います!

②部屋が乾燥しにくく空気が汚れにくい

冬は乾燥しやすい季節ですが、風邪やインフルエンザのウイルスはそんな冬の乾燥した場所が大好きなのです。

我が家のように小さな子供がいるお家はもちろん、病気の感染を防ぐためにも乾燥は大敵です。暖房器具を使うと部屋が乾燥したり空気が汚れたりしがちですが、こたつだとそんな心配もいりません。

③省エネで経済的

省エネ

これもママにとっては大きなメリットだと思います。電気代も値上がりして節電が求められている昨今では、こたつはとてもコスパのいい優れものだと思います。

④家族みんなが集まり、コミュニケーションがとれる

普段からおしゃべりな家族なのですが、我が家ではこたつを出すとより一層会話が増えるんです。笑

普段は抱っこすらさせてくれなくなった小学生の息子や、子供を産んでからは恥ずかしくて手すら繋がなくなった旦那と、こたつで体をくっつけて過ごすことも。

家族の大切なコミュニケーションの一つだと感じています。

こたつのデメリット3つ☆

こたつが魅力的すぎるからこそのデメリットといっても過言ではない点もありますが、私が実際に感じているデメリットな点を3つ挙げたいと思います。

①こたつから出られない

こたつから出られない問題は、我が家では非常に悩めるところです。

朝は子供が中々出てこられず支度が遅くなったり、食事の時にみんながこたつに入っていて離れたキッチンに忘れ物をしたりなんかすると、それはもう激しいじゃんけん争いが始まります。

結局私が負けて取りに行く羽目に・・・トホホ。

結果、我が家は冬に運動不足になりがちです。こたつが居心地よすぎるんですよね。笑

②こたつで寝してしまうと、脱水症状を起こす可能性がある

こたつでうたた寝をしてから目が覚めると、喉がカラッカラになったこと、みなさんも経験されたことがあると思います。実はこれは、とても体が危険な状態なのです。

こたつの中では、普段よりも汗をかきやすく体温も上昇する上に、脱水状態になると倦怠感や眠気を感じてそのまま死に至ってしまうこともあるのです。

こたつに入る時は、お茶やスポーツドリンクなどの水分を十分に取ることをおすすめします。

③汚れると洗うのが大変

我が家には4歳の食べこぼし真っ盛りな娘がいるので、こたつでの食事は後片付けが大変なんです。

こたつをめくるとご飯粒がたくさんくっついていたり、3日前に食べたパスタがひょろりと出てきたり。泣
そのたびに布巾でゴシゴシ拭いたり、大変だけどお風呂場で踏み洗いをしたりています。

この被害を最小限に防ぐには、こたつカバーをぜひともおすすめします!我が家はこたつカバーをしてから、汚れてもカバーだけを洗えばいいので洗濯の負担が少なくなりました。

こたつの魅力を楽しみ尽くす

今回はこたつを愛用している我が家が感じるメリット・デメリットをご紹介させていただきましたが、最近ではおしゃれなこたつの種類がたくさんあるので、インテリアとしても十分楽しめるアイテムだと思います。

ぜひこれを読んで今年の冬は、自分だけの最高なこたつの楽しみ方を発見していただければいいなと思います。

「こたつ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!