コタラーが語る!冬の恋人、コタツに包まれて感じる幸せ♡

寒くなってくると暖房器具は必需品ですよね。数多くある暖房器具の中でもコタツは私にとって欠かせない友、というよりもむしろ恋人。が、一度入ってしまうともう離れられない=家事がままならないという最大のデメリットのためにお別れを決めたこともあります。そんな私とコタツの愛のヒストリーを紹介します。

あなたの冬のお供はなんですか?

ついこの間まで暑くて半袖を着ていた気がしますが、めっきり朝晩の冷え込みが強くなって出かけるときの上着は必需品に。

暖房器具も朝晩は欠かせなく、日中でも必要な日が増えてきましたね。

エアコン、ヒーター、ホットカーペットなど数多くある暖房器具。それぞれにメリット、デメリットがありますがみなさんは何を使っていますか?

私は断然、コタツ派!!コタツのメリット・デメリットとは?

考える 女性

子供のころから我が家の冬はコタツ。寒い外から帰ってきて温まっているコタツに足を突っ込み、コタツの真ん中を占領していた先客の愛猫に足をつかまれ、かまれ、ひっかかれる、というのが冬の定番。

そんな毎日に幸せを感じていました。

冬はコタツがあるものだと育ってきた私にとってコタツのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット①家族団らんが出来る

家族みんなでコタツを囲み、他の季節よりも会話も多くなった気がします。家族仲をよくするのもコタツのいいところの一つです。

メリット②子供時代には保温器代わりにも!

子供のころ学校から帰ると母がアンマンや肉マンをコタツの中に入れておいてくれてほかほかのを食べたりもしました。当時、電子レンジがなかった我が家には保温器かわりになっていたんです。

「足を入れるところなのに!」と思われる方もいるかもしれませんが、これもコタツのメリットのひとつとお考え下さい。

そういえば朝、着替えもコタツにいれて温めてくれていたなぁ。

メリット③何と言ってもすぐ温まる!

冬 温かい

何よりもコタツは狭い範囲を温めるので最短で足を温めることができるのが一番ですよね。

コタツは人をダメにする!コタツのデメリットは・・・

こたつ

そんな冬の恋人コタツと一度別れを経験したことがあります。原因は私の『結婚』。コタツの最大のデメリットは「でられなくなること」。

そう、一度その温かさに包まれてしまうとなかなか動けなくなってしまうのです!!

コタツは人をダメにする!そういっても過言ではないといえるほど、結婚前の私はコタツの魔力に取りつかれていました。

コタツに入る前に当面必要なものを手の届く範囲に移動させ、一度入るとなかなか出ることがなかったのです。

トイレですら家族に「代わりに行ってくれ」と言っていたほど。(冗談でですが)そのため、主婦業を全うするため、泣く泣くお別れを決めたのです。

別れて数年後…コタツ愛の再燃!

そんなコタツとのお別れをして数年。やはり冬場の冷えが気になっていました。

特に足の冷えは深刻。古い家に住んでいたのでキッチンに立っているともう足元は冷え切ってしかたがない。

分厚い靴下とスリッパを併用しても食事の支度を終えるころにはお腹にも影響するくらい冷え切っていました。

当時不妊治療をしていた私には冷えは大敵。そこで、足を集中的に温めてくれるコタツとやり直すことに決めたのです。

が、動きが緩慢になることは必至。そこでちょっと分厚めのクッションに座り、少しでも立ち上がりやすくするよう努めました。

これからの我が家は上手にコタツと付き合っていきます♡

家族 冬

そして現在、子供も産まれて子供もやはりコタツ好きに。私にはもはやできない『肩まですっぽり入り』の技まで習得しています。

今年の冬は我が家は引っ越しを控えています。そこで新居では、コタツの最大のデメリットであるフットワークの悪さをカバーするためにハイタイプのコタツを検討中。

イスに座ると動きやすいかなぁと思うのは安易な考えでしょうか?

また、コタツまわりにゴミが貯まりやすいのも困りものでしたが、床を這う布団の面積が少ない分、そこもカバーできるのではないかと考えています。

デメリットをひとつひとつ潰していって、これからもコタツとの愛を育みます♡

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!