北海道の水族館は楽しくて個性的!家族で楽しめるスポット7選♡

北海道は海に囲まれていてどこにでも水族館があるイメージをお持ちの方が多いようですが、実際調べてみると大きな所で4箇所、小さな所を入れても10箇所ぐらいしかないということを知っていますか?動物園内に水族館のような要素が入っている場所などはありますが、今回は水族館だけに絞って調べまとめてみました。

北海道の水族館をご紹介します!

北海道にも数は少ないですが水族館が点在しています、ほとんどは冬の間は休館してしまったりする所ばかりでした。ですが最近は冬の間も営業している所や、期間限定で営業して、冬の間の様子も見れるようになって来ました。

そんな北海道に点在する、水族館をご紹介して行きたいと思います。

サンピアザ水族館(札幌)

新札幌にあるショッピングセンターであるサンピアザ内にある水族館です、年中無休で屋内施設なので雨でも雪でもゆったりと見る事ができます。

JR、地下鉄どちらの駅からも徒歩5分以内につける交通の便もよく、周りに商業施設もたくさんなので帰りにお買物をして帰る事も出来ます。

サンピアザ水族館(札幌)基本情報

  • 所在地:〒004-0052 北海道札幌市厚別区厚別中央2-5-7-5
  • TEL / FAX: 011-890-2455(直通) / 011-892-5565
  • オムツ替え:女性トイレ内に設置
  • 授乳室:なし
  • 分煙:不明
  • ベビーカー:走行スペースは十分ありますが、ベビーカー自体のレンタルはしていません。

詳しくはこちらから♪

オススメポイント!

いるかなどの大掛かりなショーなどは見る事はできませんが、かわうそクンと直接触れ合うことの出来るふれあいタイムがあったり、水族館の裏側を見ることが出来るツアーなどを体験できるイベントがあります。

クチコミ

新さっぽろの複合施設?の所にあり、広い駐車場もありますが地下鉄からもすぐなのでとても行きやすいです。入口から見ると、それほど大きな施設にはみえないですが中に入るとけっこう見るところが多く、かわいくて珍しい魚達もたくさんいます。水槽の数もかなりありゆっくり楽しめます。中にはかわいいグッズを売っているコーナーもあります。 出典: www.jalan.net

入口だけ見るとそんなに確かに大きくは見えませんね、でもほんとうに中は広く、海のない都心部で魚達に触れ合えるといった楽しい空間になっています。

おたる水族館(小樽市)

日本海に面した海岸線沿いにある水族館です、怪獣公園というトドやアザラシ、ペンギンなどを見る事ができ、海で遊ぶことも出来るエリアもあります。

イルカやトド、オタリアのショーや珍しい水の中の生物に触ることの出来るタッチゾーンなど様々な体験型のショーやイベントなどが豊富な水族館です。

おたる水族館(小樽市)基本情報

  • 所在地:〒047-0047 北海道小樽市祝津3丁目303
  • TEL/FAX:0134-33-1400/0134-33-5435
  • オムツ替え:あり
  • 授乳室:あり(個室)
  • 分煙:外に喫煙場所が1箇所のみあります
  • ベビーカー:あり(無料貸出)

詳しくはこちらから♪

オススメポイント

イルカ、オタリア、セイウチのつららちゃん、アシカ、トドなど様々な生き物のショーを見ることが出来ます。

一番のお勧めは、最近テレビなどでも紹介されているペンギンのショー(?)です。全く何もしないペンギンを相手に、飼育員さんのトークで終始ショーなの??と言った感じなのですが、それがとても人気でテレビでも紹介されるほどです。

クチコミ

館内は外見以上に色々な種類の生き物がおり、流し見しても20〜30分以上はかかります。また、外には定期的にイルカやアシカなどショーがあり、『イルカをみたら次は〜』というような具合に連続して見てる方がほとんどでした! 出典: www.tripadvisor.jp

たくさんの生き物がいて、今人気のコツメカワウソやチンアナゴなどもいます。室内展示だけではなく、屋外展示もあり、外ではペンギンやトドなどのショーも見ることが出来ます。

時間がちょうどイルカ、オタリアのショーが終わったら、ペンギン、アシカのショー。それが終わったらトドのショーなどとワンクールで見ることが出来るので、ショーをメインに時間を合わせていくといいかもしれません。

サケのふるさと 千歳水族館(千歳市)

サケ、マスの孵化や放流事業を行っている千歳川のそばに作られている水族館です。

主に千歳川の中を直接見れる水中観察ゾーンを中心としたシンプルな作りでしたが、2015年7月にリニューアルされ支笏湖の湖底を再現された展示や体験ゾーンなどがある。

サケのふるさと 千歳水族館(千歳市)基本情報

  • 所在地:〒066-0028 北海道千歳市 花園2丁目312
  • TEL/FAX:(0123) 42-3001/(0123) 42-2310
  • オムツ替え:あり
  • 授乳室:あり
  • 分煙:不明
  • ベビーカー:貸出あり

詳しくはこちらから♪

オススメポイント

8月から12月まで、インディアン水車を使った鮭の捕獲を見ることが出来ます。

鮭がどんどんとあがってくるさまは、とても迫力があっておもしろいです。

クチコミ

インディアン水車にたくさんの鮭があがっていて、迫力がありました。橋の上からも。きれいな千歳川にたくさんの鮭が泳いでる姿も見えて良かったです。 出典: www.tripadvisor.jp

時期が合うと千歳川の中でたくさんの鮭を見ることが出来ます、インディアン水車を使った鮭の捕獲なども見ることが出来、とても迫力があるので秋を狙ってくることをオススメします。

登別マリンパークニクス(登別市)

登別温泉街のそばにある、北海道では有名な水族館です。北欧のお城が目印です。

敷地内に、北欧のお城を彷彿とさせる水族館、遊園地、イルカのショーなどが行われるスタジアムなどが点在しています。

登別マリンパークニクス(登別市)基本情報

  • 所在地:〒059-0464 北海道登別市登別東町1丁目 登別東町1丁目22
  • TEL/FAX:0143-83-3800/0143-83-2400
  • オムツ交換:各女子トイレに設置
  • 授乳室:あり(女性専用)
  • 分煙:不明
  • ベビーカー:無料貸出あり(数は少ないので持参されることが望ましい)

詳しくはこちらから♪

オススメポイント

1日2回ニクス広場で行われる、ペンギンのパレードが通年行われています。可愛らしくトテトテと歩くペンギンがかわいくて、自然と笑顔になってきます。

他にもイルカに餌をあげたりできるイベントなど、様々なイベントも企画されています。

クチコミ

あいにくの雨模様でしたが傘を片手にアザラシの水槽やペンギンのお散歩、見てきました!あざらしはクルっと回ってくれて感動!息子と二人で大はしゃぎ!すごく可愛かったです。

ペンギンの行列も大勢でヨチヨチ、とても愛らしかったです。特別展示で世界のえび・カニが沢山見れました。最大のお目当て、トンネルもやっぱり綺麗で素晴らしかった!

息子は帰宅してから、巨大エビやチンアナゴの絵を画用紙いっぱいに描いてました。行ってよかった~! 出典: www.jalan.net

建物が点在しているので、外を歩いて移動しなくてはならないので雨の日はちょっと面倒かもしれません。

水族館内の生き物は基本的にどこも変わらないので、どう見せるか、どう他と違う所を作るかなど各水族館で工夫しています。その中でニクスはお城といったほかと違う外観などで工夫、さらに水槽のトンネルなど斬新なスタイルで北海道内でも有名なのでは?と思います。

北の大地の水族館(北見市)

淡水魚のみを展示している、とても珍しい水族館です。日本発の滝つぼの水槽など通常では見られない位置からの魚の生態を見ることが出来ます。

幻の魚といわれる日本最大級の淡水魚イトウを飼育しており、群れを成して泳ぐ姿は圧巻です。

北の大地の水族館(北見市)基本情報

  • 所在地:〒091-0153 北海道北見市留辺蘂町松山1-4
  • TEL/FAX:0157-45-2223/0157-45-3374
  • オムツ交換:あり
  • 授乳室:あり
  • 分煙:不明
  • ベビーカー:あり

詳しくはこちらから♪

オススメポイント

川が凍る!?北海道でも川が凍ることがあります、その凍った下の状況どうなるか気になりませんか?

世界初の冬凍る川の下の世界を見ることが出来る水槽があります!冬の川の下の様子はなかなか見ることが出来ませんよ!

クチコミ

新しくなってから初めて行きました。 改装前よりも狭くなったように感じましたが、見やすく、楽しめるように工夫されていました。 娘は1歳ですが、プクプクと上がってくる綺麗な泡が好きなようで楽しくみていました。 出典: www.jalan.net

小さなこじんまりとした水族館で、川に生息する生き物しかいないのですがそれでも十分に楽しめるようです。

ゆったりした時間を子供と楽しめるようですね。

稚内市ノシャップ寒流水族館(稚内市)

日本で100番目に出来た、最北端の水族館です。

北方系の生き物や、寒流地帯の珍しい魚や生き物が展示されています。

稚内市ノシャップ寒流水族館(稚内市)基本情報

  • 所在地:〒097-0026 北海道稚内市ノシャップ2丁目2番17号
  • TEL:0162-23-6278
  • オムツ替え:不明
  • 授乳室:不明
  • 分煙:不明
  • ベビーカー:不明

詳しくはこちらから♪

オススメポイント

以前タッチプールとして使われていた所にドクターフィッシュが登場しました!

最近色々な水族館で展示されているドクターフィッシュですが、手を少し入れてみるだけなので、体験してみませんか?

クチコミ

最北の水族館で、季節の入館数の波がとても大きいと思うが展示の仕方や内容でがんばっている施設。

やはり一番はアザラシのエサやり。口の中も見えたりして面白い。近くの抜海では季節に野生のアザラシが見られるが間近で見るアザラシはまた別格。

平目やカレイの展示がありしばらく見ていると泳ぎ出すことも。生で泳ぐ姿を見たのはここが始めて。
ひらひらと泳いでいました。 出典: www.tripadvisor.jp

季節によってお客さんの人数が変わって、独り占めできる時期もあります。

アザラシにエサやりをしたりして、身近に感じることが出来ますね。アザラシの赤ちゃんも季節によっては見ることも出来るようです。

市立室蘭水族館(室蘭市)

北海道で最も古い水族館です、様々な種類の魚を見れます。外にはトドやアザラシなど、それぞれのプールや遊具などもあり家族連れで楽しめます。

冬の間は閉館してしまいますが、夏には家族連れに人気のスポットになります。

市立室蘭水族館(室蘭市)基本情報

  • 所在地:〒051-0036 北海道室蘭市祝津町3丁目3-12
  • TEL:0143-27-1638
  • オムツ替え:不明
  • 授乳室:不明
  • 分煙:不明
  • ベビーカー:不明

詳しくはこちらから♪

オススメポイント

水族館なのに、オススメポイントはなんとつぶ焼き!

ここに来たら必ず食べてみて!!と皆さん口をそろえて言います。ぜひ、パパとママのお楽しみとしてたべてみてください!

クチコミ

登別温泉の帰りに寄ったのですが、とても天気が良く子供を連れていたのでとても楽しめました。

そんなに沢山は生き物はいないのですがとどのショーなどがあり、また乗り物もあったので子供はとても楽しんでいました。子供は2年生年長1歳児を連れていましたが3人とも楽しんでいました。料金も子供は無料ですし大人は1人300円なのでとても安くすみ大変助かりました。乗り物も観覧車汽車ゴーカート?ふわふわなどがあり料金も安かったです。 出典: 4travel.jp

入館料も安く、子供は無料で楽しめるようですね。

乗り物コーナーなどもあり、小さなお子さんが疲れない程度の広さなので家族でいかれる方も多いようです。

夏と冬の姿が180度変わるのが北海道の水族館です!

以前は冬は休館している水族館ばかりですが、最近は冬期間の水の中の様子や生き物の様子も見てもらおうと冬期間も展示をしている水族館が増えてきました。

トドやアザラシ、ペンギンなどの展示やショーなども様々な所で行っており、遊具も置いてあったりするところが多いです。

ですが最近は、一種類の生き物にスポットを当てたり、海の生物のみ、川の生物のみと言った特徴のある展示をする水族館も増えてきています。

北海道では大きな水族館だけではなく、こじんまりとした自然に近い水族館もあるのでゆったりとしたいときはそういう水族館へいくといいかもしれません。

「北海道」「水族館」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!