節約は、日々の積み重ねが大事!できることからコツコツやってみよう♡

節約といっても、難しいことではありません。ストレスに感じない程度に、できることを少しずつやっていけば節約になりますよ。誰でも簡単にできる節約術について4つ紹介したいと思います。一つ目は、エコ運転について、二つめはエアコンについて、3つ目は懸賞やキャンペーンについて、4つ目は冷蔵庫のチェックです。

誰でもいつでもできる節約術

物価が上がったり、消費税も上がったりと、家計への負担は大きいものですよね。子供がいると、子供にもお金がかかるし、お金の問題は、ママにとって大きな悩みの種ではないでしょうか?

収入が増やせればそれはとても家計に助かるけど、そう簡単に収入を増やすなんて無理な話です。やはり日々の節約が大切になってきますよね。

しかし、節約といってもそんなに意気込んで頑張る必要はありません。日々のちょっとしたことが節約につながります。無理をせず、できることから少しずつやってみましょう。

塵も積もればなんとやらで、ほんの少しの節約でも、続けていれば、けっこうな節約になりますよ。

できるだけ歩こう、車の場合はエコ運転を

車

歩けば当然お金はかからないわけですから、移動手段を徒歩にするのは非常に節約になります。しかし、目的地まで遠い場合は、やはりバスや電車を利用しなくてはいけないですけどね。

そして、車を運転する場合に是非実行してほしいのがエコ運転です。エコ運転とは、つまり、燃費のいい走り方をするということです。最近は、燃費がリッター30キロを超える車も増え、車を運転する人には非常にありがたいですよね。だって、それだけ無駄にガソリンを入れなくて済むわけですから。

しかし、燃費のいい車に乗っていたとしても、燃費のいい走り方をしなければ、当然ガソリンはどんどん減ります。では、燃費のいい走り方とはどうしたらいいのか、というと、簡単に言えばスムーズな運転を心がけることです。

ブレーキやアクセルを無駄に踏まないことです。ブレーキやアクセルを踏む度に、ガソリンを多く消費します。できるだけ無駄にブレーキやアクセルと踏むことなく、一定のスピードで滑らかに運転するとガソリンの無駄を省けますよ。

燃費のいい車に乗っているからといって、燃費の悪い走り方をすれば、ガソリン代がかかることになってしまうのです。

エアコンはつけっぱなしに!?

エアコン

コンセントはこまめに抜くことで、待機電力の節約になりますよね。それと同様に、エアコンもこまめに電源をOFFにした方が節約になる、と思ってはいませんか!?実はそれは少し間違いなのです。

エアコンの電源を入れると、設定温度まで室内の温度を調節しようと、エアコンが一気に電気を使います。暑い日に部屋に入り、エアコンをつけると、エアコンが頑張って部屋を涼しくしようとしている音が聞こえないでしょうか?冬も一緒です。寒い部屋を一生懸命暖めようと、エアコンがまた電気を一気に使います。

つまり、短時間部屋や家を空ける場合は、わざわざエアコンの電源を切らない方が、エアコンの負担がなく、電気代も抑えられるということです。丸1日外出するというのなら電源は切った方がいいかもしれませんが、少しの間であれば、そのままにしておくことをおすすめします。

春や秋など気候がちょうどいい時期は、エアコンを使わないと思うので、そういう時期はエアコンのコンセントも抜いておいた方が節約になりますよ。

キャンペーンや懸賞チェック!

はがき

スーパーなどにいくと、様々なメーカーのキャンペーンはがきなどが置いてあるのを見かけたことはありませんか?何枚分のバーコードを貼って応募するとプレゼントがあたる、というようなものがけっこうありますよね。そういったものをこまめにチェックしてみましょう。

手当たり次第応募すると、ハガキ代が無駄になってしまうこともあるので、できるだけ当選人数が多いものを狙う方がいいでしょう。好きでよく食べるものなどは、無理しなくとも自然とバーコードやポイントが貯まることもありますよ。

ポイントを集めれば必ずもらえる、というようなキャンペーンもありますよね。ハガキ応募でなくても、ネットでキャンペーンを行っているメーカーもあるので、その方が切手代もかからなくて簡単ですよね。クリックするだけで、運よく当選したらこんなにラッキーなことはありません。

キャンペーンや懸賞で何かを当てるのも、大きな節約になりますよ。当たったらラッキーと言うくらいの気持ちで応募してみましょう。ネット応募の場合は、個人情報の問題もあるので、できるだけ信頼できるサイトからの応募にした方がいいかもしれません。

冷蔵庫チェック!賞味期限や腐りかけのものはない!?

冷蔵庫

冷蔵庫の中を見てみましょう。奥の方に、賞味期限が切れているものや、もう食べられなくなった野菜などは眠っていませんか?結局それは捨てないといけないので、無駄になっている食材というわけです。

結局買ったのに、食べられない状態になってしまっては、それはとてももったいないですよね。もし冷蔵庫に食材がぎっしり入っていたり、無駄なものが入っていそうだと思ったら、一度全部だして、冷蔵庫のお掃除をすることをおすすめします。

食べられないものはすべて捨てる。汚れている部分はきれいに拭く、その作業をしてまずは冷蔵庫をスッキリさせましょう。あとは、きれいに並べて、自分自身で中身をしっかり把握しましょう。

タッパーを使ったりして、無駄の出ない冷蔵庫にしましょうね。冷蔵庫は食材を詰めすぎると電気代が多くかかってしまうんですよ。

食材と詰め込み過ぎず、余裕のある冷蔵庫にしておくことで、電気代の節約になるし、無駄を出さないことにもつながります。

節約は無理をしなければ決して難しいことじゃないんです♡

節約

無理をしたり、ストレスを感じてしまっては、節約も長続きしないですよね。負担にならない程度に、できることから始めてみましょう。無駄なことを省く、ということからのスタートでいいと思います。

もったいないという気持ちを持ちながら、小さい子とでいいのでやってみるといいと思いますよ。

「節約術」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!