天王寺動物園!都会の真ん中で動物に出会おう! 施設紹介

大阪府大阪市天王寺区にある天王寺動物園は、JRや地下鉄、私鉄からのアクセスも良く、子連れにも便利なおでかけスポットです。都会の真ん中にありながら、臨場感ある動物の展示方法に評価も高い天王寺動物園。子供と一緒に楽しめる天王寺動物園の魅力をお伝えします!

都会のオアシス!天王寺動物園

JR、地下鉄、近鉄、南海の各種鉄道の駅に近く、アクセスに便利な天王寺動物園。大阪市という都会の中にあり、子連れの家族の他、小学校や幼稚園、保育園の遠足にもよく利用されています。

ファミリーに人気のおでかけスポット。他にはない天王寺動物園の魅力をご紹介します。

基本情報

  • 所在地:大阪市天王寺区茶臼山町1-108 
  • TEL:06-6771-8401(大阪市天王寺動物公園事務所)
  • 入場料:大人500円 小中学生200円 未就学児無料
  • 開園時間:9:30~17:00(入園は16:00まで) (5、9月の土・日・祝日は18:00まで開園)
  • 休園日:毎週月曜(休日の場合は翌平日)・年末年始(12/29~1/1) ※その他臨時休園日有り
  • 電車:地下鉄「動物園前」①番出口・地下鉄「恵美須町」③番出口より約5分 JR・地下鉄「天王寺」より約10分
  • バス: バス停「動物園前」約10分 「あべの橋」より約5分
  • 駐車場:無し 最寄りの駐車場 天王寺公園地下駐車場(06-6773-0909)
  • ベビーカーの貸出:ベビーカー1台300円~

証明書の提示が必要ですが、大阪市内在住の小中学生、65歳以上は無料です。

天王寺動物園公式HP

天王寺動物園ってこんなところ♪

天王寺動物園に訪れる方に、ぜひ知ってほしい!この動物園ならではの魅力をご紹介します!!

開園100周年を迎えた、歴史ある動物園

天王寺動物園は1915年(大正4年)1月1日に開園し、2015年(平成27年)に開園100周年を迎えました。東京の上野動物園、京都の京都市動物園につぎ、日本で3番目の歴史を持つ動物園です。

現在は約11ヘクタールの敷地に、およそ200種900点の動物が飼育されています。

臨場感のある演出に工夫された「生態型展示」

天王寺動物園では、できるだけ動物が生息していた環境に近い形で展示する方法、「生態型展示」に力を入れています。

中でもサバンナゾーンや熱帯雨林ゾーンでは、現地調査を基にアフリカのサバンナやアジアのジャングルの風景によく似た岩や植物が配置され、現地風の通路を通って動物に出会える、臨場感のある効果が工夫されています。

生態型展示見学者の声☆

『アジアの熱帯雨林』で展示されている象、『アイファー』で展示されているワニや蛇。『アフリカサバンナ』で展示されているライオン等は一見の価値ありです。 出典: www.tripadvisor.jp
熱帯雨林ゾーンやアフリカサバンナゾーンが出来てから動物が檻の中で閉じ込められている感じがなくなり、広いスペースでのびのびとしているところが見られてとてもよくなりました。 出典: www.jalan.net

生態型展示は、口コミでも評価が高いですね♪

日本ではここだけ!世界でも珍しいキーウィの飼育をしている動物園

天王寺動物園は日本で唯一キーウィの飼育をしている動物園です。南園夜行性動物舎で見られます。ちなみにキーウィの名前は「キーウィ」と鳴くことから付けられたそうですよ。

夜行性動物舎は建物内の照明を昼夜逆転して、夜行性の動物たちの生態を見せてくれています。館内は暗いので目が慣れるまで少し時間がかかるかも。

ゆっくりと静かに進みましょう。

動物たちのごはんタイム・おやつタイムが見られる!

園内では動物たちへのおやつタイムが設けられています。動物ごとに時間が決められており、スタッフさんのあげたエサを食べる姿を見ることができます。

実施時間は5~10分程度。各動物のおやつタイムはHPで確認することが出来ます。飼育作業状況や動物の体調により、中止あるいは開始時間が遅くなる事があります。

ふれあい広場ではヤギ・ヒツジのエサが販売されています。子供たちが大好きなエサやり体験が楽しめますよ。

おやつタイム体験者の声☆

ペンギンのエサやりの時間をみることができました。二種類の魚をあげていて、好きな魚の時はペンギンの泳いで捕まえるスピードが早くなるのに驚きました(o^^o) 出典: www.jalan.net
動物もたくさんいますし、おやつの時間に行くと動物がおやつを食べる姿が見れて楽しいです。
私はしろくまがおやつを食べているのを見ました。しろくまが水にダイブしたりととても迫力のあるおやつTIMEでした。 出典: www.jalan.net

動物たちがエサを食べているところって、迫力満点。動物たちの生き生きとした姿が見られますよ。

あなたも天王寺動物園に行きたくなってくる?!お役立ち情報はこちら♪

天王寺動物園のお役立ち情報ありますよ♪ご紹介しますね!

主な展示施設

  • アフリカサバンナ:ライオン、ハイエナ、アミメキリン、グラントシマウマなど
  • アジアの熱帯雨林:アジアゾウ
  • 爬虫類生体館アイファー:ミドリニシキヘビ、ヨウスコウワニ、ヒョウモンガメ、オオサンショウウオなど
  • 鳥の楽園:シュバシコウ、アオサギ、オシドリ、カルガモなど
  • 夜行性動物舎:キーウィ、エジプトルーセットオオコウモリ、タヌキ、フサオネズミカンガルーなど
  • ふれあい広場:ヒツジ、ヤギ、テンジクネズミなど
  • コアラ館:コアラ
  • トラ舎:アムールトラ

体験談紹介☆

大きなホッキョクグマやぞうさん。迫力のあるトラやひょう。癒し系のひつじや可愛いレッサーパンダさんなどたくさんの動物がいて、小さなお子さんからご老人までみなさんで楽しめる動物園だと思います。 出典: 4travel.jp
入園料が格安なのでよく行きます。小さいながらもゾウやトラ、ライオン、シロクマ、キリンなどひと通り動物を楽しむことができてよいです。
周辺の天王寺公園も綺麗になり、天王寺から歩いて行きやすくなりました。 出典: www.jalan.net

たくさんの動物に出会えます。お子さんのお気に入りはどのコかな?

天王寺動物園でのランチは?

お弁当

園内にはレストランやテイクアウトメニューが用意されたショップなどがあります。レストランにはカレーやうどん、お子様ランチ等のメニューがあり、ホッキョクグマを見ながらの食事が楽しめます。

お弁当を広げられるような場所もたくさんあって、手作りお弁当持参のファミリーも多いですよ!近くにコンビニ等もあるので、食べるものには困らないはず。

園外では、天王寺公園内「てんしば」、近鉄百貨店、キューズモールなどのレストランが子連れでも入りやすくおすすめです。

体験談紹介☆

ご飯を食べるところはいたるとこにあるので、お弁当を持って好きなとこでたべるといいですよー! ひつじ広場では動物にえさやりを直接できるので、子供はとっても喜びます。 出典: www.tripadvisor.jp
お弁当も椅子と机。屋根付きのところで食べれたのでレジャーシートを忘れても大丈夫でした。 出典: www.jalan.net

子連れのおでかけには、やっぱりお弁当派が圧倒的?!青空の下で食べるママお手製のお弁当はとってもおいしいんです!!

天王寺動物園のトイレ

数年前まで天王寺動物園のトイレは和式が中心だったはずです。そんな昔ながらの古いトイレから、園内のトイレは徐々に改修されています。

ふれあい広場前のトイレはキッズ&ファミリートイレとして新しく建て直され、子供優先トイレとなっています。中には大人用の個室が一つしかなく、手洗台も子供用に低いものが設置されています。

ここ以外にも改修済みのトイレは洋式中心になり、オムツ交換台なども置かれています。その他のトイレも順次改修が予定されています。

体験談紹介☆

週末は家族連れから観光客でにぎわっています。トイレも多くて子供連れにはいいスポットですよ。 出典: www.jalan.net
授乳はケープでしましたが、おむつ替えはトイレにあったので助かりました。 出典: www.jalan.net

子連れのおでかけで気になるのは、やっぱりトイレ事情。ふれあい広場近くには授乳室もありますよ。

割引情報♪

お金

普通でもお安め設定の天王寺動物園の入場料金ですが、更に割引で入場できる方法が!

大阪市営交通(地下鉄、市バス)が中心となりますが、アクセスに利用する乗車券の提示で割引が受けられるサービスがあります。

①エンジョイエコカード、OSAKA海遊きっぷを提示する

大阪市営交通(地下鉄、市バス)の一日乗車券「エンジョイエコカード」(市営交通が一日乗り放題)やOSAKA海遊きっぷ(市営交通一日乗り放題+海遊館の入館券がセット)を提示すると大人の入場料が500円→350円になります。

②OSAKA PiTaPaを提示する

OSAKA PiTaPa(大阪市営交通を中心に関西圏の鉄道等で使用できるICカード)を提示すると入場料が大人500円→450円になります。(カードの所有者のみ)

こんな事には気をつけて!

動物園だけではないですが、子供とおでかけの際には注意したいことも。マナーの面でも、安全の面でも次のようなことには気をつけてくださいね。

通路が狭いところも。特にベビーカーは周りに注意して!

ベビーカー

天王寺動物園の演出では、アフリカのサバンナやアジアのジャングルのような作りになっているコーナーがあります。見せ方の面からも仕方のないところではあるんですが、混み合うと大人でも行き来が難しくなることも。

小さい子供や、ベビーカーの赤ちゃんだと、ちょうど目の辺りに他の人の鞄や荷物があったりします。自分の体は気をつけていても荷物の大きさまで気が回らないこともあります。人混みでは特に子供さんの周りに気を配ってあげてくださいね。

また、通路が狭いところでベビーカーが2台、3台と並んで歩いているお母さん方を見かけることがあります。
おしゃべり、楽しいですよね。けど、通れなくてイライラの視線が向けられていることもありますよ。お互い気持ちのいいマナーで楽しい時間を過ごしましょう。

動物と触れ合ったら、きちんと手を洗いましょう

手洗い

動物にエサをあげたりできるコーナーもあります。かわいい動物たちですが、彼らが持つ菌やウイルスなどから人に感染するような病気もあります。

動物と触れ合った後は必ず手を洗うようにしましょう。

楽しい記念写真。だからこそマナーに気をつけて

カメラ

子供とのおでかけ。やっぱり皆さん写真を撮りますよね。動物と我が子のツーショット写真なんて、うまく撮れたら、バッチリお家に飾っちゃったりして?

とっても楽しい写真撮影ですが、施設や他の人に迷惑をかけないために、マナーを守ることはとっても重要なんです。

撮影禁止場所やフラッシュ撮影禁止場所は注意を守って

天王寺動物園には、動物保護の観点からフラッシュでの撮影が禁止されていたり、撮影そのものが禁止されている動物舎があります。

かわいい動物たちをきれいに撮りたいのは誰も同じ気持ちですが、動物たちを守るために、撮影禁止場所では決まりを守ってくださいね。

自撮り棒のマナーが注目に

最近、いろんなスポットで自撮り棒を見かけるようになりました。お気に入りの景色をバックに自分で写真が撮れる、便利なアイテムですよね。

自撮り棒で写真を撮る際、やはり人混みには注意してくださいね。長い棒が人に当たると、相手をケガをさせたり、大事なスマホを落とすことも。

また、柵を大きく乗り越えて動物を間近で撮ろうなんて、考えないでくださいね!動物にとってもストレスです。自分の顔の近くで、他人から写真を撮られるようなものですよ!

最近自撮り棒での撮影が観光地でトラブルになっているケースがあります。くれぐれもマナーを守って楽しい写真撮影を!

大人も子供も親しめる動物園

家族 お出かけ

かわいい動物たちと触れ合うことは、子供だけじゃなく、お父さんお母さんの癒しにもなりますよね。たまには広い空の下、う~んと羽を伸ばしてみるのもいいですよ!

家族で。お友達と。おじいちゃんおばあちゃんと。誰もが親しめる動物たちです。気軽に行ける都会のオアシス、天王寺動物園でほっこりと癒されてみませんか。

「天王寺動物園」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!