「おばあちゃんに謝りたい!」クリスマスプレゼントがくれたもう一つのプレゼント

大好きなおばあちゃんからもらったプレゼントは、少し高めのブランドジャージの上下セット。学校に着て行ってねと言われたけど、勿体無くてなかなか着ていけない…初めて学校に着ていく日、ママに写メも撮ってもらった。おばあちゃんに見せてね!パパもママもかっこいいって言ってくれた!でも…。これは甥っ子の切なくて心が温まるお話です。

もうすぐやってくるChristmas☆

クリスマスといえば何を思い浮かべますか?ツリー、七面鳥、ケーキ、サンタ…色々ありますよね!

中でも、子供はもちろん大人もわくわくするのが、クリスマスプレゼントではないでしょうか?大好きな人から貰うクリスマスプレゼントは、喜びもひとしおですよね♪

クリスマスプレゼントにまつわる大切な思い出、きっと誰しもがひとつはあるのではないでしょうか?きっと、彼にとっても、これが大切な思い出のひとつになるんだろうな…そんなお話をご紹介します。

大好きなおばあちゃんからのクリスマスプレゼント

クリスマス

甥っ子は今年小学生になりました。絵に描いたようなやんちゃ坊主で、手を焼くこともしばしば…でも、今年、妹が産まれて、ちょっぴりお兄ちゃんになりました!

そして、何よりも離れて暮らすおばあちゃんの事が大好きです♡毎週日曜日におばあちゃんとデートするのを楽しみにしているほど!

おばあちゃんとデート出来ないときは、ラブレターを書いたりして、かなりおませです

おばあちゃんからの誕生日&クリスマスプレゼント

プレゼント

先日、誕生日を迎えた甥っ子。おばあちゃんは、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントを兼ねて、甥っ子がずっと欲しがっていた、ブランドのジャージ上下セットを贈ることにしました!

孫のために早朝からお買い物

田舎に住んでいるため、甥っ子が欲しいというジャージがなく、早朝から四時間車を走らせ都市部へ。おばあちゃんは、甥っ子が欲しいジャージを探し、試着させ、お気に入りの一着を無事にプレゼントすることが出来ました!

その後、甥っ子が大好きなハンバーグを食べて、デザートにソフトクリームも食べて…。いつもとは違うデート♡そして、また四時間かけて帰宅。甥っ子を送って、おばあちゃんが家につく頃には、辺りは真っ暗でした。

初めてジャージを着て学校へ!

嬉しくて嬉しくて、勿体無くて、なかなか着られなかったジャージ!今日おばあちゃんからもらったジャージ着ていく~!

甥っ子は、パパにもママにもかっこいい!と言われて、上機嫌♪朝からスマホで沢山写真を撮ってもらって。ママ!それ、絶対おばあちゃんに送ってね!

張り切って、学校に向かいました。

授業でも張り切って手を挙げます!

手を挙げる

みんなにもかっこいい!と言われて、ニコニコ。授業も張り切って手を挙げます!

給食をもりもり食べて、待ちに待ったお昼休み…。このあと事件が起こります。

階段で上級生と衝突!

友達と校庭で遊ぶために階段を降りていた甥っ子。先に行く友達に追いつくために急いで階段を降り、廊下に出た瞬間

ドン!!!

廊下を走っていた上級生と衝突。甥っ子は階段下まで吹き飛ばされましたが、上級生は気付かずにそのまま走り去ります。

甥っ子は頭を軽くぶつけたらしく、何が起こったか分からず呆然。近くで見ていた上級生から、大丈夫?と声を掛けられ、ふと我に返った甥っ子。痛い足をみると…

ジャージに大きな穴が…

ジャージの膝の部分が擦れて、大きな穴が開き、その奥には血も見えました。

泣き出した甥っ子。上級生が保健室に行こうと言いますが、動けません。それに気付いた友達も甥っ子の所に駆け付け、何とか二人で説得し保健室へ。友達が担任の先生も呼んでくれました。

ただただ泣き続ける甥っ子。痛いの?と先生が聞くと、甥っ子は泣きながら…。

おばあちゃんにもらった大切なジャージなの

泣く 

おばあちゃんに買ってもらった大事なジャージ…初めて着たのに…穴開けちゃった…ママに怒られる…

大丈夫だよ、ママには先生からお話するから!

おばあちゃんに申し訳ない…おばあちゃん、ごめんなさい…

血を見るのが苦手な甥っ子。血もかなり出ていて、痛いはずなのに、それよりもおばあちゃんがプレゼントしてくれたジャージに穴が開いてしまったことが、相当ショックのようでした。

ショックはかなり大きく

午後からの授業は、ほとんど耳に入らないほど落ち込む甥っ子。時々、ジャージを見ては、思い出して涙ぐんでいたようです。

お迎えに行ったママに担任の先生が、ことの経緯を伝えます。

「ママ、そんなことで怒らないよ。わざとじゃないんだから、仕方ないよ!」

甥っ子は泣き出します。ママに怒られるからとか、怪我した膝が痛いからとか、そんなんじゃないんだと。

おばあちゃんに申し訳なくて、僕が走ったから、僕がだめだから…と言って、自分を攻め続けます。

「おばあちゃんに謝りたい!」

おばあちゃん

ママ、スマホ貸して!と甥っ子。そう言うとおばあちゃんに電話をかけます。しかし、仕事中のため電話に出られないおばあちゃん。

やっぱり…おばあちゃん怒ってるんだ…。おばあちゃんに嫌われちゃう…。

「それより、怪我は大丈夫なの?」

おばあちゃん 

おばあちゃんがやっと電話に出ると、甥っ子は大号泣!おばあちゃん、ごめんなさい…と言うのがやっと。見かねたママがおばあちゃんに事情を説明します。

大丈夫!おばあちゃんそんなことで怒らないよ。また買ってあげる!それより怪我は大丈夫なの?

おばあちゃん、優しい…おばあちゃん、ごめんなさい…。

その後しばらくして、泣き止んだ甥っ子。泣き疲れて、夕飯の時間まで眠ってしまったようです。

素直な心、プレゼントを大切にしたいという気持ち

クリスマス プレゼント

100%自分が悪い訳じゃない。けど、おばあちゃんからのクリスマスプレゼントという、特別で大切な物に傷つけてしまったことを素直に悲しんでいます。

大事に大事に使っていきたかったという、甥っ子の気持ちがひしひしと伝わってきます。そして何より、クリスマスプレゼントをくれたおばあちゃんに対して、申し訳ないと言った甥っ子。

正直、小学一年生の口から申し訳ないという言葉が出てきたことに驚き、少しおかしくも感じましたが、相手に対して申し訳ないと思い、素直にごめんなさいと言えることに感動しました。

プレゼントを大切にするということ

ハート

プレゼントには、贈った人の相手を思う気持ちが沢山詰まっています。だからこそ、それはただの物ではなく、プレゼントになるのです!

大人になると素直になれなかったり、ごめんなさいがなかなか言えなくなったりしますよね。せめて、甥っ子のように、大切な人から貰った大切なプレゼントを、当たり前に大切に出来る人でありたいなと思いました。

「プレゼント」「クリスマス」「エピソード」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!