【子育て漫画】4歳の息子の成長にホロリ…。2015年一番嬉しかったこと

子育てをしていると、辛いことも大変なこともたくさんありますが、その分嬉しいことがあった時は、そんなの全部忘れてしまうくらい嬉しいですよね!日々の生活の中で、「あ、こんなに成長していたんだこの子。」ってジンときてしまうシーンがあるから、子育てを続けられるのかもしれません。今回が息子の成長を感じた、嬉しいエピソードをご紹介します。

息子の行動にツッコミを入れさせて頂きます

幼稚園の息子の小熊と夫の3人家族のぎんと申します。日々の息子の行動に突っ込みを入れています。その様子をイラストで日々綴っております。

登場人物

今回の登場人物はわたくし、母のぎんと息子の小熊です。

小熊・・幼稚園に通う息子。(うるさい・声がでかい・興奮しい・時々優しい)

ぎん・・小熊の母。(うるさい・声がでかい・我が強い・早口)

今回は、息子のほっこりエピソードをご紹介します。
一人でできることが増えて、ママのお手伝いをできるようになってきたことは、成長の証です。
やっぱり親としては嬉しいものですよね!
小熊もだんだんお手伝いなどができるようになってきたと思います!
今回は小熊の成長を実感したエピソードをご紹介します。

「ちょっとどころでなく汚れたハンカチ」

昨日の話。
幼稚園から帰ってきた小熊が洗濯物を出しました。

小熊「ママ、はいハンカチお洗濯して~。あ!!ちょっとだけだけどね~汚しちゃったけどぉ~!

ぎん「あ~ちょっと汚したんだね!OKOK!!ハンカチなんて汚れるもんよ☆」

小熊「まぁ、ちょっとだけだけどね~ハンカチどうぞ~ 」


はい、どーーーーん!!!!

あばばばばばば

裏もビッチリ!!!

あばばばばばば

ち・・・ち・・・・・・・・

何故・・手拭きハンカチに絵の具がこんなに付いてるのwww

その汚れた雑巾クオリティーのハンカチを洗濯機で他の洗濯物と一緒に
洗うわけにはいかないので、揉み洗いしようとお風呂場に置いていた。

そして、お風呂タイムになり・・いつも通りいち早くすっぽんぽんになった小熊が先にお風呂場へ直行。
(お風呂は好きな男・・正確にはお風呂で遊ぶのが好きなだけw)




そして・・その後私がお風呂に入りますと・・


小熊が石鹸つけて雑巾になったハンカチを洗っていました。
ま・・まさかの行動です。(自主的に洗うなんて・・)



で、一人でゴシゴシして・・ついに・・




小熊「ママ~ 見て!!これ見て!真っ白なったよぉ~!」

元通りの白さに!!!!

こ・・こぎゅまぁ・・・

脳内BGM、ミスチル入りまーす。

4歳にもなると・・
色んな事・・出来るね・・
可愛い事も言ってくれるね



あ、でも憎たらしいことも山ほど言われるけどもww

こちらが綺麗になったハンカチです

元通りだじぇええ

ありがとう、小熊!!嬉しかったよ
(汚したのも君だけどww( ´艸`))

毛布を掛けてくれたのは貴方でした・・

さてさて・・
部屋で転がってると・・ついつい・・
うたた寝する事ってありますよね・・。



私は多々あります!!!
転がったら最後、意識が遠のきます。

うたた寝って・・気持ちいいよね・・



で、不思議な事に・・しばらくして起きますと・・
そのまま部屋で何も掛けずに転がって寝てたはずなのに・・

起きたら何故か「枕と毛布」がちゃんとセットされてるんです・・。
いつのまに・・・
こんな事になってるのか・・・誰がやったのか・・・と考えるも
該当者は「小熊 」しかおりません。

・・が
私は爆睡してるんで一度もその「現場」を目撃したことは無いのです。


そんなある日(てか・・昨日の話ww)

いつもの様にテレビ観ながら横に転がってましたら・・
何だか意識が朦朧としてきまして・・

うとうとと夢の世界に旅立とうとした時・・・



小熊が立ち上がり走っていく姿が見えました。

ダッダッダ・・・






帰ってきた息子の手には枕が・・。

その枕を私のそばに持ってきまして・・・


私の髪の毛を思いっきり掴んで頭を持ち上げすばやく枕を頭の下に突っ込んでくれました。

枕をセットした小熊、今度は毛布を運んできました。

毛布を引きずりながら運び・・




私の上に掛けてくれました・・。

うん・・。
感動しました・・。

う・・う・・う・・う・・・・う・・



いつも気付かない間にこんな事をしてくれてたなんて・・
ありがとう・・息子よ・・・涙(iДi)
多分、この出来事は・・
私の中で「2015年度一番嬉しくて感動した出来事」NO.1になるでしょう。


ーおわりー

息子の行動にツッコミを入れさせて頂きます はこちら

「子育て漫画」「幼稚園児」「成長」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!