【子育て漫画】生後6ヶ月マメ子の成長記録

生後6ヶ月。生まれたてほやほやだったマメ子が、ハーフバースデーを迎えました。手足を使い始め、ミルク以外のものを口にするようになり、たくましく成長しています。1日1日進歩しているマメ子を見て、感謝の気持ちでいっぱいです。赤ちゃんの成長は本当にすごい!今回は生後6ヶ月の赤ちゃんの成長記録をご紹介します。

ミーコとミーナの育児絵日記

こんにちは。ミーコです。3歳の娘ミーナと0歳の娘ミーコがいます!

夫のルッチと一緒に楽しく子育てしています。日々の子育てやミーナやマメ子の成長絵日記を書いています。

<A家構成>

私→母→ミーコ :33歳。ずぼら、不器用。在宅ワーカー。

長女→姉→ミーナ :3歳。保育園児。マイペース。根っからの母ちゃんっ子。

次女→妹→マメ子 :0歳。いろいろめっちゃ早い、速い。

旦那→父→ルッチ :33歳。天然。会社員。

今回は、生後6ヶ月のマメ子の成長記録を二つご紹介します。日に日に成長していくマメ子に驚きつつも、その成長を喜んでいます。

生後6ヶ月の記録 ~ズリバイ

次女のマメ子は先日生後6ヶ月になりました。


100日祝い?
ハーフバースデー…?
やっていません!
そのうちどこかのフォトスタジオに写真とりに行きたいなぁとは思ってます(TДT)

それでもすくすくとめまぐるしい成長を見せてくれる
マメ子に感謝する日々です。




現在は
しゃくとり虫ズリバイ +ほふく前進ズリバイ
でサカサカと移動しています。


あと、
お尻を前後にクイクイっと素早く動かして
今にもジャンプして突撃しそうな動きを見せたりしています。

うっ…私のつたない絵ではなかなか伝わらないのが残念です。
もうすぐ普通のハイハイ(高バイ)しそうです。



ずりばいで移動することを覚えてから
早かったですね…



ずりばいを始めた日の翌日。



台所で

「ああ、マメ子。来たのか」





と、居間からひょっこりやってきた次女の姿を
冷静に受け止めた直後に

取り乱しました。




ああああああああああああああああああ!?
早すぎない!?居間から結構距離あったよね?カーブとか障害物とか!!!
そして私の聖域がぁぁぁぁぁ!!!!!!




たいした料理も作らないのに台所に赤子が侵入してくると
ああ、もう私の逃げ場は無くなるんだなって
終わったなって…
なんとも言えないやりきれない思いが交錯しましたね…
成長してくれるのは嬉しいんですけどもっ!



マメ子もズリバイはじまったから
床には何も置かないようにしないとなぁ~っとか
ほんのり考えていたのですが時すでに遅し!
ゴミ箱は倒すし小さい机の上の箱ティッシュは落とすし
テレビ台にある新聞は取るし・・・!!!


母ちゃん毎日焦っちゃうよ!


そして、焦ると必ずと言っていいほど
頭をドアやら窓のでっぱりで強打してしまう
ミーコでした。。。

生後6ヶ月の記録 ~離乳食

離乳食は生後5ヶ月半くらいにはじめました。



最初、10倍粥を与えたのですが

食べる!食べる…!!!



明らかに長女のときと違う!
長女のときははじめ、べぇっと出してしまって
なかなか進まなかったのですが、
マメ子は抵抗がまったくなかったです。



その日
1さじからはじめなければならないのを
あまりにムシャムシャと食べるので
2さじ…3さじ…5さじ!?
とハイペースに与えてしまい、
思わずこれ以上与えていいのか
「離乳食・与えすぎ」とかでググってしまいました…



生後6ヶ月の今では
野菜も白身魚ももっくもっくと食べています。
量は娘の様子とウンチの出具合を見ながらという感じです…



ミルミキサーが重宝しております。
料理下手のめんどくさがり母ちゃんでもまともな離乳食ができるっ(TДT)





そうそう、
3歳7ヶ月になる姉ミーナもマメ子に離乳食をあげたがります。

「マメちゃん、おいしいかぼちゃだよぉ~♪」


微笑ましい光景なのですが、
若干動物にエサを与えているように見えなくもない。
ミーナは動物へのエサやりが大好きなので…



ここは母も便乗して

「ミーナちゃん、美味しいほくほくのかぼちゃだよぉ~♪」


「かぼちゃ、いらんっ」










えええええ!!!さっき美味しいかぼちゃだよぉ~って
妹にあげてたじゃん!!!






最近野菜を食べなくなってしまったミーナ。
困ったものです。



料理に野菜をくたくたに溶かして入れたり
わからなくなるように切り刻んで入れていると
なんだか毒を盛っているような気持ちになる
ミーコでした。

ーおわりー

★ミーコとミーナの育児絵日記★

「子育て漫画」「生後6ヶ月」「離乳食」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!