夫は魔法使い?クリスマスディズニーで最高のサプライズ♡

結婚して初めてのクリスマス。結婚式の準備でバタバタしていて、お互いにクリスマスプレゼントはなくていいよねと、その代わりにディズニーランドにデートをすることに。しかし主人は私に二つのサプライズプレゼントを用意してくれていて、忘れられないクリスマスを過ごせました。相手を想う気持ちに感動させられました。

クリスマスのディズニーランドは幸せがいっぱい!

11月初旬から12月25日まで行われる、ディズニーランドのクリスマスイベント。

パークのワールドバザールの大きなツリーを中心に、パレードやパーク内のデコレーションもクリスマス一色に!

家族や友人、恋人たちが笑顔あふれる心温まるイベントですね。

クリスマスディズニーは奇跡が起こる場所

主人と結婚して初めてのクリスマス。結婚式の準備でバタバタしていたのですが、毎年ディズニーランドのクリスマスツリーはかかさず見ているので、何とか都合をつけて、パークに行くことになりました。

忙しかったので、今年はクリスマスプレゼントなくていいよね、と話していたので、そこはお互い合意していました。

そのため何も用意していなかった私でしたが、主人は違ったようです。

クリスマスディズニーで最高のサプライズ♡

ワールドバザールにある、大きなクリスマスツリーの下で、プロのカメラマンが写真を撮ってくれるサービスがあったので、私達もその列に並ぶことにしました。

40分ほど待つと言われたので、その間に主人は荷物をロッカーに預けてくるね、と言い残し、私は一人で列に並ぶことに。しかし、20分、30分経っても主人は戻って来ず、どんどん迫りくる順番に、焦り始める私。

どんだけ時間がかかってるんだ!と怒りさえこみあげてきました。

残り3組程でようやく戻ってきた主人。

ロッカーが奥の方しか空いてなかったのと、トイレも混んでいたとのことだったので、しぶしぶ許した私。順番もちょうど来て、最高な写真が撮れました。

ディナーの時に差し出された小さな箱のなかには…

その後夕飯をとることになり、レストランへ。夕飯を済ませた後に、主人が小さな箱を私に渡してきました。キョトンとする私に、ニヤニヤする主人。箱を開けると、ガラスでできた美女と野獣に出てくるバラの置物が!

お昼にパーク内を散策している時に、通りすがりに見つけて気になっていたものでした。その時は今回は諦めようと話して、買わなかったもので、写真の待ち時間にこっそりバラを買いに行っていてくれたのでした。

本当に本当に感動して、思わず涙・・・。

何もないのもなーって思ってと照れくさそうに話す主人。彼の優しさに感動しました。

隠されていたもう一つのプレゼント♡

閉園時間も近くなり、楽しかった一日も終わり。

帰ったら主人に何かお返ししようと心に決め、駐車場に戻ると、助手席に大きなラッピングされた箱が・・・。

思わず駐車場で、わーーーーと声を上げてしまいました。なにこれなにこれ!!主人はまたもニヤニヤ。

開けてみると、こちらは前々から用意していたと思われるクリスマスツリー!我が家にはクリスマスツリーがないよねと話していたのも覚えていたのです。

私ったら、何も用意していなかったのに、主人は2つも・・・。数も然りですが、それよりも気持ちが嬉しくて嬉して、ディズニーの魔法だけじゃなく、主人からも魔法をかけてもらった気分でした。

夫は魔法使い?♡相手を想う気持ちの大切さ

主人はいつも相手のことを思い遣れる、人間的に強くて優しい人です。私はプレゼントなくていいよねの合意で、それでいいやというタイプなのですが、今回大きな二つのサプライズをしてもらったことにより、心底温かい気持ちをもらえましたし、相手を想うということの大切さを学びました。

相手が喜ぶ顔が見れれば、自分もそれが幸せ。それは見返りがなくともシンデレラをお姫様に変身させた心優しい魔法使いのよう。

相手に喜んでもらえるように思い遣る気持ちってとても大切なことで、世界中がそういう気持ちであふれていたら、世の中から争いや貧困や格差がなくなったり、小さな積み重ねでも、小さな一人一人から始めて行けば、きっといつか大きいものになって、世界に広がればもっと平和な世界になれるかなと感じました。

まさにIt's a small world!

私もそういう風に感じ取ってもらえる人になりたい。大きく見なくても、周りにいてくれる人を幸せにしてあげたい。

主人からのクリスマスプレゼントを通して、そんなことを思わせてくれる、そんな1日でした。

世界中が幸せな奇跡に包まれますように・・

「プレゼント」「クリスマス」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!