【出産漫画】予定日超過!フリースタイルでの私の出産体験談紹介

はじめまして、育児絵日記を書いている「いっち」と申します。もうすぐ2歳になる娘と夫と猫と生活しています。今回は私が初めて体験した出産時の様子をお送りします。出産は十人十色、予定日はあくまで予定…。予定日を5日超過して始まった私の陣痛とどうやって出産に至ったかをイラストでご紹介します。

~いっちのいくメモ~ 登場人物

いっち(母)、ゆう(父)、のんちゃん(娘2歳)、はな(猫メス)の3人と1匹家族です。

初めての妊娠、出産、育児のことを漫画で描いています。

出産は1人1人違うものです。出産体験の話って気になりませんか?今回は娘出産時の体験をお送りします。

出産に至るまでの体験談紹介

娘の出産予定日は12月24日でした。ドキドキしながら当日を迎えましたが、予定日を1日過ぎ…2日過ぎ…。

お腹がキューッと張り、なんだか痛い。ついにきたか!?と思っても、それは前駆陣痛だったり。

自身のイラスト

陣痛が起こるジンクスで有名な「オロナミンCを飲む」「焼肉を食べる」をやってみましたが効果はありませんでした…。

陣痛が起きやすくなる!?陣痛ジンクス5つと体験談を紹介

関連記事:

陣痛が起きやすくなる!?陣痛ジンクス5つと体験談を紹介

「まだ生まれないの?」出産予定日なのに、陣痛の気配すらない……。予定日を…

恐怖の内診グリグリで陣痛がきた!

予定日から4日過ぎ、まだ生まれていないので妊婦健診があり、妊婦界で恐れられていると噂の「内診グリグリ」をされました。

自身のイラスト

人によって感じ方は違うと思いますが、私は息が止まるほど痛かったです。グリグリされた後はしばらくお腹が痛み、おしるしのような出血がありました。

そして翌日の予定日超過5日目。グリグリのおかげか、朝から定期的な張りと痛みがありました。

自身のイラスト

11時頃。


痛みはだんだん強くなり、陣痛アプリで時間を計ってみると5分間隔で痛みがきていました。

陣痛の痛みは生理痛のすごく重い痛みだとか、ひどい下痢を我慢しているような痛みだとか、お腹ではなく腰が痛かったとか聞いていましたが、私の場合、子宮を思いっきり雑巾のように絞られてるような痛みでした。

痛みが来ると移動するのも辛く、動けなくなるほどになっていたので病院に電話。

すると入院準備をして来るように言われたので、陣痛の痛みが引いた瞬間に車に乗り込み、病院へ。この日は旦那が仕事休みだったので、タクシーではなく自家用車で向かいました。

内診グリグリとは?出産までの時間や痛みの強さの体験談

関連記事:

内診グリグリとは?出産までの時間や痛みの強さの体験談

妊婦さんの間で「内診グリグリ」と呼ばれる、出産予定日が近くに行われる医…

まさかの帰宅

病院に着いたらまずはNST、助産師さんに内診してもらうと子宮口は3センチ開いてました。

しかし5分間隔できていた陣痛が10分間隔に伸びてしまい、まだまだ時間がかかるだろうから「家で様子見て」と帰されてしまいました。

自身のイラスト

このまま入院する気で病院に来たのに、まさか帰されるとは…。痛みに耐えながら帰宅したのですが、ご飯も喉を通らず、お風呂なんて入る余裕もなく。

陣痛も3分間隔に縮まっていました。再び病院へ連絡し、病院へ向かいました。

陣痛にひたすら耐える

13時頃。

病院に着くと病室へ案内され、そこでしばらく陣痛に耐えることに。1時間おきくらいに内診で子宮口チェック。

これが結構痛くて、陣痛と内診の痛みが同時にきて辛かったです。

陣痛中は、お尻にテニスボールをあてたり、目の前にある物を必死に掴んだり、旦那に腰をさすってもらったり…。

クッションを抱えるようにする体勢が一番耐えやすかったので、ほぼこの体勢でした。

自身のイラスト

16時ごろ。

子宮口が6センチ開いたところで、LDR室へ移動。

陣痛が始まってから8時間。

助産師さんに今夜中には生まれると励まされましたが、まだこの痛みに耐えなきゃならないのかとガックリしました。

自身のイラスト

LDRのメリット・デメリットって?陣痛、分娩、回復を同室で行えるって本当?

関連記事:

LDRのメリット・デメリットって?陣痛、分娩、回復を同室で行えるって本当?

「LDR」という言葉をご存知ですか?出産時に、陣痛室から分娩室へと部屋を移…

微弱陣痛になってしまい…

自身のイラスト

季節は冬だというのに、暑くて汗はダラダラ、鼻水、涙…。

ずっと傍にいた旦那が、陣痛がくれば腰をさすり、お茶を飲ませてくれたり、鼻水や涙を拭いてくれてました。

順調に進んでいると思われたお産ですが、子宮口もまだ全開にならず。定期的にきていた陣痛が3分だったり5分だったり定まらなくなってきました。

この時私は知らなかったのですが、産後助産師さんに「微弱陣痛になっていた」と初めて聞かされました。

いよいよ出産間近

22時ごろ。

ずっと四つん這いで陣痛に耐え、腕や足はガクガクプルプル、腰は痛い。そんな時、ついに赤ちゃんがおりてきている感じが!

やっと子宮口全開になったのです!

陣痛の度に思いっきりいきみます。いきむ。いきむ。

だんだん股に違和感が!赤ちゃんが股にはまっているらしく、痛い。(陣痛とは明らかに違う痛み)

そして破水してなかったので、ここで人工破膜。

自身のイラスト

赤ちゃんの頭が触れる位置まで見えてきた時、

自身のイラスト

柔らかいし、髪の毛がフサフサしてるのがわかりました。

もうすぐ会える!俄然やる気がでてきました。その後、何回かいきむとやっと頭が半分出てきました!

自身のイラスト

頭がでてきてからは早く、ついにその時が!

自身のイラスト

23時6分。

無事娘が誕生しました。

お産はフリースタイルで

この病院では、お産は楽な姿勢での自然分娩(フリースタイル)をすることができました。

なので、私は四つん這いのまま生むことになりました。(正直、痛みのせいで体勢を変えるのも辛かったので良かったです)

なるべく会陰切開をしない方針だったので、会陰切開はしませんでしたが、生まれる瞬間、猛烈にお股が痛み、裂けてしまいました。

後の処置で麻酔してもらい、裂けたところを縫ってもらいました。

初産の分娩時間の平均は約12~16時間。私の場合、15時間。長い長いと思ってたけど、意外と平均でした。

これから出産を迎える方に

自身のイラスト

産後しばらくは伸びた皮がたるんで、まだお腹がポッコリしていました。

妊娠してから、うつ伏せで寝ることがなかったので、うつ伏せで眠れるようになったときの快感はたまりません。

そして、あんなに痛かった陣痛。不思議なことに、今ではどんな痛みか忘れてしまいました。

これから出産を控えてる皆様が安産でありますように。

日々空回り ~いっちのいくメモ~

「出産」「体験談」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!