妊婦さんや育児中のママ必見!2児のママ宋美玄さんのブログが超!ためになる☆

TVなどでもご活躍中の宋美玄さん。産婦人科医でもありながら、彼女は2児のママでもあります。ママ業に仕事にタレント業に活躍中の宋さんですが、彼女が書いているブログはプレママ、そしてママのためになる情報がたくさん盛り込まれているってご存知でしたか?そんな宋さんのブログをご紹介したいと思います!

産婦人科医 宋美玄さんは2児のママ

最近二人目を出産された宋美玄さん。彼女は産婦人科医でもあり、時々TVにもご出演されています。現在放映されているドラマ「コウノドリ」にもゲスト出演されてましたよね。

宋先生はブログをやっていらっしゃるんですが、このブログがこれからママになる人や育児中のママに参考になる情報がたくさん!

時には女医の視点から、時にはママの視点からの記事がアップされています。

宋美玄さんのプロフィール

  • 名前:宋美玄
  • 出身:1976年、神戸市生まれ
  • 職業:産婦人科医、性科学者
  • 家族構成:夫・娘・息子

宋美玄さんのブログ

宋美玄さんのブログをチェック☆

実際に宋美玄さんのブログから、勇気をもらえる!ためになる!という内容をご紹介します!

母乳育児には授乳姿勢が大切!

産後2週間を過ぎた宋先生。1人目の時との授乳の違いを語りつつ、母乳育児の改善点を見つけられたのだそう。それはなんと「授乳姿勢」!

いろいろ母乳育児について勉強したところ、改善すべきだった点はとにかく

授乳姿勢がまずかった

という点に尽きると思います。 出典: ameblo.jp

前回は、病院ベッドのリクライニングを起こした状態で、よく見かける、そら豆型の授乳クッションでの授乳だったそうですが、とても使いにくかったのだそうです。

前かがみでの授乳で、赤ちゃんも浅吸いになり、乳首トラブルにも悩んだそうです。今回は、ハッピーピローというものを使って、楽な姿勢で授乳しているんだそうですよ。

私は、よくあるそら豆型の授乳クッションを入院時の5日間使って、典型的な前かがみでの授乳をしていたので、宋先生の1人目の授乳の大変さと同様な感じで大変さを感じていました。

もし、次の機会があったなら、ブログでご紹介されていた楽な姿勢での楽ちん授乳を出産直後からやってみたいです☆

第2子出産について

宋美玄さんは先月、第2子となる男の子を出産されています。出産には、旦那様は立ち会えなかったということですが、娘さんは立ち会ったのだそう。

ミコたんは立ち会うことになりましたが、私が叫びまくってたので、うるさがってました…(普通は怖がるらしい)
そして生まれた弟のことはすぐに触ったり撫でたりして、とっても可愛がっています。引き剥がすのが大変です。寝てるとこちょっかい出して起こすのは絶対やめてって言い聞かせないと。助産師さんに手伝ってもらって弟を早速抱っこしました。
そしてママにもすりすり。いろいろ思うことがあるんだね。 出典: ameblo.jp

立ち会いでも怖がることなく…というところは、凄いですね。

コウノドリへの出演

実は、出産直前に、宋美玄さんは「コウノドリ」へゲスト出演されています☆

ドラマ化が発表された時、ちょうど妊娠中だったので、「妊婦エキストラで出たーーい」とサクラ先生のモデルになった荻田和秀先生に言ってみたところ…

実現することに

昨日35週のお腹で撮影現場にお邪魔しました。

サクラ先生と下屋先生と四宮先生にお会いしましたーーー 出典: ameblo.jp

こんなことは普段なかなか無いですよね。宋美玄さんもお腹の赤ちゃんも貴重な体験をされたんですね♪

抱っこ紐について

宋美玄さんが妊娠中の今年の6月、抱っこ紐に関する記事で多くのママから反響がありました。記事の内容が、赤ちゃんが抱っこ紐やベビーカーなどで気持ちよく腹式呼吸が出来ているかどうかが大事というものでした。

抱っこひもやスリングで大事なことは、

赤ちゃんに落下などの危険がないこと(抱く人の胸の位置より低い位置にぶら下げるようなスリング使いはNG)
窒息の心配がないよう、呼吸を妨げない姿勢であること(極端に丸まるような姿勢はNG)
股関節脱臼が起こらないように赤ちゃんの脚がM字に開くこと

で、抱っこひもについてよく意見交換をさせていただいている「北極しろくま堂」の園田正世さんによれば、

・抱っこした時に赤ちゃんの様子が必ず見え、赤ちゃんの頭の上にキスができるように
・高い位置でスリングを着用する事

が重要で、首がすわる前のスリングでの横抱きは窒息の危険があるため2007年より(日本では)縦抱きに変更されているそうです。 出典: ameblo.jp

赤ちゃんが生理的な腹式呼吸ができる姿勢というのは、赤ちゃんの骨盤底筋を守ることにもつながるのだそうです!

これは今まで知らなかった情報なので、抱っこ紐の買い替えを考えていた私には、とても参考になりました。

憂鬱な時期もこれで快適に過ごせそう?

猛暑で汗だくの季節、ナプキンのむれやかぶれに悩まされる方が激増します。
ほんま、今こそもう一度月経カップをおすすめしたいです。 出典: ameblo.jp

私は、宋美玄さんのブログを拝見するまで、月経カップというものを知りませんでした。宋美玄さんも同じく女医の妹さんから教えてもらったのだそうです。

月経カップとはどんなものなのでしょう?どうやら、ブログによると、サイズが2種類(大小)あって、経産婦は大きい方がいいのだそうです。

使い方ですが、つぶして奥まで入れると勝手に開く仕組みで、月経血が出てこないため快適なのだそう。トイレでカップを取り出すと、月経血をそのままトイレに捨てることが出来るという優れもの!シリコンで作られていて、洗いやすくて、何よりも清潔ですよね☆

この月経カップの記事も反響が凄くて、使い方などのQ&Aの記事もあります♡

私もこの記事を読んで、ちょっと月経カップ気になっています。使い方(扱い方)さえ覚えてしまったら何となく楽そうな気がしました。

月経カップQ&A

宋美玄さんのブログには女性が知っておきたい情報が盛りだくさん☆

いかがでしたでしょうか?宋美玄さんのブログでは、今回ご紹介した記事の他にも、プレママやママが知っておくと便利な情報が盛りだくさん詰まっています。

読み安い文章で書いてくださるし、コメントへの反応も記事にして回答してくださったりするので、そういう点も嬉しいですよね☆

まだ、宋美玄さんのブログを見たことがない!というプレママ・ママの皆さんは、是非一度覗いてみてくださいね♡

毎回チェックせずにはいられなくなっちゃうかも!

「ブログ」「女医」「宋美玄」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!