妊娠中をコミカルに漫画化!EMIさん配信のSNS漫画がシュールでおもしろい♡

自身のTwitterやブログにて、妊娠にまつわるオリジナル漫画を配信しているEMI(えみ)さん!妊娠中のあるあるや悩み、旦那さんとの関係、子宮で起こっているだろう現象を独自の世界観で表現。他の妊娠漫画やブログにはないシュールさや、目線で人気を集めているようです☆妊娠中の人も、そうでない人も是非チェックしてみて!

SNSで話題!EMIさんの妊娠漫画がシュールでおもしろい!

妊娠にまつわる漫画をシュールなタッチで描き、自身のブログやTwitterで配信しているEMI(えみ)さん(@e3_noguchi)が話題に!

妊娠中のあるあるは、妊娠経験者なら共感するポイントのオンパレード!

また、子宮の中の人を描いたネタはEMIさん独自の発想と世界観で描かれ、おもしろおかしく読んでしまいます。

そんなEMIさんの妊娠漫画をご紹介します♪

えみ -EMI-さんってどんな人?

Twitterやブログで妊娠にまつわる漫画を配信。現在、夫の竜人さんとお腹のベビーと暮らしている様子!

漫画のほかにも、ニコ生やツイキャス等でリアルタイム生放送などの活動をしていらっしゃるようです♪

妊娠あるあると驚きの発想力!笑い泣き必至のストーリーは?

特にテーマが分かれているわけではありませんが、漫画では主にこんなことが描かれています。

①妊婦の日常あるある

つわりや検診、妊婦ファッションや優先席でのできごとなど、妊娠経験者なら誰でも一度は体験したことがあるであろう「あるある」ネタを独自の目線で描いています。

②夫・竜人さんとの生活

この漫画の主な登場人物はEMIさんと、夫の竜人(りゅうじん)さん。そしてお腹の中の赤ちゃんと、赤ちゃんを作る人たち。

全体的にコミカルでシュールな漫画ですが、夫の竜人さんとの日常には彼のやさしさが垣間見え、思わずほっこり♡

③子宮なかで起こっていること

これぞ、他の妊娠漫画と一線を画すEMIさんオリジナル!

赤ちゃんのぼやきや、赤ちゃんがつくられる様子や作っている人々(?)など「子宮のなかで起こっていること」を独自の世界観で描いています。

EMIさんの妊娠漫画、ここがたまらない!

画のタッチも、ストーリーもシュールでコミカル!電車内で読もうものなら、吹き出し笑いには注意が必要なEMIさんの漫画。

私が「ここがたまらない!」と感じたポイントを3つご紹介しますね♪

たまらなポイント①とにかくあるある!

検診の風景や、電車やバスなどの公共機関、つわり生活など妊婦生活に「あるある」なネタの切り取り方がもうたまらない!

妊娠経験者なら誰もが一度は感じたことのある悩みも笑いや感動に変えてしまう、EMIさんの思考に脱帽です。

たまらなポイント②夫・竜人さんがやさしすぎ♡

個人的には、夫・竜人さんのやさしさがたまらな過ぎます♡

家事があまり得意でないEMIさんをさりげなく手伝ったり、ツライつわり時期をサポートしたり、お腹のなかの我が子への愛情が溢れでていたり…。

しかもイクメン然とするわけでもなく、本当にさりげな〜く見せるやさしさがたまらない♡

EMIさんと竜人さんはご結婚されてまもなくお子さんを授かったようですが、EMIさんの妊娠の経過とシンクロするように竜人さんがパパとして成長していく様子も垣間みえます。

たまらなポイント③子宮のなかの人の臨場感!

世に数多く存在する、妊娠出産系の漫画。作品ごとにそれぞれ面白さがありますが、EMIさん漫画の真骨頂はなんといっても「子宮のなか」の描き方!

それはまるで、映画にもなった漫画「脳内ポイズンベリー」の子宮版。本当にこんなことが起こっているのでは!?と思うほど臨場感たっぷり。

赤ちゃんが作られていく過程やそれを作っている架空の人々(?)に迫力さえ感じてしまいます。一方、EMIさん本人は能天気に描かれることが多く、そのギャップもたまりません!

EMIさん漫画で、妊娠悩みも笑い飛ばそう!

ツライつわりや環境や体調の変化など、けしてハッピーなことだけではない妊娠生活。

そんな時、同じ経験や悩みを持つ妊婦さんのブログなどで励まされることって多いですよね!

EMIさんも、現役妊婦さん。漫画もこれからどうなっていくのか楽しみ!話題のEMIさんの妊娠漫画、是非Twitterやブログでチェックしてみてください♪

EMIさん公式twitterはこちら♡

EMIさん公式ブログはこちら♡

※こちらの記事は、EMIさんご本人に許可をいただいて執筆しております

「妊娠」「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!