あたりまえ?性差別?「夫婦別姓」認めない判断にさまざまな声

2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について、最高裁が「憲法に違反しない」という判断を出しました。今回の最高裁の判断を受け、夫婦別姓をめぐる議論はさらに白熱しています。反対派、賛成派それぞれの意見をまとめました。

夫婦別姓を認めない規定、「憲法に違反しない」と判断

2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について、最高裁が「憲法に違反しない」という判断を出しました。

この規定を巡っては、夫婦は同じ姓にすべきか、別姓を選べるようにすべきか意見が分かれ、さまざまな意見が飛び交っていました。

今回の最高裁の判断を受け、夫婦別姓をめぐる議論はさらに白熱しています。

「夫婦別姓の必要はない」反対派の意見

今回の最高裁の判断と同じく、夫婦別姓の必要はないとする人たちの意見をまとめました。

通称として旧姓を使えば問題ない

婚姻届

今回の判断の理由として、裁判長は

名字が改められることで、アイデンティティが失われるという見方もあるが、旧姓の通称使用で緩和されており、憲法に違反しない 出典: www3.nhk.or.jp

と指摘しています。「通称で旧姓を使うことができれば、アイディンティティが失われることはない」と考える人も多いようです。

どちらでも…というよりそもそもあまり関心がない

「正直なところ関心がない」というのが最も多い意見なのかもしれません。

苗字が変わる=結婚した って実感がある気もする

指輪 結婚

女性の中には結婚して姓が変わることがうれしいという人も。

私は反対!夫婦別姓でパートナーと生きる事にあなたは賛成ですか?

関連記事:

私は反対!夫婦別姓でパートナーと生きる事にあなたは賛成ですか?

夫婦別姓についてどう思うかと聞かれたら、私の意見は反対です。2人が満足し…

「夫婦別姓を認めて!」賛成派の意見

夫婦別姓という選択肢を作ることに賛成する人たちの意見を集めました。

姓を変えると、経済的な損失もある…

サイボウズの青野慶久社長は、結婚して妻の姓に変更した少数派のひとり。

戸籍上の姓が変わったため、株式の名義の書き換えに数百万円かかったり、銀行口座の名前を変えたり、新しい印鑑を作るなど、手間とお金がかかったと語っています。

海外出張でホテルに泊まる際は、パスポートと名前が違うためトラブルになったこともあるそうです。

基本はどちらかの姓ではなく自由につけられたらいいと思います。姓には『家』という概念がつきまといます。妻の姓にすると言うと、私の親は『青野の名前が途絶える』と言い、妻の親は『継いでくれた』と。家を守るという考え方や、夫婦別姓に反対する気持ちもわからなくはないが、無理やり押しつけることはないと思うし、そのような考え方は廃れていくと思います 出典: www.nikkei.com

日経新聞のインタビューで、夫婦別姓の問題についてこのようにコメントしていました。

意図せず、結婚・離婚がわかってしまう

さまざまな時事問題への鋭い指摘が話題のフィフィさんは、日本で夫婦別姓が認められない背景には、世間体を気にしすぎる独自の風潮があるとしています。

“離婚したら名字が変わってしまうから、離婚したことが世間にわかっちゃうよ、それでもいいの?”という男性の女性を束縛する意識も感じられますよね。そして実際、世間は名字が変わったことに干渉してくるから、肩身の狭い思いをしなければならない。世間体を気にせざるを得ない風潮があるわけ。あるいは、親が離婚し、親権を母親が持った場合、子どもの名字が変わってしまうことになって、それが原因で子どもがいじめられてしまうのではないかという世間体を気にした危惧。 出典: www.jprime.jp

妻が夫の姓を名乗る場合が96%…不自然でしょ!

民法では、どちらかの姓を選べることになっていますが、実際は夫婦の96%が夫の姓を選んでいます。

そのため、今回の最高裁の判断に対して「男女が事実上平等とはいえない実態をわかっていない」という声もあるようです。

そもそも…裁判官15人のうち、女性がたったの3人!

15人いた裁判官のうち、女性は3人。

男性裁判官3人、女性裁判官12人で同じ裁判をしても、同じ結果になったのか?」などと、疑問を投げかける声も目立ちました。

「夫婦の一体感がなくなる」って言うけど…

夫婦別姓反対派の常套句ともいえる「夫婦の一体感がなくなる」という言葉。

これについてはV6の井ノ原快彦さんも、NHK「あさイチ」で「まあ、(氏名が)同じでも、一体感がないときもあるからねえ」
「他人同士でも一体感は生まれるから」とコメントし、注目されました。

あなたはどう考えますか?

原告や支援者は今回の最高裁の判決とは別に、夫婦が同じ名字にするか別々の名字にするかを選べる「選択的夫婦別姓」を求める活動を続けるとみられています。

また、国連の女子差別撤廃委員会は、日本の規定を「差別的だ」とし、日本政府に対応を求める勧告を出しています。

今回の最高裁の判断は「名前ってなに?」というシンプルな問題について考えさせられるきっかけになったといえるかもしれません。

今後も議論が続きそうな「夫婦別姓」。あなたはどう考えますか?

「夫婦別姓」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!