災害に備えた準備は万全ですか?子供がいる家庭の常備食品

いつおこるか分からない首都直下型地震や南海トラフの大地震。そのほかにも台風や集中豪雨などいつ、どこで災害に巻き込まれるか分かりませんよね。災害を食い止めることは難しいですが、事前に常備品は準備して被害を減らすことはできます。ご家族を守る為の大切なポイントをご紹介。何かあってからでは遅いのです。しっかり確認しましょう。

いざという時に!心と身体を満たす大切な「非常食」

災害時はライフラインがストップし、物資や食料が不足します。特に、首都直下型地震などの大きな被害が予想される災害では、手元に物資が届くまでに時間がかかることが予想されます。非常食は栄養や水分を摂取することでき、生命の維持や健康を損なわない為にはとても大切なアイテムです。

震災発生後、期間によって必要な食品は変わってきます。また、冷蔵庫がない為、缶詰やレトルト食品は使い切ることのできるサイズを用意しときましょう。

ご家族の年齢や体質に合わせて非常食を準備する事がとても大切なのです!

震災後3日間

非常持ち出し袋にいれる災害食が必要です。電気、ガス、水道が使えなくても食べることのできる物を準備しましょう。

震災後1週間~

やや落ち着きを取り戻す時期です。電気が復旧する可能性があります。自宅に備蓄しているカップラーメンや缶詰、無洗米など、長期保存ができる災害食を準備しましょう。

どのような食品を用意すれば良い?

「非常食ってどんなものを用意すればいいの?」など分からないことがありますよね!今回は是非準備をする際に参考にして頂きたいアイテムをご紹介いたします。

1.水

絶対に準備しておきたいのは「水」。1人1日3リットルを最低でも3日分必要と言われています。

非常用に長期保存ができるお水も発売されています。お値段が気になる方は、スーパーなどで販売されているミネラルウォーターでもOK。ただ、賞味期限のチェックは忘れないようにしておきましょう!

また、小さなお子様がいらっしゃるご家庭は「軟水」、「硬水」など種類にも気をつけて、なるべく普段飲んでいる種類を用意しておくことがおすすめです。

2.非常食セット

ご飯、パン、おかずなど様々な種類の非常食があります。

「1人どのくらい用意しておけばいいの?」と思う方も多いですよね!1人3日分の非常食がセットになっている物も販売されているのでこちらも是非チェックして見てくださいね。

3.家族の好きな食品、食べ慣れている食品

災害時は、精神的にとても不安でストレスがたまりやすくなり、食欲も落ちてしまいます。特に、周りの雰囲気を敏感に感じとるお子様は非常食を食べてくれない場合も考えられます。

そんな時に、普段食べ慣れているものや、好物を食べると気持ちがホッと落ち着きますよね!

非常用に保存ができるお菓子や羊羹、缶詰のフルーツなど、スーパーでも簡単に手にいれることができます。是非持ち出しバックに1品はいれておいてくださいね。

4.アレルギー対策の食品

食物アレルギーをお持ちのご家族がいる場合は、アレルギー対応の食品は必ず準備しましょう!

避難所で配給される食品は、大半がアレルギー対応がされていないものです。他の家族よりも多めに準備しておくと安心です。

5.粉ミルク

授乳期のお子様がいらっしゃるご家庭は粉ミルクと哺乳瓶を準備しましょう!非常持ち出し用以外にも、普段使う粉ミルクを少し多めにストックしておくのも安心ですよね!

また、ストレスで母乳がでなくなる場合もあります。普段、母乳だけの方も念の為に準備しておくと安心です。

お湯を準備できない場合でも安心!簡易の湯沸しアイテムもありますよ!また、使い捨ての哺乳瓶もあり、哺乳瓶を洗浄、消毒ができない環境でも安心です。

6.ベビーフード、離乳食、子供用のお菓子

離乳食期のお子様がいらっしゃる場合は、粉ミルク同様、かならず準備しておきましょう。

食べたことのあるベビーフードや子供用のお菓子があると安心です。

また、離乳食が完了しているお子様でも、避難所で配給される食品が食べにくい場合もあるので、お子様にあったベビーフードを準備するのもおすすめです。

ベビーフードは月齢によって変わってくるため、非常用持ち出しバックにいれる場合はこまめに確認をしてくださいね!

7.野菜ジュース

避難食を食べ続けていると野菜やフルーツを食べることができません。ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が不足して健康被害に結びついてしまいます。

手軽に野菜の栄養素を摂取できる野菜ジュースはおすすめです!また、お米に野菜ジュースをいれてリゾットのようにすると離乳食にも使えますよ。

普段のマザーズバックにも用意しておきましょう!

親子

災害に巻き込まれるのは自宅にいる時だけとはかぎりません!外出時でも一晩は過ごせるように、粉ミルクやおむつ、水分、離乳食やお菓子など、お子様の空腹を満たすことのできる食品を少し多めにいれておくと安心です。

あなたの家族にあった非常食の準備を!

避難

必要な非常食は、ご家族の年齢や人数、体質によって変わってきます。

また、食べたことのない非常食は一度口にしてください!食は、栄養を摂取するだけでなく安心感をもたせる効果も期待できます。是非「美味しい!」と思えるものを用意してくださいね。非常食には賞味期限があります。こまめな確認も忘れないようにしましょう。

そして、「うちの家では何が必要なのか?」「どこに置いておくといいのか」などを家族で話し合い、いざと言う時の為に備えておきましょう。

「子供」「常備食品」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!