ダイアモンドユカイさんの愛の深さに涙!愛情たっぷりの子育てエピソード♡

バラエティーやトーク番組、情報番組でご活躍中のダイアモンドユカイさんのプライベートに迫ってみます。ロックンロールを意識した見かけからは想像できない程のイクメンぶりや、奥様への思いやりや愛など、家族との触れ合いについてレポートします。これを読み終わるころには家族の大切さを改めて感じることができるかも?

伝説のロックンローラー・ダイアモンドユカイさんのイクメンっぷりに迫る!

皆さんはダイアモンドユカイさんをご存じですか?ご覧のようにイケメンで華やかな男性で、多くの女性を虜にしているのではないでしょうか?

けど実は、テレビに映し出されるそのギラギラの華やかなロックンローラーの姿からは想像もつかないほど家では「イクメン」のダイアモンドユカイさん♡

あさイチイクメンPR大使にも任命されているダイアモンドユカイさんのギラギライクメンっぷりに迫ります!

ダイアモンドユカイさんのプロフィール

  • 生年月日 1962年3月12日
  • 出身地 東京都
  • 血液型 B型
  • 家族 妻、娘、双子の息子
  • 1986年、伝説のロックバンド「RED WARRIORS]のボーカルとしてデビュー。解散後、ソロ活動、俳優、バラエティーと幅広く活動。今年デビュー25周年。

ダイアモンドユカイさんの自慢の家族♡

ユカイさんは2009年に結婚。奥様は一般人なので、名前は公表していませんが、ユカイさんのお言葉を借りると「タンポポのような女性」だそうです。素朴だけれど、明るくてかわいらしく、そこにいてくれるだけでホッとするような存在でしょうか。

お子様は上は女の子、新菜(にいな)ちゃん(2010年生まれ)、長男 頼音(らいおん)くん、次男 匠音(しょーん)くん(2011年生まれ)

家族についてはブログに愛情いっぱいのイクメン、イケダンぶりが書かれています!ギラギラな幸せぶりが見えるようです!

これぞロックンロール子育て!?愛情いっぱいの子育てエピソードをご紹介☆

それでは、ダイアモンドユカイさんの愛情いっぱい子育てエピソードをご紹介!

実は今のダイアモンドユカイさんの姿は数々の困難に打ち勝ってきたからこそあるもの。一見の華やかさの陰に奥様との地道な歩みが見えてきます。

無精子症を乗り越えて生まれた第一子

2010年2月、ユカイさんご夫妻に待望の第一子の新菜ちゃんが生まれました。ユカイさんの無精子症による長期の治療、体外受精によって授かったご夫妻の宝物。ミニアルバム「Nina」も発表されました。(講談社より自身の病気を告白した本「タネナシ」を発表されています。)

2011年には双子の男児も誕生!無精子症をこのように、家族で乗り越えていらしたのでしょう。

妻の難病が発覚「生きているうちは俺が守る。」

ある日、奥さんが緑内障にかかっていることが発覚。奥さんは「迷惑かけるから。」と言って別れを切り出したそうです。そんな奥さんにユカイさんは・・・。

「生きているうちは俺がまもるから。お前しかいないから。」と言って涙を流したそう・・。その後はもちろん別れることなく、今は点眼で症状を抑えているとのことでした。ユカイさんは「一応関白なんで。」とも言っていたそうです。

しかし、後にブログでユカイさんはこの告白のことで妻に責められたと書いています。「守ってやる。」と言ったユカイさんに対して奥さんは「ユカイさんにお世話はムリ。おしゃべりユカイ!」と言って切り返したそう・・。ちょっと亭主関白疑惑ですが、こんなやりとりも仲が良く信頼し合っているからこそ・・・。

ロックンロール魂で子供たちの成長を熱く見守るユカイさん

ユカイさんはオフィシャルブログ「ユカイなサムシング」でお子様方について愛情たっぷりに触れています。

例えば、「俺の家族」では、家族そろってのお参り。屋台や金魚すくい。ロックンロールとはかけ離れたイクメン・ダイアモンドユカイがそこに!

他にもブログ内には

自分なりのステップで…

人生はお前が歩く道程さ。

躓いても立ち上がれ失敗したって大丈夫泣くなよ明日に向かって~

すくすく育っていけよ‼️

お前を見守る風より愛を込めて。

OK! 出典: ameblo.jp

なんていう熱いメッセージも。熱いロックンロール魂でいっぱいの愛情をもらっている子供たちは幸せですね♡

ダイアモンドユカイさんの熱い子育てから学んだ大切なこと

元々ギラギラロックンローラーのダイアモンドユカイさんですが、今はすっかりイケダンでイクメンパパ。(とは言っても、コンサートではギラギラ路線炸裂ですが・・。)

お忙しい中でも家族との触れ合いをものすごく大切にされています。都内でなく栃木県佐野市で暮らされているのも家族との時間を大切にするためではないでしょうか。奥深い家族愛が見えてきますねえ。

私自身、子供たちが大きくなり一家そろって過ごす時間がほとんどありません。でも、今回のレポートで感じました。

一家の団欒、家族とのちょっとした触れ合いが本当に大事だということを!ロックンロールと子育て、かけ離れているようで案外近いのかもしれませんね。自由にのびのびという点で!

「子育て」「エピソード」「ダイアモンドユカイ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!