いまから初夢が楽しみ♪縁起が良いのはどんな夢!?

もうすぐ2016年!!この時期になると「来年は心機一転こうしたい」「来年はどんな1年になるんだろう」という希望でいっぱいになりますよね?そんな気持ちの中で気になってくるのは、初詣のおみくじと初夢!!1年の始まりにその1年がどんな年になるかを予感させるこの2つはとっても気になります。

初夢っていつ見るの??

新年のある夜に見る夢を「初夢」と称することが多く、夢の内容で1年の吉凶を占う方が多いようですね。新年になって初めて見る夢、一般的にはお正月の三が日に見る夢のことだそうです。

  • 大晦日~1月1日にかけて見た夢
  • 1月1日~1月2日にかけて見た夢
  • 1月2日~1月3日にかけて見た夢

初夢の歴史は古い

初夢の概念は古くから存在していたようです。昔から、1年を占うものとして扱われていたようです!

  • 初夢の概念は鎌倉時代には広まっていた
  • 中国から伝わり、新年の吉凶を占い始めた

初夢で見ると縁起が良いとされるもの6選♪

初夢

初夢で見ると縁起が良いとされているもの6つを紹介します。

1.富士山

富士=無事という掛詞です。また富士は、高い目標や理想を表し立身出生の象徴になります。

富士山を上る夢なんかを見ることができたら、なんだかすごくラッキーな気持ちになりますよね!!富士山のバッグに初日の出が登るなんていう夢もいいですね☆

2.鷹

鷹=高いの掛詞。また鷹には、可能性の広がりや自由な行動力を表し、開運や夢の実現につながるという意味合いもあります。

青々とした大空を高く飛び回る鷹の夢なんて素敵ですよね!!夢が膨らんで希望に満ちた1年の始まりになりそうです。

3.茄子

茄子=成すの掛詞で、事を「成す」に通じ、蓄財や子孫繁栄を表しています。

茄子の夢といえば、やはり茄子が食卓に並んでいる様子でしょうか!?みずみずしく、ぽってりとした茄子であればあるほど縁起が良さそうですね☆

4.扇

扇には末広がりという意味があり、「末広がりで子孫や商売の繁栄」を指しています。

扇も様々な色や模様があるので、金や赤などの見るからに縁起の良さそうな色のものだと1年のスタートにさらに勢いをつけてくれそうですね☆

5.煙草

煙草は、祭や祝い事に欠かせず、煙が上に上がるので縁起が良いとされます。上昇していくので運気の上昇を意味します。

体に悪いというイメージが先行してしまいがちなので縁起がいいものとすることには驚きですが、今回縁起が良いとされるものの中では、意外に1番身近なものかもしれませんね。

6.座頭

「座頭」というのは、琵琶法師の座に所属する盲人のお坊さんのことで、「毛が無い」=「怪我無い」ということのようです。家内安全を意味します。

「座頭」といえば「座頭市」しか分からないので、初夢を見る前に「座頭市」を鑑賞してから眠りに着けば、もしかしたら夢に「座頭」が出てくるかもしれませんね!!

現代版!初夢で見ると縁起が良いとされるものはこの3つ!!

「一富士、二鷹、三茄子、四扇、五煙草、六座頭」って、現代の私たちにはあまりにも親しみが無く、見れる自信が無い・・・と、いうことで現代版の初夢で見ると縁起が良いものを探しました!!

現代版第3位!!トイレ☆

トイレといっても、排泄・排尿をする夢でいいようです。トイレは不要なものを流して浄化してくれる場所です。ですから、心身ともに浄化されて心が豊かになることを暗示しています。

また、風水でもあるようにトイレと金運の関係は有名で、トイレの夢は近いうちに何か利得があることを示し、汚れたトイレは金運に恵まれるサインです。

現代版第2位!!血の夢☆

血の夢は「やる気」「パワー」「情熱」があるサインです。

また、体からの流血の夢は吉報や臨時収入、大量の流血の夢は大きな金運に恵まれるサインのようです。

現代版第1位!!火事☆

火事は「野焼き」のように古いものを新しいものに再生させる素晴らしい夢です。思いがけず大きな利益を得たり、期待以上の結果がもたらされたりするようです。

夢の中で激しく燃え上がるほど大きな幸運に恵まれます。

初夢でどんな1年になるか占ってみると面白い☆

なかなか馴染みのない昔から伝えられているもの6つのうちどれかを初夢で見るか、ちょっと汚かったり怖そうだけれど、現代版の初夢を見るか分かりませんが、初夢にいずれかの縁起物が見れたら本当にラッキーですね☆どんな初夢を見て新年を迎えられるのか楽しみです。

「初夢」「年末年始」「縁起」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!