デザイン住宅の画像15選!子供に大人気間違いなしの遊べる家・素敵な家の写真を紹介

デザイン住宅を考えている方必見ですよ☆子供達にとって夢のような世界中の「子供が遊べる家」を紹介いたします!大人でもこんなお家に住めたら楽しいだろうなぁ。。。とワクワクするような家ばかりですので、今はデザイン住宅を考えていない方も将来の家の参考のためにも是非チェックしてみてくださいね!

子供がお部屋から出たくなくなる!?世界中にある素敵な家をご紹介♡

今回は子供が思わず部屋から出たくなくなっちゃうような・大人が見てもわくわく・ウキウキしちゃうような、そんな素敵な家を15個紹介いたします!

デザイン住宅を検討中の方は是非ご参考にしてくださいね!そうでない方も是非素敵な家を見てお楽しみください☆

①リビングにある木の家とロッククライミングの壁

リビングにある木の家には滑り台とロッククライミングの壁があります!同じ空間にいなが子供達は思いっきり遊べるし、木の家に隠れたり、秘密基地として使ったり。楽しい空間です☆

②お家でも船に乗って遊べちゃう!

大きな船が浮かんだ素敵なお家です!船に乗るためにはロープの橋を渡って登ります。壁の大きなイルカと海の色のおかげでまるで水の中にいるような感覚の空間となっています。

③リビングにある滑り台やブランコが素敵☆

こちらはニュートラルな色合いが素敵なリビングにあるブランコと滑り台です!そして滑り台へと続く階段の下は収納が出来るスペースにもなっている、とても効率的なおうちです!

④2階からの木の滑り台

滑り台 室内

二階からリビングへとつながる長い滑り台は木でできているので全体的なインテリアにもばっちりマッチしていますし、木で出来ているおかげで優しい雰囲気となっています。

⑤お家の中にある2つの木の家

お家の中にある可愛いログハウス!子供達もいろんな遊び方ができちゃうログハウスならおうちでキャンプ気分も味わえそうです!グリーンのカーペットがまるで芝生のようでぴったりマッチしています。

⑥子供を見守れるインドアプール

室内プール

こちらは日本にある日本では珍しい自宅のプールです。このプールは中庭にあるので涼しげな眺めを楽しんだり、子供達がプールで遊ぶようすをリビングから見れちゃうんです!

⑦インテリアの一部のようなモダンな滑り台

こちらは滑り台とはいえスチールで出来たモダンなデザインなのでインテリアの一部のような存在感のある滑り台となっています。

⑧等身大のドールハウスが可愛い☆

まるで等身大のドールハウスのような子供スペースのあるお家です!ドールハウスの中には子供用のベッドや、プレイスペースが入っています!

⑨スケーター好きの子にはたまらないお家です!

スケートボードバンクがある素敵なお家は、やんちゃな小学生の男の子がいる家族にぴったり!?友達をよんで学校帰りのたまり場になっちゃいそうですが、とても楽しい素敵なお家です☆

⑩インドア・ツリーハウスで遊ぼう!

お家の中にあるツリーハウスなら外が暑くても寒くてもいつでも遊べますよね!ツリーハウスの周りのペイントもまるでお外にいるみたいで素敵です!

⑪空間を利用してリラックススペースに!

こちらは地下室の天井の一部を縄張りにしたもので、子供達が読書したり、リラックスするお気に入りのスポット☆独創的なデザインです。

⑫2階建てのプレイハウスで思いっきり遊べちゃう!

部屋と部屋をつなぐ部分がプレイハウスになったお家です!子供部屋へは滑り台があったりと子供達はおもいっきり遊べるようなデザインとなっています。

⑬水族館にいるような壁とロフトが素敵!

まるで水族館中にいるような壁に閲覧デッキのようなロフトがおしゃれなお家です!ロフトの下には多きなベッド兼ソファーがあるのでリラックスするのには最適です!

⑭ロフトの空間を利用してツリーハウスを!

ロフトの空間を利用して手作り感たっぷりのツリーハウスで遊ぶことが出来るお家です!天井を空にみたてたペイントにしてあるのも素敵ですよね!

⑮女の子の夢のようなお家です!

女の子だったら絶対に憧れる可愛いお城付きのお家です☆大きなシャンデリアや白と薄いピンクでで統一された部屋全体がロマンチックでとっても素敵ですよね!お城の下にあるベッドで夜はぐっすり眠れそうです!

デザイン住宅の際には是非ご参考に☆

家

いかがでしたか?

どの家も子供達が毎日楽しく遊べるような素敵な工夫がされていて大人がみてもワクワクしちゃいますよね!デザイン住宅をお考えの方は是非ご参考にしてみてくださいね!また、今はデザイン住宅をお考えでは無い方も将来の家のご参考に☆

「素敵な家 」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!