あなたの髪の毛が子供たちのウィッグに!「ヘアドネーション」で社会貢献

髪を切るだけでできる社会貢献活動があるのを知っていますか?病気やけがで髪の毛に悩みを抱えている子供たちのために寄付された髪の毛でオーダーメイドのウィッグを作る活動「ヘアドネーション」が、いまテレビや雑誌で話題になっています。女優の柴咲コウさんも賛同して話題となったこの活動。参加条件や実際に参加した人の声を紹介します。

髪を切るだけで社会貢献できる!テレビでも話題の「ヘアドネーション」って?

世の中では盛んにボランティア活動が行われていてその形も様々ですが、「髪の毛を切るだけ」で社会貢献できる活動があるのをご存知でしょうか。

最近テレビや雑誌などでたびたびとりあげられている「ヘアドネーション」です。

ヘアドネーションとは、小児がんなどの治療過程や無毛症などの先天性の病気、またはけがなどが原因で髪の毛に悩みを抱えている18歳未満の子供たちに、100%人毛でオーダーメイドのウィッグを作って届ける活動のこと。

この活動をしている日本唯一のNPO法人「JapanHairDonation&Charity(JHDAC)」では、これまで80人以上の子供たちにフルオーダーのウィッグをプレゼントしてきました。

メディアにとりあげられるだけでなく、いまでは有名人も賛同を公表したことで多くの反響を呼んでいるヘアドネーション。その仕組みや賛同者の声を紹介します。

NPO法人JapanHairDonation&Charity公式HP

ヘアドネーションの流れ

ヘアドネーションの流れはとってもシンプルです。

切った髪の毛を郵送するだけ。

自分でカットして郵送することもできますが、JHDACの活動に賛同しているサロンに行ってカットすると、サロンからJHDACに直接送ってもらえるので手間がかかりません。

行きつけのサロンでカットする場合も、ヘアドネーションについてしっかりと理解してもらった上でカットしてもらいましょう。

参加の条件は?

女性 髪

「ヘアドネーションに協力したいけど、どうしたらいい?」参加の条件をご紹介します。難しいことはほとんどありません。

カットする髪の長さ

ウィッグを作るのには31センチ以上の長さが必要です。分かりやすく言うと、ロングヘアの人がボブにするくらい。

もし31センチに満たない場合でも、JHDACが転売してウィッグ作成の費用にすることもあるので、賛同しているサロンで問い合わせてみるのもよいでしょう。

髪質や髪色

女性 髪

極端に傷んでいる場合(引っ張るとちぎれる・ブリーチしている・つよいパーマ)を除けば、特に条件はありません。

白髪交じりでも、カラーリングした髪でも大丈夫です。くせ毛や一般的な強さのパーマでも特に問題はないそう。

集められた髪の毛は同じ質感になるようにカラーや補修を施します。特殊な作業なので、これだけで半年から一年近くかかるそうです…。

性別・年齢・国籍

特に問いません。

切った直後にの髪じゃなくても大丈夫?

問題ありません!記念にとっておいたけどどう処分しようか悩んでいる・以前切った子供の髪の毛を保管している…という場合でもOK!

この活動に賛同する人たちが続出☆

メディアでもとりあげられているヘアドネーション。ツイッターでも賛同する声が多く寄せられています。

「どうせなら誰かの役に立ちたい」そんな思いから行動に移す人が増えているようです。

芸能人もヘアドネーションに賛同

有名人もヘアドネーションに賛同し、髪の毛を寄付した様子をSNSで公表しています。

柴咲コウさん

女優で歌手の柴咲コウさんはヘアドネーションに賛同して髪の毛を寄付した様子をインスタグラムやTwitterにアップ。インスタグラムは掲載から6時間で1万件を超す「いいね!」がついたそうです。

黒髪ロングヘアのイメージが強かった柴咲さんですが、バッサリ切ったスタイルもとても似合っています!

有名人がこうして活動を公表することで、より多くの人にも知ってもらえるのでとてもいいことですよね☆

水野美紀さん

女優の水野美紀さんは昨年放送されたドラマ「アイムホーム」の役作りで髪を切る際にヘアドネーションに賛同して髪の毛を寄付したそうです。

担当された美容師さんのブログからは、一連の様子が細かく記されています。水野さんはご自身でハサミを持ってカットされたようです!

自分で切ることで、誰かの役に立つ実感がわくのかもしれませんね。

ウィッグを手にした子供たちと家族の反応

JHDACのブログでは、ウィッグを手にしたお子さんご本人やそのご家族からのメッセージが掲載されています。

「お風呂上りにも再び被るほど気に入っている」とか、「娘の夢を叶えてくれてありがとう」という保護者の方からのメッセージからは、言葉では言い表せないほどの喜びが伝わってきます。

JHDAC公式HP:ウィッグ提供のようす

身近なサロンでできるかも?嬉しい特典も

実はヘアドネーションに賛同しているサロンは数多くあるんです。例えば、全国に200店舗以上を展開しているHairmakeEARTHでも賛同しているサロンのひとつです。

賛同しているサロンのなかには、髪の毛を寄付した人には施術料金が割引になったり、オプションのヘッドスパやトリートメントが無料になったり、ヘアーアクセサリーがもらえたりする特典をもうけているサロンもあります。

みなさんの行きつけのサロンはどうでしょうか。ぜひ一度身近なサロンはどうか調べてみてください♪

子を持つ母として。一人でも多くの子供の笑顔のために☆

子供 髪

いかがでしたか?ヘアドネーションに関して理解していただけたでしょうか?

私も子を持つ母なので「子供たちのためになること」と思うと、スルーすることができませんでした。現在、私の髪型はボブスタイルなのですが、いずれはロングにしてヘアドネーションするつもりです☆

また、私がヘアドネーションに興味をもったもうひとつの理由は、いまは専業主婦で社会との関わりも薄くなってしまい、「誰かの役に立っている」と思えることが少なくなってしまったこともあります。

同じように感じているママさんは少なくないのではないでしょうか。「誰かの役に立ちたい」そんな思いを叶えてくれるという面でも、ヘアドネーションはとても意味のある活動だと思います。

みなさんも、一人でも多くの子供たちが笑顔で過ごせるようにお手伝いしてみませんか?

「髪の毛」「カット」「ヘアドネーション」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!