クラミジア肺炎とは?症状や原因、治療法のなどの基礎知識

クラミジア肺炎とは、クラミジア菌の細菌の感染が原因で起こる病気です。赤ちゃんや妊婦さんは体の免疫力が弱まっているので、クラミジア肺炎にかかることがあります。では、クラミジア肺炎の主な症状とはどんなものなのでしょうか?今回は、クラミジア肺炎に感染する原因や、検査方法、治療法や予防法までを詳しくご説明していきたいと思います。

クラミジア肺炎とは、どんな病気?

クラミジアと聞くと性病というイメージが強いですが、実は新生児の赤ちゃんや免疫力の弱まった人がかかる肺炎の病気です。

赤ちゃんでクラミジア肺炎にかかる場合、生後1~3ヶ月の間に発症することが多いです。普通の肺炎の症状は高熱が出ますが、クラミジア肺炎の場合発熱がないので発見がしにくい病気です。

さらに新生児は体の機能が未熟で免疫力が弱いためクラミジア肺炎に感染し発見が遅れることで重症化することがあります。

今回は、クラミジア肺炎の原因や症状、治療法から予防法までを解説します。

クラミジア肺炎の原因とは

クラミジア肺炎の原因菌は、クラミジアトラコマティス

クラミジア肺炎の原因は「クラミジアトラコマティス」と「クラミジア・ニューモニアエ」という菌が原因で起こります。

2つの菌には違いがあるので詳しく見ていきましょう。

クラミジアトラコマティス

クラミジア・トラコマティス菌は、性器や鼻、目の粘膜などに感染を起こします。ただこちらのクラミジア・トラコマティスは大人が感染することはなく、新生児の赤ちゃんが感染します。

妊娠期にクラミジア感染症になっているママが治療を行わない、もしくはクラミジアが完治してないまま分娩した時に産道から赤ちゃんに感染にします。

クラミジアトラコマティスでの肺炎の場合、まず結膜炎の症状がみられます。その後に咳症状、鼻炎と風邪のような症状が続き放置しておくと呼吸困難など重篤な症状に結びつきます。

クラミジア・ニューモニアエ

クラミジア・ニューモニアエは、通称肺炎クラミジアとも呼ばれており、飛沫感染によって人から人へと感染していきます。飛沫感染するため、感染機会が多のが特徴ですが、ほとんどの場合症状があらわれないことが多く病気に気づく人は少ないです。

風邪のような咳が長引くのですが、病院できちんと検査をしない限り発見することは難しいため治療する人が少なく、徐々に菌が人から人へと伝播し蔓延していくのでとても危険です。

クラミジア肺炎の主な症状

咳

  • 鼻炎のような症状がある
  • 呼吸が荒く苦しそう
  • ヒューヒューという喘鳴のような雑音
  • 激しい咳と痰がの症状が1ヶ月以上続く
  • 呼吸をするのが困難な状態
  • 咳で睡眠がとれない

クラミジア肺炎の症状は発熱がないので、風邪かな?と放置してしまう場合が多いです。そのまま放置しておくと症状が重症化し呼吸困難になる恐れもあります。

咳による激しい喉の痛みを伴うことが多いので、咳が止まらなく長引いている、呼吸が苦しいという場合は必ず医師に相談し検査してみましょう。

クラミジア肺炎の検査と診断方法とは

実際にクラミジア肺炎にかかっているかどうか調べるには、血液検査や胸部を撮影するX線検査が行われます。まずは胸部のX線で肺炎の症状があるかを確認し、さらに疑いが強いようであれば血液検査へと進んでいきます。

クラミジア肺炎と確定するには、さらに細菌への抗体の免疫反応が出るかチェックをします。これらの検査を経て、クラミジア肺炎の正確な診断結果がわかります。

大人も子供も同様の検査でクラミジア肺炎の検査を行います。

クラミジア肺炎の治療方法、予防方法を知っておこう!

クラミジア肺炎の治療方法や予防法とは

クラミジア肺炎の治療方法

クラミジア肺炎は、早期発見と適切な治療により大事を避けることができます。新生児の赤ちゃんは、病状が重症化することがあるのでとくに注意が必要です。

クラミジアは細菌なので抗生物質を使った治療を行わないと完治することはありません。クラミジア肺炎の治療には、マクロライド系抗生物質を使って治療していきます。

また、クラミジア菌を退治するのとは別に、咳や喉の痛み、鼻水の症状がひどい場合には、それらの症状をおさえる薬が一緒に処方される場合があります。

抗生物質は10日~14日間と長めの使用が必要になります。症状が治まったからと言って、途中で薬の投与を辞めてしまうとクラミジア菌が死滅せず完治しません。

必ず、医師に処方された薬をきちんと最後まで飲み切ることが大切です。

クラミジア肺炎の予防方法

クラミジア肺炎の予防法

  • ママは妊娠前に性病の検査を受け、クラミジアを完治させておく
  • 妊娠中の性交渉には気をつける
  • 手洗い・うがいを親も子供も徹底し、飛沫感染を予防をする
  • クラミジア肺炎の人と接触しないよう気をつける

妊娠前は、きちんと性病検査を受けましょう。クラミジアが発見された場合は必ず完治してから妊娠するように心がけましょう。

また、妊娠中の性交渉でもクラミジアに感染する場合があります。パートナーとしっかりクラミジアについて話合っておく必要があります。

クラミジア肺炎の病原菌は飛沫感染します。うがい、手洗いを徹底し予防しましょう。また、クラミジア肺炎を患っている人との接触は避けるようにしましょう。

赤ちゃんのクラミジア肺炎!症状が出るのは生後3ヶ月以内

クラミジア肺炎の主な症状

クラミジア肺炎は、赤ちゃんが出産とともに発症する症状ではありません。生後2ヶ月頃まで、赤ちゃんの体内で潜伏し3ヶ月以内に肺炎の症状を発症します。

肺炎のほかにも、重症な結膜炎を発症することもあります。重篤な場合は失明の恐れもあります。

クラミジア肺炎の症状の判断は難しく、重症化した時に発見されることが多いです。クラミジア肺炎にかかる赤ちゃんは多くの場合、同時に結膜炎を発症するケースがあります。

生後3ヶ月以内に結膜炎を発症した場合には、クラミジア肺炎を疑ったほうがよいでしょう。

クラミジア肺炎の体験談まとめ☆

クラミジア肺炎にかかってしまった、という方の体験談をご紹介します。

どのようなタイミングでクラミジア肺炎を発見することができたのでしょうか。どんな治療法で、どのように回復していくのか体験談をみていきましょう。

原因不明の咳症状・・実はクラミジア肺炎でした

原因不明の咳症状・・実はクラミジア肺炎でした

わたしも妊娠2ヶ月の時に職場の方のクラミジア肺炎が移り、お腹の底から出る激しい咳と熱に苦しみました(>_<)

熱は安静にしていたらすぐ下がったのですが、咳は続きました。
妊婦でも大丈夫な抗生物質を貰ったのですが、(別の内科で)怖くて飲めず…

咳が1週間続いたあげく、出血し、そのまま産婦人科へ直行、内診の結果、腰に流産防止?の太い注射をうって、絶対安静を言い渡されました。

薬のことを産婦人科の先生に話したら飲んでも大丈夫とのことだったので抗生物質をのんだら1日で咳が治まりました!

赤ちゃんも無事、何事もなく元気です。

脅かすつもりはありませんが、早めに病院にいって、薬を頂くのもいいと思います!

そして懲りずにわたしは臨月で同じ肺炎をぶり返し、また同じ抗生物質をのんでます。
出典: qa.mamari.jp

クラミジア肺炎は抗生物質の薬を飲むことで完治します。きちんと医師に処方された用法と容量を守り、薬を飲み切ることでクラミジア肺炎を治すことができますよ^^

妊娠中に感染、旦那さんも一緒に治療しました

私も妊娠8ヶ月の時にクラミジアになり旦那も同じ薬を飲んで完治しました。

旦那はクラミジアなってなかったですけどね♩何も問題なく出産しました♩ 出典: qa.mamari.jp

妊娠中にクラミジア感染が発覚した場合、旦那さんも一緒に薬を飲み治療を行っていきます。夫婦間で感染を繰り返すことになる恐れもあるので、パートナーとよく話し合い一緒に治療していくようにしましょう。

クラミジア感染は母子ともに予防が大切!感染しないように注意しよう

クラミジア感染は母子ともに予防が大切!感染しないように注意しよう

妊娠中でもクラミジアの検査を病院で受けることができ、薬を服用することで完治することもできます。感染した場合は、自分の体と赤ちゃんの事を第一に考え、治療し出産に備えていきましょう。

そして、クラミジア肺炎は予防することができる病気です。リスクを考え、妊活中や妊娠中はクラミジア肺炎にかからないような生活をしていきましょう。免疫力を下げないためにも、3食しっかり食事をし、睡眠はしっかりとるようにしましょう。ストレスをためないことも大切ですね。

「新生児」「クラミジア肺炎」「肺炎」 についてもっと詳しく知る

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!