一人では乗り越えられない!妊婦さんのありがとうが溢れるつぶやき10選♡

職場でのマタニティーハラスメントやマタニティーマークを付けた方への嫌がらせなど、耳にすることが多くなっていますね。けれど妊娠出産は大変なことばかりではなく、幸せと神秘に満ちています。自分だけでなく、周りの人まで優しい気持ちに。そんな人の温かさを感じるつぶやきや母の偉大さを感じるつぶやきを集めました。

人の温かさに感謝!様々なありがとうにまつわるつぶやき10選♡

少子化社会と言われながらも、街中で妊婦さんを見かける機会は多いですよね!妊婦さんのまあるいお腹の中には可愛い赤ちゃんがプカプカ浮かんでいる。

見ているだけで幸せな気持ちになっちゃいますよね。そんな妊婦さんたちのまわりで起こった、心がほんわか温まるようなありがとうにまつわるつぶやきをご覧ください。

1.「妊娠してはるんやね。エエ子が産まれたらエエな」

妊婦 電車

知らない方にも優しい言葉をかけてもらえるのは嬉しいですね。お腹の赤ちゃんを中心に話が弾むことも。

老夫婦の優しい笑顔が浮かんでくるようです。譲り合い・思いやりの心。素敵です。

2.「気づかなくてすみません」

マタニティーマーク

マタニティーマークを付けていて、危険な目にあったり怖い思いをした方もいるようです。このことからマタニティーマークを目立たない場所に付けたり、または付けないまま過ごす妊婦さんも多いようです。

そんな中、気付いてくださる方がいてありがたいです。

3.ご自分も疲れていたでしょうに、本当にありがとう。

妊婦

みんなそれぞれ疲れている。妊娠中に電車に乗ると、周りに「妊婦には席を譲らなければならない」かのようなプレッシャーを与えているような気持ちになることもあります。

しかし大きなお腹で電車に乗ったとき、悪阻などの妊娠特有の体調の悪さがあることも。また満員の車内はお腹をぶつけないかと不安になったり、揺れで転びそうになったりすることもあります。

お疲れのところ本当に感謝ですね。お腹の子にお姉さんの話を聞かせてあげたいですね!

4.妊婦さんに毛布を持っていったら喜ぶかな♡

妊婦さんの冷えは禁物。夏場たまたま入ったお店の空調が強すぎて寒い・・・なんてこともありますよね。これはとても嬉しい気遣いです。身体だけでなく心まで温かくなっちゃいますね。

5.買い物カゴをサッカー台まで運んでくれた♡

毎日のお買い物も、大きなお腹には重労働。荷物を運んでいただけるのは本当にありがたいです。

6.周囲の支え・理解があるから頑張れる

サポート

産前産後は、周りの方からのサポートは必要不可欠です。身近に支えてくれる人たちがいることは、とても心強い!無理せずに思い切って頼ってしまいましょう。

でも感謝の気持ちは忘れずに、しっかり伝えたいですね。

7.経験がない人には未知の世界?!

身体の中に、もう一つ違う命が宿っている。妊婦さんの身体は神秘的です。

自分の意思とは関係なく大きくなり、元気に波打つお腹。すくすくと小さな命を育んでいるのです。笑顔が溢れ、パワーを貰える気がします。

8.自身の体を大切に!元気な赤ちゃんにありがとう♡

妊婦 おなか

なんと妊娠9ヶ月でディズニーランドへ!とっても元気でアクティブな妊婦さんですね。

自分を丈夫に産んでもらったことへ感謝。元気でいてくれる自分自身の身体、お腹の中の赤ちゃんにありがとう。

9.奥さんの妊娠を機に、母親、女性に感謝!

そうですね・・・母がいなければ私はここにはいない。主人にも出会えなかったし、可愛い我が子にも会えなかった。私もこのツイートを読んで考えさせられました。

妊娠・出産を経て改めて母の偉大さを感じ、自分に命を与えてくれたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

10.そして愛用の品にも・・・

ぬいぐるみ

長期間にわたって愛用し、妊娠中にまで活躍してくれたと思うと、思い入れは更に強くなったでしょう。お世話になったパンツちゃんに感謝ですね。

世の中には小さな優しさが溢れています!

花畑

悪阻、食べたいものが食べられない、着たい服が着られない、行きたい場所へ行けない。喫煙や飲酒を我慢する人も多いでしょう。そしてお腹はどんどん大きくなり、思うように動かなくなる身体。

すごくお腹が空くのに厳しい体重制限。貧血・頭痛・腰痛・むくみ・便秘などの身体の不調や、早産や流産の不安とも常に隣り合わせの毎日。妊娠した女性は、たくさんの我慢や制限を乗り越え命を生み出します。何より出産は命がけです。

周りの方からのサポートがなければ乗り越えるのは難しいことです。世の中には小さな優しさが溢れています。人と人との繋がりはとても温かいものです。

どんな時も感謝の気持ちをもち、ありがとうと言葉でしっかり伝えることを忘れずにいたい。そして、産まれてきた我が子が大きくなった時に、自身が体験した心温まる出来事、是非伝えたいですね。

「妊娠」「ツイッター」「つぶやき」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!