100均の麦わら帽子や子供用帽子を可愛くアレンジ!おすすめのアイデア5選

100均のシンプルな帽子を使って可愛いママ用の帽子や子供用の帽子をリメイクしてみませんか?今の100均で売っている帽子はクオリティが高いものが多いんですよ。これらの帽子に、100均で売っているお花、リボンなどをあわせて世界にひとつだけのマイ帽子作りに挑戦してみましょう!子供達も喜んでくれること間違えなし☆

100均の帽子を可愛くリメイクしよう♡♡

100均で売っている帽子を可愛くママ用・子供用にリメイクしてみませんか?100均のシンプルな帽子でもアレンジ次第でとっても可愛くおしゃれに変身させることができちゃうんです!

「え!?これが100均の帽子なの!?」と驚かせちゃいましょう♡

①ママ用のエレガントな帽子

ママ用のおしゃれなハットだって100均の帽子リメイクで出来ちゃうんですよ!ブラックのハットを選べば大人っぽいシックな感じに仕上がります。

このハットは、レースをぐるりと1周巻いて、それをグル-ガンなどで固定します。そしてアクセントになるような、チャームやボタンなどを1箇所に飾ります。こちらの帽子にはフランスのアンティーク蚤の市で購入したアンティークボタンをつけたのだそうです。

また、手芸コーナーなどに置いてあるパールなどを数個つけたりするのも手ですよ!エレガントさがアップします☆

ブラックのハットに白のレースが際立ってとってもおしゃれですよね!こちらのブラックのハットはキャンドゥならぬ、キャンディという100均ショップで購入されたそうです。

詳しくはこちら

②子供用の可愛い帽子

きれいな水色の帽子を100均でみつけたけれど、りぼんとお花が気にいらなかったのだそうです。なので可愛いレースだけはそのままにして出産祝いにもらった水色のヘアバンドをつけてみたらピッタリだったのだそうです。

そしてその上にコサージュをつけたらこんなに可愛い帽子に変身!ヘアバンドは縫い付けていないけれど外れないそうです。とっても簡単なうえにこんなに可愛い子供用の帽子に!

こちらの水色の帽子は近くの100均で購入されたそうです。

詳しくはこちら

③ひまわりがポイントの子供用の帽子のリメイク

こちらの麦わら帽子はダイソーで購入されたそうです。そして同じくダイソーで売っている造花の中でお気に入りのひまわりをチョイス。ダイソーにはたくさんの種類の造花があるので自分のお気に入りがみつかるはず!

まず始めに造花のお花の部分だけをとり、帽子のどの位置につけたいかを決めたらグルーガンでお花をくっつけます。お花をつけると長いリボンのバランスが悪くなるので、可愛く形を整えて縫ったそうです。

使ったグルーガンも、グルースティックも同じく100均で購入できるそうですよ☆夏にぴったりな可愛いひまわりの麦わら帽子ですね!男の子の帽子を作る場合には、太めのポップなリボンを巻くのがオススメですよ!

詳しくはこちら

④とってもおしゃれなママ用の帽子のリメイク!

キャンドゥのバームハットを使ったリメイクです☆全部でかかった金額の合計はなんと200円程度!そして乳幼児の子供を見ながら、製作にかかった時間は30分程度の簡単なリメイクです!

飾りに使うリボンや布は、リボンの部分にキャンドゥの手ぬぐいと不要になった服のハギレを使用したそうです。グルーガンで手ぬぐいとハギレを固定し、次にビーズなどをくっつけます。壊れたアクセサリーのパーツなども大活躍しますよ!カラー紐や糸にとおして帽子にあわせながら決めた場所で結わいて固定します。

ターコイズのビーズを使うと夏っぽいですよね!また、ワッペンやくるみボタンなどを使って装飾するとよりおしゃれに☆

詳しくはこちら

⑤大きなお花が印象的なエレガントなママ用の帽子

ダイソーでみつけたつばの広い女優帽子をアレンジしたものです。紺色の帽子なので落ち着いた、エレガントな印象の帽子に仕上げやすいです。

この紺の帽子に、数年前にダイソーで買ったナチュラルな紐っぽいレースを巻いてみたのだそうです。これに同色のお花を添えれば立派な帽子に変身です!

詳しくはこちら

100均の帽子でもアレンジ次第でこんなに可愛く変身できちゃう!

いかがでしたか?100均の帽子とはいえリメイクの仕方次第でとってもおしゃれな帽子に変身できちゃいますよね!リメイクに使うお花やグルーガンなども同じく100均で買えますので、とっても安く仕上げることができますよ。

次回100均へ行く機会があれば、是非ママ用・子供用の帽子をチェックしてみてくださいね!リメイクをして世界にひとつだけの帽子を作ってみましょう!

「100均」「帽子」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!