寒い季節も楽しもう!ZARAで手に入れたい冬のおしゃれアイテム

いよいよ冬本番!暖かくておしゃれなアイテムをリーズナブルに取り入れられると、ママたちに人気なのがZARAです。ここでは、定番のアイテムからトレンドまで、ZARAの人気アイテムをピックアップしてみました。コーディネート例もあわせてご紹介します。寒い日のお出かけがきっと楽しくなりますよ。

ママたちの定番ブランド「ZARA」

ZARAは、2011年10月末現在で世界中に1,603店舗を持つ、スペイン発祥のアパレルブランドです。日本には2009年に上陸し、現在では全国に店舗を構える定番ブランドとなりました。

ZARAの人気の理由は、着回しがしやすい定番アイテムが豊富にそろっていること。特にパンツのラインの美しさには定評があります。

更に、流行のアイテムがプチプラで手に入るのも嬉しいポイントです。

メンズラインやキッズラインもありますので、親子リンクコーデ、家族リンクコーデも簡単にかないますよ!

ZARAのおしゃれアイテムをご紹介!

それでは、ZARAの人気アイテムを、コーディネート例とあわせてご紹介します。

1.チェスターコート

昨シーズンからブームとなったチェスターコートですが、すっかり定番アイテムとして定着した感じがしますね。襟元がすっきりしているので、いろいろなアイテムを合わせやすいのが利点です。

コーディネート例

太めのパンツにロングのアウターですともっさりとした印象になる恐れがありますが、チェスターコートですとスッキリとまとまりますね。

体系カバーにも◎!

2.ライダースジャケット

コンパクトなシルエットのライダースジャケット。ミモレ丈のスカートなど甘めのアイテムに合わせて、ミックススタイルを楽しみましょう。

コーディネート例

パンツ・ブーツとも黒でまとめたメンズライクなコーディネートです。髪型もコンパクトにまとめ、かっこいい雰囲気をより強調しています。

3.ハイネックニット

ハイネックやタートルネックといった、首元にボリュームのあるニットは今シーズンのトレンドアイテムだそうです。暖かいうえにおしゃれもできる、嬉しいアイテムですね。


ローゲージのリブ編みには、ストライプのような着やせ効果も期待できそうで、産後体系が気になるママにもおすすめです。

コーディネート例

ホワイトのワントーンコーデです。上下ともゆったりとしたシルエットですが、トップスの丈が短めなのと、上下で素材が違うのとで、スッキリとして見えます。

ゆったりしたニットは授乳もしやすい優秀アイテムです。

4.ストライプスカート

ひざ下までくる丈の、ボックスタイプのスカートです。タイトすぎず広がり過ぎない、ちょうどよいシルエットが着回しに便利です。

コーディネート例

襟のあるトップスを合わせてきちんとした雰囲気を出しつつ、足元はカジュアルダウンしたコーディネートです。

いつもはパンツばかりのママも、ちょっとしたお出かけ用としていかがですか?

5.スキニーパンツ

ZARAのパンツは、ラインがとてもきれいなことで定評があります。スキニーパンツはもはや定番中の定番と言っても良いかもしれません。少し短め丈を選べば、シーズンレスに着まわすことができる便利なアイテムです。

コーディネート例

大きめのバッグとぐるぐる巻いたストールで上半身にボリュームを持ってきた分、下半身はタイトにまとめています。ハイテクスニーカーも、シックな色を選べば大人っぽくなりますね。

動き回る子供を追いかけるためにはママも動きやすい恰好がマストですよね。

6.フリンジ付バッグ

流行は、まず小物で取り入れると失敗しにくいです。こういったときに役立つのもZARAの特徴。こちらのバッグは、シンプルな着こなしのアクセントになります。

コーディネート例

コートやパンツなどは定番のものですが、バッグで雰囲気ががらりと変わりますね。子供のものは大きなバッグに、ママの必要なものはフリンジバッグに入れても◎

7.ストール

外出時は首元に巻いて、屋内ではベビーカーに乗せた子供のひざ掛けにして、と便利なアイテムです。色違いでいくつも欲しいですね。

コーディネート例

いろんなデザインがありますので、気に入った色や柄を選んでみてくださいね。

おうちでゆっくりショッピング♪

ここに挙げたのはほんの一例です。ZARAにはほかにも素敵なアイテムがたくさんありますので、ぜひお店をのぞいてみてくださいね。


お店が遠くて行けない、もしくは子供に手がかかりなかなか外出できない、という方にはオンラインショップをお勧めします。送料無料な上に、1か月以内であれば返品も無料です。1か月あれば、試着してじっくり考えることができますよね。


ZARAのアイテムを活用して、寒い季節のお出かけを楽しみましょう。

「ZARA」「2016年」「おすすめアイテム」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!