無料で遊ぼう!!東京都で親子一緒に楽しめる遊び場6選☆

子供と一緒にお出かけしたいけれど、子供連れだと行く場所は限られるし意外とお金もかかります。ついつい毎日同じ公園ばかりになっていませんか?せっかくの子供との大切な時間、ママも子供と一緒に思いっきり楽しみたいですよね。そんなママ必見!!ここでは無料なのに親子一緒に楽しむことができる東京都の遊び場をご紹介します。

子供とのお出かけにおすすめ!東京都の無料遊び場6選☆

子供が産まれたら一緒にたくさんお出かけしたい!!

なんて思っていたママも、実際行ってみると途中で飽きてぐずられたり、場所によっては子連れだと周りから嫌がられるケースも。

かといって一日中子供の好きそうなところに行こうと思うとお金がかかる。。。

そんなママにオススメしたい都内の遊び場所をご紹介します。無料で一日中遊べたらママも子供もニコニコですよね♪

思いっきり外で体を動かしたい!

子供は風の子。外で元気に走り回ってしっかり体力をつけてほしいですよね。

今回ご紹介する公園はいろいろなタイプの遊具がそろっているので、飽きずに何時間でも遊んでいられます。広いので子供が騒いでも周りの住宅を気にしないですむのも嬉しいポイントです。

1.総合レクリエーション公園(江戸川区)

江戸川区葛西地区にある約3キロにも渡って東西に連なる公園。

小さい子向けの複合遊具や砂場などのある「ファミリースポーツ広場」「子供の広場」、アスレチックのある「富士公園」、ポニーに乗ることができる「なぎさポニーランド」、バラを中心にたくさんの花を楽しめる「フラワーガーデン」など、大きくわけて10個ものエリアに分かれています。

子供の年齢や目的に合わせていろいろな遊び場を選べるのが嬉しいですよね!

富士公園で子供達と思いっきり走り回った後は、隣のフラワーガーデンでお花に囲まれながらお弁当、なんていうのもオススメです。

基本情報

  • 所在地:江戸川区西葛西6丁目11番から南葛西7丁目3番
  • 電話:03-3675-5030(富士公園サービスセンター)
  • アクセス:東西3キロに渡る公園のため各目的の公園により異なります。詳しくはHPをご確認ください。
  • 休園日:なし
  • 料金:無料

総合レクリエーション公園

おすすめポイント

公園内は都内とは思えないほど緑豊かで、所々にある親水公園や噴水などの水の音にも癒されます。毎日家事や育児に忙しいママ達も日々の疲れを忘れて楽しめますよ☆

園内を走るパノラマシャトルもありますが、広すぎて1日ではまわりきれないので目的地を決めて行くのがオススメです!

2.JRA東京競馬場 日吉が丘公園(府中市)

東京競馬場内にある公園。「えっ?子連れで競馬場?」と思う方も多いと思いますが、意外と子供遊具が充実した穴場なんです。

海賊船ダービー号や海賊をモチーフとしたアスレチック遊具が楽しめる他、春~秋初旬は馬シャ馬シャパークで水遊びをすることもできます。

子供が大好きなアンパンマンの石像も所々にあるので一緒に写真をとるのも楽しそうです。

基本情報

  • 所在地:東京都府中市日吉町1-1
  • 電話:042-363-3141
  • アクセス:京王線「府中競馬正門前駅」から専用歩道橋にて正門まで徒歩約2分
  • 休園日:月・火曜日・祝日・年末年始・その他 臨時の休務日有り
  • 時間:平日:10:00~16:00 競馬開催日:開門~16:30
  • 料金:平日・場外発売日:無料  東京競馬開催日:200円(15歳未満無料)

JRA東京競馬場

おすすめポイント

さらに奥の乗馬内に行けばミニ新幹線、フアフアターフィなどがあるミニ遊園地が。チャイルドルーム、ベビーシートも建物内には完備しており、小さいお子様がいるママも安心ですね。

東京競馬場でレース開催日はとても混むので、何もない平日か場外馬券販売の日に行くのがオススメです。

※レース開催日は200円かかります。

雨や寒い日でも安心!室内でも楽しめちゃう☆

雨や寒い日は風邪をひかないように、と家にこもってしまいがち。そうすると子供も家の中に飽きてしまってグズグズ、ママはイライラ、なんてよくありませんか?

そんな日にこそ室内で遊べる施設へ足を運んでみましょう。

3.ギャラクシティ(足立区)

最近テレビなどでもとりあげられることが多く話題のギャラクシティ。

一番のメインは日本最大級のネットジムです。高さ10メートルもある3階建の大型ネットをとび跳ねたり滑ったりしながら自由に遊ぶ姿は、大人が見ててもついつい楽しくなってしまいます。

ファミリータイム、小学生タイム、と利用時間が分かれているので小さい子供も大きい子にぶつかったりという危険がなく遊べるのも嬉しいところです。

基本情報

  • 所在地:東京都足立区栗原1-3-1
  • 電話:03-5242-8161
  • アクセス:東武スカイツリーライン西新井駅下車、東口から徒歩3分
  • 休館日:毎月第2月曜日(祝日の際はその翌日、8月は無休)、元旦※1,3,9月に連続休館あり
  • 時間:9時00分~21時30分(子ども体験エリアは18時まで)
  • 料金:無料

ギャラクシティ

おすすめポイント

その他にも横移動式の本格的な「クライミングウォール」、プロジェクターから映し出す映像で遊べる「デジタルきゃんぱす」、真っ白な床に好きなだけ落書きができる「ホワイトあとりえ」、未就学児専用の「ちびっこガーデン」など、一日ではまわりきれないほどたくさんの施設があります。

イベントも多数開催しているのでぜひ参加してみてくださいね。

4.グロースリンクかちどき(中央区)

勝どきにある子育て支援施設。初回、会員登録料に1000円(税別)かかりますが、それ以降は入館無料です!

3階建の巨大ネット遊具で、トンネルをくぐったりハンモックにゆられたり螺旋状の滑り台をすべったりと、存分に体を動かして遊べます。大人も乗れるので親子で一緒に楽しめますよ。

基本情報

  • 所在地:東京都中央区勝どき1-3-1 アパートメンツタワー勝どき 1F
  • 電話:03-5859-0825
  • アクセス:都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅A1出口より徒歩2分
  • 休館日:月曜日、年末年始・お盆
  • 時間:10:00-17:00※小学生のお子様は13時からご入場可能となります。※土日祝は混雑するため、利用時間を2時間とさせていただいております。(再入場可)
  • 料金:無料(会員登録料1000円(税別)、Webでのお申込みの場合500円(税別)必要)

グロースリンクかちどき

おすすめポイント

ネット遊具の下には数えきれないほどの遊具がたくさんあります。

ボールプール、ミニバスケットゴール、的あて、おままごとグッズなどの他にも、子供用の絵本はもちろん大人用の本も用意された図書コーナーまで完備。

子供が遊んでいる間、ママはゆっくり読書できちゃいます。

動物と触れ合おう!

子供に動物を見せてあげたい!と思うと大きい動物園に行きがちですが、公園内に併設している無料のミニ動物園もオススメです。

普通の動物園よりも数は少ないですが、動物との距離が近かったり触れ合いコーナーも充実しています。そのまま公園内で遊べるのも魅力的です。

5.行船公園(江戸川区)

行船公園内には子供たちが楽しめる遊具、夏はじゃぶじゃぶ池として遊べる噴水、動物と触れ合える「自然動物園」、桜やつつじなどが楽しめる日本庭園、釣り池などがあります。

中でも自然動物園は「本当に無料なの?」と思うくらいの動物の数。ペンギン、ワラビー、レッサーパンダなど人気者の動物達を見ることができ大満足!

うさぎやモルモットを抱っこしたり、羊やヤギと触れ合える触れ合いコーナーもあるので子供達が喜ぶこと間違いなしです。

基本情報

  • 所在地:東京都江戸川区北葛西3丁目2番1号
  • 電話:03-3680-0777
  • アクセス:東京メトロ東西線「西葛西駅」から徒歩15分、都営地下鉄新宿線「船堀駅」から徒歩20分
  • 休園日(動物園):月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 時間:10時~16時30分※土曜日・日曜日・祝日は9時30分から ※11月~2月は16時まで ※夏季(7月21日から8月31日)は9時30分~16時30分
  • 料金:無料

行船公園

6.東板橋公園(板橋区)

東板橋公園内にある「こども動物園」。ヤギや羊に触れる「触れ合い時間」、モルモットを抱っこできる「だっこ時間」、「えさやり時間」とイベントごとに時間が分かれているので、事前に目的を調べていくのがオススメです。

定期的に実施している20組限定のポニーの乗馬体験も人気の一つです。

基本情報

  • 所在地:東京都板橋区板橋三丁目50番1号
  • 電話:03-3963-8003
  • アクセス:都営三田線 板橋区役所前駅下車 徒歩10分
  • 休園日(動物園):毎週月曜日(祝日の場合は直後の平日に振替)、年末年始
  • 時間:午前10時~午後4時30分(12月~2月は午前10時~午後4時)
  • 料金:無料

こども動物園

子供と一緒にママも楽しむことが大事!!

風船

気になる施設はありましたか?東京というとなかなか広い公園、施設というイメージがないかもしれませんが、意外と自然豊かなのびのびと過ごせる場所がたくさんあります。

今しかない子供との大切な時間、”子供の遊びに付き合う”だけではもったいないですよね。ママも一緒になって楽しめる場所を探してみましょう!

「お出かけ」「子供連れ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!